宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年06月13日

冷凍メバチマグロの母港水揚げ


インド洋そして南太平洋でのマグロ漁から気仙沼に帰港した123勝栄丸です。 清水港での冷凍マグロの水揚げでは、二日間にわたる作業になりましたが、取引先の皆さんお世話様でした タイ

気仙沼への廻航中、台風5号が日本の沿岸をかすめるとの針路予測に、気象情報に注意しながらの航行。 日程が一日ずれていたらたぶん影響あったかもしれませんが、べた凪での廻航だったとか 船

清水港での水揚げで終わりではなく、気仙沼での母港水揚げ分の陸揚げ作業が週明けに行われて。 台風接近による天候悪化が心配されましたが、作業中はなんとか弱い雨ですみました 花丸

気仙沼漁協が手配したクレーン車が本船に到着。 水揚げの段取りを確認しつつ、天候悪化の前に作業を終わらせるべく急いでマグロの水揚げ開始。 いい型のメバチマグロがたくさん揚がりました camera



気仙沼ではマグロやカツオなど生鮮モノの流通が主体だけれども、徐々に冷凍マグロなども市民権を得てきていて、飲食店や量販店などを中心に需要が多くなっています。 今回もその商流にのせるもの icon14

種類別にパレットに仕分けして、トラックで超低温冷蔵庫に運び保管。 協力工場でロインやブロック、サク状に加工しては納品する。 勝倉漁業がおこなっている加工販売事業はまだまだ数量的には少ないけれど、こうして地道に販売してくのも将来に向けての重要な事業と思い取組んでいるんです ハッピ

加工販売の担当者は、汗だくになって一生懸命に仕分け作業をおこなっていました。 これからの加工販売事業を通じて、母港水揚げの気仙沼産の美味しい冷凍マグロを売り込んでいきたいと思います 食事

気仙沼に帰港しての水揚げが終わり、漁艙内の使い残した餌料や冷食を片付けたあとは、船体修理や整備のためのドック入りを予定しています。 その様子はまた後日お伝えしますのでお楽しみに face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:34

削除
冷凍メバチマグロの母港水揚げ