宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年07月11日

面瀬小学校のまぐろ船見学会


インド洋でのマグロ漁への出港が間近の勝倉漁業の第123勝栄丸。 港町・出港岸壁からコの字岸壁への移動も終え、漁具・資材や冷凍餌料などの積込みが予定されていて慌ただしくなってきました 音符

近海かつお船の気仙沼への入港・水揚げも連日おこなわれるようになって、先日までのびんちょうから今はかつお狙いにと一気に盛漁期の様相で、マグロ船の仕込作業と併せての現場対応です ちからこぶ

123勝栄丸の仕込作業が始まる前の日程で、毎年の恒例行事となっている気仙沼市立面瀬小学校5年生による遠洋まぐろ延縄漁船の見学会が開催され、昨年は航海スケジュールとあわず対応できませんでしたが、今年はばっちりとタイミングがあってご協力することができました。 暑いなかご苦労様です 船

1組と2組、ふたクラスの生徒さん達が合計で約60名ほど。 学校から大型観光バスで本船の前に到着。 紅白帽姿が可愛らしいです。 まずは本船前に整列してのご挨拶。 私からは本船の紹介とこれから始まる遠洋マグロ漁の事などをお伝えしました。 みんな真剣な表情で聞いてくれました 花丸

唐桑海友会さんのご案内で、3つの班に分かれて船内探検に出発! 作業甲板から操舵室、船員室、機関室、食堂に厨房などを順番にご案内。 それぞれのポイントで船長さんなどからの丁寧で分かりやすい説明。 興味がある生徒さんが多く、その都度にたくさん質問を受けて。 すごく嬉しいですね camera

食堂・サロンには北かつ組合さんが用意してくれたミナミマグロの握り寿司が用意されていて、子供さんや引率の先生方、市の職員、そして親御さんなどにお振舞っていうかお味見を。 子供たちは、「メチャクチャうまい!」「今まで食べたマグロでいちばんだ」って、大盛りあがりの見学会でした 食事

見学会の最後には作業甲板に整列しての質疑応答。 小学生ならではのユニークな質問も続出して、応対する営業部長や船長さんもたじたじの様子(笑)。 123勝栄丸の見学会のお手伝いをして頂いた北かつ職員、唐桑海友会の皆さん、臼福本店の社長さん、そして乗組員の皆さんお疲れさまでした タイ

面瀬小学校だけではなく、他の学校でも漁船見学会を企画してもいいのではと思います。 子供達にとってはきっと素晴らしい思い出になるはず。 この中から漁船員を目指す子供がでてくるといいですね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:41

削除
面瀬小学校のまぐろ船見学会