宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年09月03日

気仙沼に遠洋カツオ船が水揚入港


大きな勢力を保ちながら日本列島に近づいてきている台風21号。 東北地方・気仙沼には4日の夜から5日の午前中にかけて影響が出てくる。 三陸沖で操業する漁船も警戒態勢に入っています 雪

気仙沼から至近距離の漁場でのカツオ漁が低調になり、中型船は沖合の漁場にシフト。 E146~147度付近を中心にカツオ漁をおこなっていて、遠洋かつお船はさらにもっと沖の海域で活動中 船

それでも、この台風のコースがどう変わっていくかわからないので、週明けにはかなりの船が気仙沼に避難入港しそうな雰囲気。 日曜日の段階では湾内の岸壁ががらっと空いていたけれど、火曜日頃になると湾内の様相がまったく違うものになるんでしょうね。 しっかりと入港船の対応をしたいと思います いかり

気仙沼に水揚げされるカツオのほとんどが生鮮もの。 遠洋かつお船が生産する冷凍カツオの水揚げを行うのはめったにない事だけど、焼津船籍の第18勝栄丸さんがこのたび入港してくださいました クラッカー

日曜日の夕方16時。 台風を警戒して気仙沼に向け帰航した本船が、湾の入り口に時間通りに到着。 翌日午前中からおこなう水揚げまでの間、港町の出港岸壁にアンカーをうって艫付けで待機 親指

普段目にしているかつお船とはそのサイズ感がまったく違う、とても大きな鋼製の漁船。 気仙沼で水揚げして頂けることになり、関係者一同でのお出迎え。 船頭さんや幹部の皆さんにご挨拶です タイ

約二日間にわたる冷凍かつおの水揚げとなりますが、スムーズに水揚げが行われるよう、事前の打ち合わせを万全に臨みたいと思います。 運搬するトラックや保管冷蔵庫の手配などもばっちりです キラキラ

冷凍カツオの水揚げ対応をおこなう気仙沼漁協職員の皆さん、船舶仕込みや各部の修理などの業者さん方、そして冷蔵庫や運送業者の皆さんなど、本船の入港・水揚げ対応のほど宜しくお願いします face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:15

削除
気仙沼に遠洋カツオ船が水揚入港