宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年10月11日

羽田空港からCCSBTへ出発!


東京への出張から気仙沼に帰って息つく暇もなくまた上京。 毎年この時期に開催されるミナミマグロ保存委員会(CCSBT)の年次会合に漁業者代表として出席するためにインドネシアへの渡航です タイ

午前中のフライトだから気仙沼からの移動では間に合わない、なので前泊しての羽田空港入り。 羽田空港国際線ターミナルは海外旅行に出かける皆さんでごった返していました icon12

チェックインカウンターの混雑を予想してちょっと早めに到着し大正解。 チェックインも10分くらいで終わってラウンジに移動。 出発前の事務連絡やメールチェックなどであっという間の搭乗時間 親指

今回のCCSBTはインドネシアのジョグジャカルタっていう都市での開催。 インドネシアは何度も行った事があるけれど、ジョグジャカルタは初めてなので、どんなところなのか興味津々です 音符

二週間前にも123勝栄丸の入港アテンドでインドネシアに来たばかりなので、現地で使っているWifiルータのSIMカードはまだ有効期限内なのでそのまま使えるから、通信環境はまず問題ないかと tel01

数日間のCCSBTでは、これから3年間のミナミマグロの漁獲枠とその国別配分などが中心議題になります。 関係国の意見を聞きながら、日本としての考えを主張して、最大限の成果があげられるよう頑張ってきたいと思います。 政府代表そして水産庁や関係団体、漁業者代表の皆さん宜しくお願いします マイク

ジャカルタ行きのフライトを待って、羽田空港ラウンジでのちょっとだけの寛ぎの時間。 この時間が私は好きですね。 静かで落ち着いて、ストレスフリーっていうのかなあ、嵐の前の静けさかもね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:11

2017年10月10日

10月22日に「市場で朝めし」開催


今年の気仙沼港でのサンマの水揚げは遅れ加減だったけれど、ここにきてややまとまった数量の水揚げが行われるようになって、早朝からの水揚げが毎日のように見られるようになってきました 船

9月に予定されていた商業施設・海の市でのサンマまつりが中止となって残念な思いをしましたが、今月には産業まつりに合わせて開催される「市場で朝めし。」が今年もおこなわれるとの情報 音符

第5回目の開催となる今回の「市場で朝めし。」 水揚げされたばかりの新鮮な旬の味覚さんまを炭火焼にして、地元で生産されたお米とつみれ汁と一緒に、市場を開放してみんなで食べましょうっていう企画。 朝から長蛇の列ができる人気のイベントで、私も毎年楽しみにしてる行事です 花丸

今年は8月22日の開催。 前売りチケットは600円で市内各所で販売されます。 「市場で朝めし。」に行ってみようという方は、前売り券を購入していった方がいいと思いますよ。 当日券は700円ですから 食事

今年水揚げされているサンマは例年に比べてサイズか小ぶりのものが多く、1500食ものサンマを用意できるか心配ですが、まああと10日以上あるから、気仙沼へのサンマ水揚げももっともっと増えてくることを期待しつつ、当日のイベントを楽しみに待ちたいと思います icon14

普段食べているサンマと同じかもしれないけれど、炭火焼きをみんなでワイワイ言いながら外で食べるのはまた格別な美味しさ。 ボランティアで参加される皆さんには本当にご苦労様です 親指

私もさっそく「市場で朝めし。」の前売り券を入手しようかと思います。 カメラ片手に出かけようかな face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 00:26

2017年10月09日

大西洋向けの託送品積込み


爽やかな秋晴れに恵まれた朝です。 このところ朝晩がかなり冷え込むようになってきて、最低気温が10℃を下回る日も多くなってきました。 これくらいの気温のほうが動きやすくて気持ちがいいですね 晴れ

二隻の勝栄丸による北大西洋でのクロマグロ漁もまもなく開始となる模様で、両船の船頭さんをはじめ乗組員の皆さんには、事故や怪我なく大漁目指して活躍してもらいたいと思います 花丸

大西洋で操業する勝栄丸向けの資材などを清水港から運搬船で託送するにあたり、気仙沼の勝倉漁業の倉庫にて、業者さんから納入された資材などのトラック積みが行われて立ち会ってきました 船

船別にパレットに仕分けした漁具や資材、そして食料品や乗組員の私物など。 倉庫内からフォークリフトで搬出しては、段取りよくトラックに積み込んでいきます。 皆さん朝からお疲れさまです ちからこぶ

