宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年11月30日

河岸の市・まぐろ館の江戸銀さんへ


気仙沼の遠洋かつお・まぐろ漁業者で組織する北かつ組合の経営研究委員会で、毎年恒例となっている海外視察。 台湾・高雄港の記事を連日お伝えしてきました。 とても充実した数日間でしたね 花丸

高雄国際空港から成田空港第2ターミナルへのチャイナエアラインの直行便。 帰りは約3時間ほどで、機内での映画を一本見終える前に成田到着。 視察に参加された皆さんお疲れさまでした 飛行機

気仙沼に一度戻ってすぐに、こんどは勝栄丸の冷凍マグロの水揚げのために静岡県・清水港に移動。 気仙沼を出る時には気温が5℃だったけれども、静岡はすごく暖かくて半袖姿の人もいます 晴れ


南大西洋、アフリカ西岸のナミビア・アンゴラ沖。 良質なメバチマグロの漁場として知られるこの漁場で操業を行う第88勝栄丸の漁獲物を、超低温冷凍運搬船に転載しての清水港へ搬入 船

たくさんの荷口が混載してある中で、運搬船のハッチ口付近に積込まれた本船の漁獲物なので、いちばん先に水揚げしなければなりません。 水揚げ前の価格交渉「値決め」の前に腹ごしらえと、河岸の市・まぐろ館の二階の「江戸銀」さんのカウンターに席をとりました。 久しぶりの江戸銀の寿司です 食事

まぐろの値決め前にはマグロを食べる。 自分に課したジンクスのようなもの。 最近はまぐろ丼や海鮮丼を食べる事が多かったけれど、台湾で中華料理を食べつくしてきたので、久しぶりにお寿司もいいかなって。 取引先の部長さんらと「おまかせ握り」を注文。 江戸銀さんの絶品握りを頂きました 親指

江戸銀さんのお寿司は「赤酢」を使っているシャリに特徴があって、日本全国の各産地から取り寄せた極上の寿司ネタとの相性もバッチリ。 江戸銀のおやじさんと楽しい会話をしながらの値決め前のお寿司ランチでした。 観光客もたくさん訪れる河岸の市・まぐろ館、江戸銀さんでのランチごちそうさまでした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:30

削除
河岸の市・まぐろ館の江戸銀さんへ