宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年10月13日

新造船のブロック船台搭載開始


昨年から計画を進めてきた勝栄丸の新造船の建造。 建造契約を締結し、先日の勝栄丸ブログでもお伝えした起工式・安全祈願祭を経て、本格的な建造工事が順調に進んできています クラッカー

建造スケジュールのタイミングを見計らって新潟へ出張。 今回は車で行ってみようという事で、会社の役員とともに東北自動車道から磐越道を経由して新潟入り。 休憩を入れて約5時間半ほどで安着 音符

5年前に123勝栄丸を建造した際にも、何度となく通った道。 新幹線を使って行くのとほとんど変わらない移動時間なので、体力的にはきついけどコストが安くなるぶん車で行った方がいいかも。 icon17

10月10日からブロックの船台搭載が始まるとの情報を頂いて、残りの仕様打ち合わせもこの際に全部終わらせてしまいましょうと、新潟造船の営業担当、設計担当がスタンバイしてて下さいました タイ


新潟造船の本社工場に到着すると、社長さんをはじめ幹部の皆さんが玄関でお出迎え。 こちらは魚市場で使っている小さな車で、仕事の流れで長ぐつを積んだまま行ったので、ちょっと恥ずかしい感じ 花丸

応接に案内して頂いてしばしの会談。 時間にもあまり余裕がなかったので、作業着をお借りしてヘルメットを着用して工場の視察へ。 建屋の中では本船の船体になるブロックが順調に製作されていて 船

船尾のブロックを見上げるととても大きくて、これから船台に搭載されて溶接作業が行われるんだと思うと、特別な思がわいてきます。 そして船台搭載のドックに移動。 思ったよりも工事が進んでいるのには驚いてしまいました。 10月末にはすべてのブロックが出来上がり、順次船台搭載されるそうです camera

今回の計画を進めてきて3度目の新潟造船訪問。 12月の進水に向けて順調に工事が進められていくことでしょう。 日に日に船の形になってくる新造船を、近いうちにまた確認しに来たいと思います。 長時間にわたり打合せをおこなって頂きました設計担当の皆さん、今回もほんとうにお世話さまでした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:49

削除
新造船のブロック船台搭載開始