海外でも入手可能なものもありますが、延縄漁の漁具などはやはりこちらから送るものがベスト。 そして乗組員が日々食べる日本食の食材や調味料などは、託送品に欠かすことができません 食事

この託送品を大西洋の洋上にて年内にも受け取って、来年まで続く今漁期の操業に備えます。 トラックに満載した会社からそして家族からの想いが詰まった託送品の数々。 気仙沼から陸路にて清水に運び、そして運搬船に積み替えられて大西洋へと向かいます。 間違いなくちゃんと届きますように タイ

朝早くから積込作業の準備・対応して頂いた取引先や会社スタッフの皆さん、ほんとご苦労様でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 00:18

2017年10月08日

築地市場「中栄」さんのインドカレー


いま進めているプロジェクトの会合に参加するために東京への出張。 そのついでに築地市場に立ち寄ってのランチタイムでした。 普段なら迷わずお寿司さんに向かう所ですが、今回は変化球で 花丸

私が20数年前に働いていた築地市場。 毎日のお仕事の中で、築地市場でのグルメ探索は楽しみの一つでもありました。 その当時から営業し変わらぬ味を提供し続けている中栄さんに行ってみる事に camera

全国のカレー屋さんランキングでも常に上位に取り上げられているお店で、その報道を見るたびにまた行きたいなあと思っていたところ。 こんなチャンスはめったにないから、築地場内の店舗棟のお店にGO。 お寿司屋さんや海鮮ものを提供するお店には、外国人観光客の長蛇の列でした icon12


築地市場に観光に来て、カレーを食べようっていう人はめったにいないと思う。 まさに築地市場で働く人のための市場内グルメなんでしょうね。 20数年ぶりの中栄さんのインドカレーを堪能です 食事

大皿に盛り付けられたインドカレー。 キャベツの千切りがこれでもかっていうくらい乗っているのも当時のままのスタイル。 ちょっと塩気の強いスパイシーなカレーは、何度食べてもやっぱ美味いですね 親指

食べ放題の福神漬けをトッピングしながら、別注の卵スープの優しい味でカレーをマイルドにして。 来ているお客さんのほとんどが市場で働く常連の方々。 「いつもの」で通じる会話がいいですね noodle

中栄さんの並びには吉野家の一号店、いつもお世話になっている岩佐寿司さん、お団子や雑煮が有名な和菓子屋さん、そして洋食屋の「豊ちゃん」の跡地は新しいお寿司屋さんになっていました。 築地市場内や場外市場もだんだんと様変わりしてきて、豊洲市場への移転後の再開発も楽しみです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:48

2017年10月07日

ミナミマグロのPRイベント開催


10月10日の「まぐろの日」に合わせての様々なイベントが日本各地でも予定されていることでしょう。 量販店などの店頭で「まぐろの日」の幟などを見かけたら、ぜひマグロを手に取って頂きたいですね 食事

ここ遠洋まぐろ延縄漁船の漁業基地・気仙沼港でも10月10日「まぐろの日」を前にしたイベントが計画されていて、今年も魚市場に隣接した商業施設・海の市で開催予定。 10月8日(日)に行われます クラッカー

宮城県北部鰹鮪漁業組合(北かつ)が主催する今回のイベントは、資源が順調に回復しその漁獲量も増加傾向にあるミナミマグロをPRするというもの。 気仙沼港がミナミマグロの国内陸揚げの指定港に加えられたこともあって、「ミナミマグロを食べまショー」と銘打っての企画とした模様 親指

気仙沼船籍の第5八幡丸が南インド洋で漁獲したミナミマグロを使った振舞い寿司200貫がなんと無料! 午前11時からと午後2時からの2回に分けてのお振舞です。 皆さんお早めにどうぞ ハッピ

マグロクイズ大会では、北かつまぐろ屋のお食事券が当たる抽選会も。 そして10日までの期間限定で、「まぐろづくし丼」2700円が2000円、「みなみまぐろ丼」2000円が1500円で提供する予定 チョキ

北かつ組合の漁業会社からのお手伝い、そして東京の日かつ漁協の職員の皆さんなども応援に駆けつけるそうなので、10月10日まぐろの日が盛り上がるように、関係者の皆さん宜しくお願い致します 音符

今年のまぐろの日のイベントポスターも、勝倉漁業の123勝栄丸の写真が使用されていました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:34

