宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年06月15日

築地市場でのマグロ売場視察


来年5月の竣工に向けてこれから建造が開始される新造船の着工を前にして、船頭さんや船長さんなどをまじえて新潟造船東京事務所でおこなわれた長時間にわたる仕様打ち合わせ会合を終えて タイ

会合のあとには汐留のビアホールでの懇親会を開いて頂きまして有難うございます。 翌日の朝には築地市場の視察も予定していたから早々に切り上げてホテルに戻って。 朝5時という予定通りの時間にロビー集合で、第1勝栄丸と第7勝栄丸の船頭さん、そして船長さんと一緒に築地市場へ向かいました 音符

今年10月に豊洲新市場に移転となる築地市場のセリ場を視察するのもこれが最後かな。 荷受会社第一水産の大物部部長さんの案内で、長靴と許可証を準備して頂いての視察でした。 まずは生まぐろのセリ場へ。 定置網で漁獲された小型の本鮪がずらりと並んでいます。 いま話題の魚種ですね camera



日本近海で漁獲された夏場の本鮪なので脂が薄い赤身のものが中心。 卸売単価も比較的安めだけれど、なかには結構な高値がでるものもあって、築地のセリってやはり見ごたえがあります icon12

そして冷凍マグロの売り場へ移動、大西洋アイルランド沖で漁獲された本鮪やケープタウン沖などのミナミマグロがずらり。 こちらは脂のりも良く、上物から並品までさまざまな品質のマグロが並んでいて 船

今回の視察の目的は、勝栄丸の船頭さんたちに実際に自分の船の製品を現場で見てもらって、次の航海に向けてのより良い製品づくりに活かしてもらう事。 第一水産の部長さんから、実際の本鮪などを見ながら製品づくりの講習会。 私も認識を新たにすることができて、すごくいい築地視察でした 親指

ふと見れば外国人観光客が次々と来訪してのセリ場見学会が行われていて。 私達の仕事場が彼らにとっては観光ルートの一つかと思うと、なにか不思議な感じ。 でも日本の食を支える築地市場そしてマグロに注目が集まることはいい事ですね。 美味しいマグロをたくさん食べていってほしいと思います 食事

マグロのセリ場見学のあとは仲卸棟に移動して、お世話になっている業者さんを訪問してのご挨拶。 ご案内して頂いた第一水産の皆さん、そして仲卸の皆さん、朝早くから対応いただき有難うございました face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:48

削除
築地市場でのマグロ売場視察