宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年06月09日

清水港での123勝栄丸の水揚げ


例年よりも数日早く梅雨入りとなった東海地方、その清水港に到着した勝倉漁業の123勝栄丸の冷凍マグロ類の水揚げが二日間にわたりおこなわれました。 梅雨といってもすごくいい天候に恵まれて クラッカー

南太平洋の漁場で漁獲したキハダマグロやビンチョウなど、本船の漁艙ほぼいっぱいになるくらいまでの積荷。 準備室や凍結室、漁艙から荷役作業員のてによって見事に釣り上げられるマグロです camera

岸壁の荷捌き台では、マグロの種類やサイズによって仕分けしては計量してトラックに積み込む。 1台のトラックには約10トンくらいのマグロを積込むので、たくさんのトラックを準備しなくちゃいけません 音符

比較的小型のマグロな多かったので、計量にあたる荷受会社第一水産のスタッフも休みなく大忙しでの対応。 気温が上がり暑いなかでの水揚げ作業、皆さんほんとうにお疲れさまでした 船

本船の水揚げが順調に進むなか、幹部船員やインドネシア船員が荷捌き台にきては、自分たちが生産したマグロ製品の評価や改善点などを確認したりと。 丁寧な処理で凍結がすごくよい製品でした 花丸

今回は一週間前の値決めからいろいろとあって、取引先関係者の皆さま方にはほんとうに多大なご協力いただきまして、ほんとうにありがたいですね。 心から感謝を申し上げたいと思います。 また次回、今度は冷凍運搬船による水揚げ等でお世話になりますが、引き続きどうぞ宜しくお願いします タイ

二日間にわたる清水港での123勝栄丸の冷凍マグロ類の水揚げも順調に終えることができました。 清水を出港して気仙沼に廻航した本船は、明日10日(日)午前8時に気仙沼の港町・カメイ前の岸壁に帰港予定ですので、乗組員のご家族の皆さんや取引先関係者の方々など、どうぞ宜しくお願いします face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:03

削除
清水港での123勝栄丸の水揚げ