宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年10月31日

信濃川沿いの「ピアBandai」でお買物


昨年から計画を進めてきて、現在、新潟造船で建造が行われている勝倉漁業の新しい遠洋まぐろ延縄漁船。 その建造状況の確認と主機関の陸上公試運転などのために今月2度目の新潟です 花丸

鑑ドックに据え付けられた船台への船体ブロック搭載が開始されたのが10月10日。 そこから2週間ほどで船体半分が形になってきたから、船台搭載進捗率が約50%といったところ。 順調、順調ですね 親指

新潟造船での建造状況確認と合わせておこなわれたのが、新造船のエンジンなどを供給する新潟原動機の内燃機工場での陸上公試運転。 その様子も先日の勝栄丸ブログでお伝えしました タイ

夕方に予定する講評までの間、お昼ご飯と買い物に出かけてきました。 立ち寄ったのは信濃川をはさんで新潟造船の対岸にある「ピアBandai」。 新潟中央水産市場に隣接する商業施設です 音符

以前に新潟にきた時にも立ち寄ってはお昼ご飯を食べた記憶があります。 鮮魚や乾物など販売する万代島鮮魚センター、イベント会場や地域交流などに利用される「ピアTerrace」と「ピアPlaza」など camera

道の駅的な要素もあって、地場で獲れた農産物、魚沼産のコシヒカリ、村上牛や佐渡牛などの畜産品、新潟で作られている様々な加工品など、そして別棟には地酒がずらりと並ぶお店もあって 食事

鮮魚売り場のメインの商材は「のどぐろ」と蟹ですね。 特にのどぐろは高級魚と言われているだけあって、小型のものでもすごく高いお値段。 加工品の一夜干しなどは1枚4500円の値札が付いていて、ちょっと手の届かない商品ですね。 鮮魚の小さめの「のどぐろ」が飛ぶように売れてました ハッピ

そして今が旬のさんまが1尾80円で売っていて。 箱を見ると北海道から取り寄せたもの。 本州に比べて浜相場も安いから、輸送費を入れてもこの単価で販売できるのかも。 いろいろとお土産を物色して、両手に抱えるほどたくさん買い物をしてしまいました。 こういう視察も出張の楽しみの一つだと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:06

削除
信濃川沿いの「ピアBandai」でお買物