宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年09月15日

みしおね横丁「PRISM」で暑気払い会


先日までの夏の暑さから一変し、今週にはいるとがらっと気温が変わって、すっかり秋めいてきた気仙沼です。 日中の気温が25℃を下回り、夏場以降ではじめてジャケットを羽織ってのお仕事でした スーツ

朝方の魚市場での生鮮かつおの水揚げ時には、半袖では風邪をひいちゃうんじゃないかと思うほどに気温が下がって、今週はちょうど雨模様の天気だから、雨合羽を着込んでちょうどいい感じです icon12

ここ数か月間に、各海域から気仙沼に戻ってきた勝栄丸各船は、新型コロナの影響もある中で順調に出漁準備をおこなえて、すべての船が漁場へと出漁済みとなって、各船の皆さんには安全航海に心がけて精一杯頑張ってほしいですね。 陸上からの運航サポートもしっかりと対処していきたいと思います 船

そして南インド洋にてマグロ漁をおこなってきた123勝栄丸が帰途につき、今週末にはバリ島ベノア港の港外にてインドネシア船員を下船させ、10月初めの日本到着を予定するところとなっています クラッカー

各船の出港から123勝栄丸の帰港までのわずかな間に、この夏の猛暑での疲れを癒しましょうかっていうことで、暑気払いをかねて「みしおね横丁」のPRISMさんに集まっての懇親会をおこないました beer

日頃たいへんお世話になっている取引先業者の皆さん、立て続けの出港準備などの対応ほんと有難うございました。 みしおね横丁のいろんなお店からのお料理の出前と、気仙沼のクラフトビールで乾杯。 もうじき123勝栄丸も気仙沼に帰港となりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします 食事

先日にはNHKのドキュメンタリー番組で、みしおね横丁の鶴亀の湯と鶴亀食堂を切り盛りする、唐桑に移住した「ペンターン女子」たちの活躍が紹介されました。 気仙沼で生まれ育った私たちも気づかないような、気仙沼の良さや住みやすさなどを感じて移住してきた彼女らの行動力には感心します 花丸

魚市場前のこのみしおね横丁が、気仙沼での人が集まる新たな拠点として、大きく成長していくようになるといいですね。 「PRISM」にも人を引き付けるなにか魅力があるんだよなあとつくづく思いました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:13

2020年09月14日

世界版「エビスくん」のオンライン説明会


新型コロナウィルスの世界的な感染拡大によって、遠洋まぐろ漁船の運航計画も大きく変更を余儀なくされている中、大西洋やインド洋漁場から気仙沼に帰港した勝栄丸各船はすべて出港となりました クラッカー

気仙沼港でのドック期間中には、各業者の皆さまに大変お世話になりまして、ほんとうにありがとうございました。 大西洋の第1勝栄丸、第127勝栄丸、インド洋の第7勝栄丸、各船ともに順調な航海をおこなっています。 今航海も引き続きサポート方どうぞ宜しくお願い致します。 ひとまずホッとしました 花丸

そして南インド洋にてミナミマグロ漁をおこなってきた第123勝栄丸が、今航海のすべての操業を終えて日本に向けて帰途となり、経由地のバリ島ベノア港に向けて航行を開始。 当初予定の航海計画を延長してミナミマグロ漁に臨んでいただいた船頭さんや乗組員の皆さん、長期航海ご苦労様でした 船

帰途航におきましてはくれぐれも付近航行中の船舶や気象・海象などに注意して、安全航海で帰航して頂きたいと思います。 清水港で皆さんと再会するのが今から楽しみです。 お疲れさまでした タイ

その123勝栄丸にていまモニター使用中の、海象・気象情報サービス「エビスくん」の説明会が開催されて出席してきました。 気仙沼の漁業者は水産振興センターの会議室に集まって、東京そして福島をリモートでむすんでの会合。 漁業情報サービスセンターの担当者によるプレゼンテーションでした pc1

日本沿岸で操業をおこなう漁船800隻以上が使用中のこの情報システムの、配信範囲を全球・世界中の海域にまで広めたののが今回のご提案。 衛星からのデータを解析して、表面水温や中層水温、海面高度、そして気象情報などを提供する、漁船の活動にはなくてはならない情報が提供されます 親指

