宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年12月17日

第1勝栄丸向け託送品のトラック積み


すごくいい天気となったものの、放射冷却の影響なのか気温がぐっと下がり、寒風が肌に突き刺さるような週末の気仙沼です。 今年も残すところあと半月ほどとなりました。 頑張っていきましょう! 雪

気仙沼を拠点に三陸沖での操業を続けていた高知や三重、宮崎などのカツオ船はすでに漁を終えて帰郷、年明けまでの休暇に入っています。 そしてサンマ漁もほぼ終了となって、いまの気仙沼魚市場はまぐろ延縄漁船による生鮮メカジキなどの水揚げと巻き網船によるサバが中心となっています 船

大西洋漁場からは勝栄丸二隻が帰途航となっていて、年明けの1月中旬から下旬に順次帰港となる予定。 両船の船頭さんをはじめ乗組員の皆さん、長期航海ほんとうにご苦労さまでした タイ

そして大西洋に残りマグロ漁を継続している第1勝栄丸宛の資材などの積込み作業が勝倉漁業の倉庫でおこなわれ、取引先業者の皆さんからお手伝いを頂いてのトラック積みでした。 気仙沼から清水港に陸送し、清水港では冷凍運搬船に積込まれて大西洋の漁場へと運ばれる荷物です camera

本船から事前に注文いただいた漁具類や船舶資材、機関部品や予備品類など。 もちろん日本からの食料品や乗組員のご家庭から届いた個人宛の荷物も含まれています。 パレットに仕分けされた種類ごとの品々を、フォークリフトを使ってトラックに。 寒いなかでの作業、ご苦労様です 親指

納品書や託送品リストなどと個数や品物が合っているか確認しながら、人海戦術での手渡しで荷崩れしないように積込んで。 たくさんのパレットの荷物がトラックいっぱいに積込まれ作業終了でした 花丸

気仙沼で積込まれたこの荷物が漁場で操業する第1勝栄丸に届くのは約2か月後くらいかな。 それまでの間にできるだけ漁獲物をたくさんため込んで、転載数量が多くなることを心から期待しています face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:22

削除
第1勝栄丸向け託送品のトラック積み