宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年11月10日

第25回「ぬま塾」での講話を引受けて


気仙沼では、担い手育成支援事業の一環として様々なプログラムが行われています。 「やりたい」をかたちにする半年間の実践塾【ぬま大学】。 気仙沼についてみんなで語り合う【ぬまトーク】 icon12

地域のあるもの探しの【ぬま歩き】、気仙沼の高校性一緒に語ろう【ぬまかい】、そして気仙沼で活躍している先輩の話を聞こう【ぬま塾】など。 その「ぬま塾」での講話の依頼があって引き受けることに 親指

どんなことについてお話しすればよいのか、事前の打ち合わせを二度ほどおこなって、だいたいの流れを説明していただいて当日を迎えました。 会場は内湾のK-Port。 ちょっと早めに到着です いかり

幼少期から現在に至るまでの人生について、苦労話や失敗談を交えながらお話ししてくださいっていう事なので、聞いて下さる方に話がよく分かるようにと「ぬま塾」用のプレゼン資料を準備して持参 pc1
 

50年も生きていると昔の記憶が薄くなっているけれど、今回お話をいただいて改めて昔を振り返って、ちょっとづつ記憶がよみがえってきたような。 まず昔の内湾の写真を投影しながら講話の開始 マイク

勝栄丸の創業期のお話しに始まって、勝倉漁業の設立やこれまでのマグロ漁業の変遷、私の幼少期の事や家庭環境。 漁業経営に携わるようになったきっかけや現在のお仕事内容など 船

講話のお話を頂いたときに1時間くらいの内容でお願いしたいと言われていたけれど、時間配分を間違ってしまってついつい調子に乗って話していたら予定時間を30分もオーバーしていて慌てて〆に 汗

来週には金融機関での講演の予定もあって二週続けて同じようなお話をすることになるから、ぬま塾での講話はいい勉強になったような気がします。 長時間にわたり私のお話しにお付き合い頂きました皆さま、とてもいい機会を与えて頂き有難うございました。 まるオフィスの皆さんもお世話さまでした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:09

削除
第25回「ぬま塾」での講話を引受けて