宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年08月29日

気仙沼に今季のサンマ初水揚げ!


今月の17日に大勢の方々のお見送りを受けて、気仙沼を出港した100トン以上の大型サンマ漁船団。 その先頭をきって、第3太喜丸さんが今年も気仙沼への水揚げ一番乗りでの初水揚げでした クラッカー

道東の根室から北東へ約750㎞。 ロシア水域での漁獲物約66トンをもって気仙沼港への今季初水揚げをおこなった第3太喜丸さん。 早朝4時半には煌々とライトを照らした本船が入港です 船

まず入札用のサンプルを水揚げして。 6時45分からは気仙沼市と漁協による歓迎セレモニー。 菅原気仙沼市長そして齋藤組合長の挨拶に続き、JA南三陸の阿部常務さんが歓迎のご挨拶。 テレビや新聞社の取材陣が水揚の現場に大勢きていて、彼らにとっても待ちに待った瞬間なのでしょうね 映画




気仙沼市と気仙沼漁協から花束と記念品贈呈のあと、南三陸米のプレゼントが。 第3太喜丸の井上漁労長からは、気仙沼のさんま水揚げ本州一に貢献できるよう頑張りますとの頼もしいお言葉 タイ

報道では、今年のサンマは昨年に比べて丸々した大型が多いとの予想が発表されていましたが、まだ時期的に早いためか中型サイズが主体の組成。 それでも他港よりかなり好相場での落札でした 花丸

きょうも富山県の35豊進丸さんが110トンのサンマを持って入港する予定。 漁場からは約2昼夜、1500㎞もの遠方から旬の味覚を運んできてくれる、各船の操業に感謝したいですね 音符

漁の解禁となった20日以降、漁が少なかった数日間を経て、このところは100トン水準に漁獲がまとまる船も続々出てきたサンマ漁。 各船の安全航海と大漁を祈り、好相場を期待したいと思います icon14

サンマ船の漁艙から次々と水揚げされる大量のサンマを見ていると、はやく食べたくなってくる。 さっそく市内の飲食店でサンマ塩焼き定食でも味わおうかなと思います。 気仙沼のサンマ初水揚げでした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:54

削除
気仙沼に今季のサンマ初水揚げ!