宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年07月28日

インドネシア船員達への講習会


猛暑の日本を離れて、インド洋での遠洋まぐろ延縄漁船の補給基地ベノア港へ。 成田空港からガルーダインドネシア航空の直行便での渡航です。 予定よりも約一時間ほど早く到着しました キラキラ

記録的な猛暑に見舞われている日本と比べると、常夏のここバリ島は涼しく感じる。 太陽が照り付ける日なたに出るとけっこう暑いけど、それでも吹く風が湿気がなくって爽やかで気持ちいいですね 花丸

今月半ばに大勢の方々の見送りを受けて気仙沼を出港した第123勝栄丸が、南インド洋漁場への途中にバリ島に寄港しては、マグロ漁への最終準備をおこなう。 毎航海必ずおこなう手順です 船

本船の入港前に現地入りしては、着岸する岸壁の確認や食料や燃料補給の段取り、そしてベノア港から乗船するインドネシア船員たちに集合してもらっての出漁前ミーティングをおこないました タイ

先日気仙沼の会社では、日本人船員とのミーティングを行いましたね。 それと同じ内容について、インドネシア船員一人一人に説明してお互いに理解しながらマグロ漁をおこなっていく。 すごく大切な会合です。 今航海の注意事項を述べるとともに、改定された社内マニュアルに沿った講義でした マイク

みんな真剣に聞いてくれて。 ところどころでは、現在本船でおこなっている漁獲物の処理・凍結に関する手順などを船員達に確認。 午前中をかけておこなったミーティングも、すごく和やかな雰囲気でおこなうことができました。 みんなベテラン船員ぞろいなので、今航海も頑張ってくれることでしょう ブック

これから新たなな航海を迎えるインドネシア船員たちの表情も、遠洋マグロ漁に向かう緊張感とともに、それぞれの職務をしっかりとおこなっていくんだという意気込みが感じられる。 ほんとうに頼もしい彼らです。 この講習会で確認した内容を、本船の製品づくりに活かしてくれることを大いに期待しています face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:53

削除
インドネシア船員達への講習会