宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年09月25日

カーボベルデ共和国からのお客様


二週続けて連休となった9月ですが、気仙沼魚市場はどちらの月曜日も開市での対応となりました。 昨日はカツオやサンマの水揚げがあって、休日なのに魚市場周辺はすごく活気があります 花丸

10日くらい前に視察団受け入れの依頼があり快く引き受けて準備を進めてきてその当日となりました。 大西洋に浮かぶ島国のカーボベルデ共和国。 その漁業総局長ほか数名と海外漁業協力財団そして日かつ漁協国際部の方々など6名ほどがお越しになって。 北かつまぐろ屋で懇親会からスタート 音符

北かつ組合所属船がマグロ延縄漁で漁獲した美味しいマグロのお刺身やかぶと焼きを堪能して頂いて、気仙沼の地酒もすごく気に入って下さったみたいで、皆さんお土産に購入されていました 若葉

そして翌朝は朝6時半に魚市場の入札場前で待ち合わせ。 市場内への入場証と長靴を準備して。 今回の視察の目的はサメの加工や利用を勉強する事なので、まずはモウカザメやヨシキリザメがずらりと並ぶ売り場へご案内。 初めて見る光景に、カーボベルデの方々もすごく興味津々の様子でした camera

気仙沼はヨシキリザメとメカジキの水揚げ量が日本一であることをご紹介し、これまた日本一の水揚げ量をほこる生鮮ガツオの水揚げ現場へ。 漁船からのカツオの水揚げを写真におさめてました 船

市内のヨシキリザメ取扱業者にちょうどタイミングよくお話を聞けて。 サメの身や皮、そして骨の利用などについて簡単にレクチャーしてもらって、彼らにとってはすごく勉強になった事でしょうね 親指

大西洋で操業する遠洋まぐろ延縄漁船が港を利用するカーボベルデ。 そしてその海域での操業ライセンスを発給してくださる当事者の来訪なので、気仙沼そして遠洋マグロ漁船のことを印象に残し帰って頂けるよう、北かつ職員とともにしっかりとご説明させて頂きました。 朝早くから皆さんお疲れさまでした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:22

削除
カーボベルデ共和国からのお客様