今まで他社から海象・気象情報の提供を受け漁業活動をおこなってきましたが、当面は無償での試験配信ということなので、配信される情報や使い勝手の違いなどを試してみてから契約してもいいかと。 勝栄丸各船の船頭さんなどともよく話し合って、こうしたシステムの導入方針を決めていきたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:37

2020年09月13日

日かつ漁協の新組合長との懇親会


新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、東京などで開催される各種会合などもすべてキャンセルになったりオンラインになったりと、今年はいちども東京への出張がない、動きがとりずらい年ですね 汗

まぐろ漁業に関係する国際会議や二国間交渉なども、国際便の運航停止や各国の入国禁止措置などによって、これからの時期に集中するCCSBTやICCATなどの年次会合もどうなっていくのか。 WCPFCでの日本近海の太平洋クロマグロの増枠を求める日本の提案も難しい見通しが報道されています 船

資源回復が顕著となっているミナミマグロや大西洋クロマグロについても、あらたな漁獲枠の協議などもこのぶんでいくと当面現状維持なのでしょか。 こうしたところにもコロナの影響が出てきています いかり



例年であれば全国の遠洋かつお・まぐろ漁業者があつまって開催される日かつ漁協の通常総会も、今年は書面議決となって、山下組合長にかわり香川組合長が新たに就任されたことは、この勝栄丸ブログでも以前お伝えしました。 先日にはオンラインでの北かつの組合員との懇談会を開催しましたね クラッカー

今週、新組合長となった香川さんが気仙沼にお越しになって、北かつメンバーとの懇談会そして懇親会が開催されました。 いま抱えている大きな課題、幹部船員の後継者確保・育成の問題、新型コロナへの対応について、そして魚価安への対策、かつお・まぐろ漁船のリニューアル・新船建造についてなど タイ

約2時間ほどの時間ではありましたが、新組合長といろいろと議論することができて、すごく充実した一日となりました。 そして会場を北かつまぐろ屋田中前店に移しての懇親会では、北かつ組合所属船が漁獲したマグロのお刺身を頂きながら地酒を酌み交わして。 まぐろのかぶと焼きも美味しかったです 食事

日本中の遠洋かつお・まぐろ漁業者が集う日かつ漁協。 遠洋漁業界を牽引する立場となった香川新組合長さんには、私たちのかじ取り役としての、さまざまなご指導方どうぞよろしくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:43

2020年09月12日

気仙沼赤岩港「冷加工」での餌料検品


今年最後の猛暑となった週明けから、今週末以降はだんだんと暑さも和らいできて、季節が秋に移っていくそんな今週の気仙沼です。 勝栄丸ブログをご覧の皆さまには残暑お見舞い申し上げます 晴れ

きょうは朝から雨まじりの曇り空で、半袖ではちょっと肌寒い感じの気温になってきました。 生鮮かつおやサンマなど、気仙沼の秋の食材が揃う時期になってきますので、ぜひ気仙沼にお越しください icon12

先日にパナマ運河を通過して大西洋に向けカリブ海を通過した第一勝栄丸は、順調に航行を重ねまもなく中部大西洋の漁場着で、すでに操業している127勝栄丸との会合などが予定されています 船


一方、先週気仙沼を出港してインド洋に向けた第7勝栄丸は、沖縄の南東海上を南西に針路をとっての航行中。 あと1週間ほどで寄港地のインドネシア・バリ島に到着し、港外にて燃料油などの最終補給をおこなったのちジャワ沖漁場へと向かうことで、現地代理店とも連絡をとりながら手配を進めています 音符

そして南インド洋で操業中だった第123勝栄丸は、今航海に予定した操業を終えて日本に向けすでに帰途航となっており、本船からはすでに次の航海計画や各種オーダーなどが順次入ってきています タイ

その中でも金額的にかなりのウェートを占める冷凍餌料について、まだ操業途中の段階にて情報があって、それに基づいた情報収集と見積もり依頼を開始。 各種冷凍餌料を供給してくれる取引先が世界中から集めてくれる高品質の餌料。 赤岩港の冷加工に出向いての取引先担当者との検品でした 花丸

