宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年09月22日

まぐろ延縄漁業カイゼン検討会の作業部会


大手自動車会社の協力を頂いて、気仙沼のまぐろ延縄漁業のお仕事を改善していこうというプロジェクトが始まって二年目の活動に入りました。 二年目の今年は、より具体的な成果が求められています タイ

「まぐろ延縄漁業カイゼン検討会」という名前のプロジェクト。 いくつかのテーマに分かれてそれぞれの分科会・作業部会をおこなって全体として取りまとめていく。 私たちの作業部会は超低温区画内での作業負担の軽減や労力削減がテーマ。 マイナス60度の環境でのお仕事の改善です マイク

気仙沼市の担当職員や北かつ組合、そして遠洋まぐろ延縄漁業会社、そしてマグロ船の船頭さんOB、市内の取引先業者など、気仙沼魚市場の会議室に一堂に会しての作業部会でした 船

凍結室や準備室などの超低温区画内の模型を使って作業動線などを確認。 より作業がしやすく、足腰に負担が少なく、作業時間が短縮され、かつ、より良い品質のマグロ製品づくりをするにはどうすればいいのか。 作業部会のメンバーからさまざまなアイデアが出され、活発な議論が行われて 音符

そしてマイナス60度の環境での作業に必ず必要なのが防寒着や防寒靴・手袋などのアイテム。 何十年も変わっていないこれらの作業着を、新しい素材などを取り入れる事で少しでも安全に作業できるものにしていきたい。 市内の船具屋さんなどからいろんな情報を頂きながらテストしていきたいと思います 花丸

これまでは当たり前だと思っていたものが、ちょっとした工夫や改善によって飛躍的に作業効率が上がり、なおかつ乗組員も楽に作業が行える。 真剣に議論して成果をださなければなりませんね キラキラ

来月末には、二年目の活動の中間報告会も予定されているので、まぐろ延縄漁業カイゼン検討会の活動もペースアップしていかなければなりません。 そして実際のまぐろ船の作業現場に早く導入して、現場の声を反映しながら改良を重ねて、これからのスタンダードモデルを目指して行きたいですね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:34

削除
まぐろ延縄漁業カイゼン検討会の作業部会