宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年11月25日

2018台湾国際漁業展を視察して


宮城県北部鰹鮪漁業組合の経営研究委員会で毎年恒例となっている海外視察。 今回は遠洋漁業の先進国、台湾・高雄港に行っていろんな勉強をしてきましょうという事になってやってきました クラッカー

その台湾視察のメインの一つが台湾国際漁業展2018。 規制の多い日本とは違って、自由な発想で漁具や機器類の開発が進められている、そんな台湾の先進技術を学ぶ旅。 とても興味深いです 親指

日頃お世話になっている現地の取引先業者のご案内で会場入り。 日本でおこなわれるSeaJapanの縮小版っていう感じでしょうか。 それでも大きな会場内には数えきれないほどのブースが出展 花丸




メインゲート正面には延縄用のナイロンテグス製品を製造販売する業者のブースが。 ノルウェーでおこなわれている自動投縄用の漁具の仕立てが展示してあって、枝縄は短いけれど幹縄と一体のつくり 船

組テグスや一本ものの製品がずらり。 そしてお隣のブースには、GPSブイや今話題になっているAISブイなどが展示してあって、ブースのスタッフからいろいろと説明をして頂きました キラキラ

そして今、台湾で次々と建造されているFRP製の超低温まぐろ船の造船所のブース。 日本の漁業者が発注したマグロ船も建造中の造船所の社長さんともお話しすることができて。 翌日に予定している造船所の見学も快諾して頂きました。 もうすでに80隻以上がFRP漁船に代替わりしているそうです タイ

通信機器や気象・海象情報、漁場予測システムや自動計量システムなど。 漁業先進国・台湾のいまを見た感じがします。 百聞は一見に如かずではないけれど、こういう機会をとらえて自分で見て感じることが大事、とても勉強になった展示会でした。 お世話になった業者の方々、本当にお世話さまでした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:36

削除
2018台湾国際漁業展を視察して