宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年07月20日

第23佐賀明神丸が今季初入港!


7月も3分の2が終わって、気仙沼魚市場でのカツオ船の水揚げも益々本格化してきました。 今年は当初の好漁予測がほんとうになって、気仙沼から数時間走りのところに漁場形成されている事もあって、連日たくさんのかつお船が入港して、早朝から大量の生鮮かつおが水揚げされています クラッカー

震災から7年が経って、市内の冷凍・加工施設が徐々に回復を見せ、連日のこの大量水揚げにも難なく対応するあたりは、気仙沼の底力が発揮されている、そう感じざるをえません。 また魚市場職員の働きも称賛に値する。 すべての職員がそれぞれの仕事を責任をもっておこなっているのが頼もしい限り 花丸

今週末は21日(土)、22日(日)も開市での入港船対応。 カツオの盛漁期、ここがかき入れ時と、例年7月は日曜開市での対応となっていますが、漁船側にとっては望ましい方向なのでしょうね。 それでもこのご時世だから、来年の休日決定はどのような考え方になるのか、前広に協議される予定です 船



勝倉漁業の問屋部門もここにきて連日早朝からの出勤、水揚げ作業とフル回転での対応となっています。 昨日も6隻もの問屋関係船の入港があって、4隻同時の水揚げ対応と今季一番の忙しさでした ちからこぶ

その中で、高知県の第23佐賀明神丸さんが気仙沼に今季初入港。 お久しぶりにお会いする船頭さんと、水揚げ作業をおこないながらしばしの談笑での情報交換。 今年もどうぞ宜しくお願い致します タイ

7月に入って今週までは、近場の漁場で漁獲したカツオが主体だったものが、季節外れの小トンボ(びんちょう)が急に大漁となって、中型船はこぞってそのビンチョウ狙いにシフト。 漁場もそれほど変わりない場所なのだとか。 カツオだけに限らずびんちょうの漁模様も続いてくれることを願ってます icon14

3連休最終日の16日(月)から23日(月)まで開市日が続く気仙沼魚市場。 勝倉漁業のスタッフや魚市場職員、市場関係者ともに疲れがピークになる、そんな週末かと思いますが、集中力を切らさずに、熱中症に注意して、かつお船の水揚げや受入対応のほど、よろしくお願いします。 がんばっていきましょう face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:02

削除
第23佐賀明神丸が今季初入港!