2017年10月06日

「ニッポンまぐろ漁業団」での懇親会


東京都心での会合を終えて、取引先関係者と共に懇親会となりました。 その会場は新橋の「ニッポンまぐろ漁業団」。 大手飲食店グループのワタミが運営するマグロ料理専門店なんです 花丸

浜松町店は何度も行った事があるけれど、ここ新橋店ははじめて。 ビルの4回に案内されて、まぐろ漁業団の店内へ。 威勢のいい「いらっしゃいませ」の声に出迎えられました 音符

まずは生ビールで乾杯。 お通しのマグロの団子スープは、東京ビックサイトで行われたシーフードショーの際に日かつ漁協・促進会ブースでも振る舞った一品。 これが何ともいえず美味いんです 親指

そしてまぐろ漁業団の人気メニュー「まぐろの断面切り」。 トロから赤身まで一皿で味わえ、それもマグロの形そのままのリアルさがいい。 マグロ商社の八洲水産が提供する素晴らしいマグロです 船

お仕事の話は抜きにして、いろいろな会話で盛り上がってあっという間に時間が過ぎて。 特別サービスの1杯100円のハイボールも頂けたし、すごく楽しい懇親会になりましたね。 お疲れさまでした タイ

JR新橋駅からもすぐ近くにありますから、お近くに行った際には皆さんも是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 できれば予約して行った方が確実かも。 けっこうな人気店ですから。 ここのマグロはすべて天然まぐろ。 本まぐろや南まぐろに目鉢マグロなど、それぞれの美味しさが味わえますよ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:48

2017年10月05日

築地場外市場を散策して


会合で東京出張したついでに、築地市場に立ち寄っての散策。 ちょうどお昼時とあってか、場外市場はまっすぐ歩けないほどの人・人・人。 8割ほどが外国人観光客なのではないかと思うくらい 音符

なかでもアジア系の中国人とか韓国人、台湾の方も多いのでしょうね。 お店の方々も英語での対応しています。 築地って言えば、海鮮丼やお寿司など、世界中から築地に集まる最高のお魚を求めて多くの観光客が集まる、いまの築地場外はまさに食のワンダーランド、テーマパークみたいな感じがします クラッカー

先日の火事で焼失した人気ラーメン店の井上さんの跡を横目に、私たちの今日のお目当ては市場内に店舗を構えるカレーの名店「中栄」さん。 約20年ぶりくらいのインドカレーに感動しました 食事



会合の時間までちょっと余裕があったから、築地場外市場を見学です。 来年には築地市場が豊洲に移転するかもしれない、そうなるとこの場外市場の存続や立ち位置はどうなるのかちょっと心配ですが、この観光客の多さを捨てるのはもったいない事。 ここを生かす戦略も重要かと思います タイ

テリー伊藤さんのご実家の玉子焼きやさん、私たちが水揚で使用する選別包丁を提供して下さる「有次」さん、海鮮の串焼き屋さんや乾物屋さんなど、歩くだけでも楽しくて時間があっという間に過ぎてしまう 親指

荷物を持っての散策でちょっと疲れたから米本珈琲さんで一休み。 炭焼き珈琲がすごく美味しかったです。今度くるときにはお雑煮の有名店にもいってみたいし、お寿司屋さんもいいなって思います cup

築地市場に来るたびに、観光客の数が多くなっている印象。 それだけ世界的にも有名になっているんですね。 それと築地市場最後の機会と思っているのかも。 やっぱ築地ブランドは素晴らしいですね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:33

2017年10月04日

都心での会合を終えて


毎年これからの時期に北東大西洋アイルランド沖で行われるクロマグロ漁に向けて、スペインの漁業基地ラスパルマス港での補給作業を終えた第1勝栄丸と第7勝栄丸が漁場向け出港! クラッカー

約一週間の航行を経て、今年のクロマグロ漁が始まりますね。 両船からの出港連絡に、こちらもつい力が入ってくる。 船頭さんや乗組員の皆さんは尚更の事でしょう。 気を付けて航行願います 船

ラスパルマスからの出港を確認して、我々は東京に移動。 いま進めているプロジェクトに向けての毎週のような会議。 沖の操業は乗組員のことを信じてお任せし、私たちは陸上でのお仕事に タイ

気仙沼はもう秋が深まったような涼しい気温になってきたけれど、東京はまだ蒸し暑い感じで、車での移動が多い私たちにとっては真夏のように感じられて、シャツを腕まくりしながらの会合でした ちからこぶ

午前中から午後までめいっぱい。 一つ一つの課題を確認しながらのミーティング。 誠実に対応して下さる取引先の皆さんが心強い感じがしますね。 最後までご協力の程よろしくお願いします icon14

気が付けばあたりはもう薄暗くなってきて、都心のビル街の灯りがすごく眩しい。 あと何回ここに通うかわからないけど、予定通りにプロジェクトがすすめられるよう、精一杯頑張っていきたいと思います 花丸

勝栄丸ブログでも、いい報告ができるいいですね。 関係者の皆さん、宜しくです。 そして北東大西洋でのクロマグロ漁が安全で成功裏に終えることができますよう、スタッフ一同心よりお祈りいたします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:08

2017年10月03日

第18亀洋丸が母港水揚げ!


三陸沖の漁場にておこなわれているカツオ一本釣り漁も順調に推移し、戻りガツオと言っていいような脂ののりも確認できるようになって、10月の漁模様にもほんとうに期待したいところです 音符

気仙沼に水揚げされるカツオは冷凍処理のされていない生鮮のカツオがほとんど。 でもこの三陸沖ではカツオ一本釣りの大型冷凍漁船も操業していて、週末に冷凍かつおの水揚げが行われました クラッカー

冷凍かつおの水揚げを行ったのは、気仙沼船籍の第18亀洋丸さん。 生鮮かつおを生産する中型船は120~150トン型が主流の中で、亀洋丸さんは455トン型ととっても大きなカツオ漁船なんです 船

約一年ぶりの母港水揚げとなった今回の漁は、45日間の航海で漁獲した320トンほどの数量。 漁艙いっぱいの満船状態での帰港となったとの事で、大漁での航海ほんとうにおめでとうございました camera

その18亀洋丸さんを率いる船頭さんは41歳という若さ。 気仙沼に毎日入港する中型船の船頭さん方もだんだんと世代交代し若返っていますが、その年代の結束力で頑張ってほしいですね タイ

第18亀洋丸さんが生産する冷凍ガツオは、マイナス50℃に保管された「B-1」という製品。 ブライン凍結の一級品という意味なんだそう。 すべて刺身やたたき用に加工されて出荷されていく商材です 食事

大手缶詰会社が集中するタイのバンコクでのカツオの相場が高止まりしているため、今年の国内のかつお相場もしっかりとした価格で推移しているから、今回もいい水揚げ高になった事でしょう 金貨

まだまだ続く18亀洋丸さんの今季のカツオ漁が安航で大漁でありますよう心よりお祈りいたします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:33

2017年10月02日

週末に「〇安」さんで乾杯!


とても忙しかった一週間を終えて、気仙沼の内湾地区で営業再開となった老舗焼き鳥店「〇安」さんに、打ち合わせを兼ねて出かけてきました。 まずは日頃の労をねぎらって生ビールで乾杯です beer

週末とあってか、広いお店となった〇安さんの店内は、次々と入店するお客さんでみるみる間に満席となって。 手軽に美味しい焼き鳥を楽しめるこの雰囲気を皆さんも求めてやってくるんですね 食事

まずは定番の焼き鳥と湯豆腐、そして豚タン焼きなどを注文して、つまみながらの談笑。 こういう機会にいろいろな情報交換をするのも大切なお仕事の一つなのかも。 貴重な話が聞けますから 花丸


ふと気が付けば、お店には完成したばかりの気仙沼漁師カレンダーが! 私が大好きな写真家の竹沢うるまさんが撮影を手がけた作品なので、とっての楽しみに心待ちにしていたものなんですよ クラッカー

今週末に行われる気仙沼漁師カレンダーの完成記念のトークイベントで入手する予定なので、中身を見たいところをぐっと我慢して、表紙とあとがきだけを見せてもらって。 写真も文章も素晴らしいですね 親指

これまでの漁師カレンダーの中で、自分的には間違いなく今回の作品が一番いい。 写真撮影に気仙沼入りした竹沢うるまさんと一緒にご飯を食べに行った事なども、昨日のように思いだされます noodle

〇安さんで美味しい焼き鳥を食べながらの漁師カレンダー談義。 ついついお酒もすすんでしまって、気が付けばけっこう酔っぱらっちゃたけど、皆さんとの情報交換も含めすごく充実したひと時でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:59