海外の産地からコンテナで気仙沼まで輸送し冷蔵庫に大量に保管中の餌料。 各ロットごとにランダムに箱を開封して餌料の品質を確かめていく、毎回必ず行うルーティンですね。 実際には船積みまでまだ2か月以上もありますが、前広に手配かけていくのがうちのやり方。 今回もよろしくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:23

2020年09月11日

インドネシア研修生への試験実施


今週末の気仙沼は、これまでの猛暑もひと段落して過ごしやすい気温になり、曇り雨模様の天候になっています。 ひと雨ごとに季節が秋に移っていくんですかね。 ようやく暑かった夏も終わります icon12

先日パナマ運河を通過してカリブ海を東へ向かった第1勝栄丸は、順調な航行ですでに大西洋に入りました。 ここまで気仙沼出港から一か月ちょっとが経って、ようやく漁場に到着しますね 船

一方の第7勝栄丸は、インド洋への玄関口インドネシア・バリ島での補給に向けて南西の航路をとって、あと一週間ほどで到着予定です。 補給の現地手配も万全にバリ寄港に備えたいと思います 花丸



そして気仙沼港では、生鮮かつおの水揚げが連日行われていて、中型の一本釣り漁船そして旋網船と、昨日も合計12隻で180トンほどのカツオの水揚げがありました。 漁場的には近いところでは金華山沖の東経142度に船が集まっての操業だとか。 小ぶりなかつおで、中小が1~2割混じる組成です 音符

かつお船にもインドネシア船員が乗船していて、遠洋まぐろ漁船とは違って彼らは漁業研修生として来ている船員さん。 研修1年目の期間を終了すると、事業を推進している団体による研修生への日本語などの試験が行われ、この試験日程に合わせて各船が入港して当該船員が下船して参加するんです タイ

試験会場は気仙沼魚市場の3階会議室。 2年目3年目と続くインドネシア船員の研修のひとつの区切りとなるイベントですね。 今回は高知県のかつお船が対象で、三重県や宮崎船はお盆前後の日程ですでに試験をおこなったのだとか。 勝倉漁業の会社スタッフも、試験会場の様子を見守っていました 若葉

これから戻りガツオの時期になってきて、脂がのった美味しいカツオを狙って各船ともに奮闘する数か月間。 インドネシア研修生にも貴重な戦力としてこれからの活躍を期待したい。 頑張ってください face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:49

2020年09月10日

北かつまぐろ屋で「平日限定ランチセット」


8月20日に解禁となった大型漁船によるサンマ漁は、依然として道東から1000㎞以上も沖合での漁場形成となっていて、その漁獲量は芳しくない状況が続いている模様。 毎日の情報に注目しています 汗

花咲港を中心に水揚げがおこなわれてはいますが、例年に比べて水揚げ量が極端に少ないものだからその単価は依然として高止まりとなっていて、1㎏あたり2000円を超す超高値での取引です icon12

例年ならすでに気仙沼港でも生鮮さんまの初水揚げが行われている頃なのですが、今年はどうなるのか。 9月に予定されていたサンマ祭りも、コロナの影響もあって中止となったかわりに、冷凍さんまをプレゼントする企画に変更となったのだとか。 揚がるものが揚がらないと、水産業界もたいへんです タイ


例年、サンマ祭りの会場となるのが気仙沼の商業施設「海の市」。 サンマを炭火で焼いで来場者に振舞うイベントが人気となって、海の市にも大勢の市民や観光客に来ていただいていました。 それも今年はかなわずですね。 その代わりと言っちゃなんですが、海の市に来た際にはぜひ「まぐろ屋」へどうぞ 音符

気仙沼の遠洋かつお・まぐろ漁業者で運営している「北かつまぐろ屋」は開業してからすでに20年以上がたって、海の市の中でも特に人気のお店のひとつとなっています。 取引先の営業マンとの打ち合わせを兼ねて、北かつまぐろ屋のランチセットを食べに行きましょうって、現地集合でいってきました 食事

まぐろづくし丼やよくばり丼、まぐろ三色丼やまぐろ漬け丼など、定番の人気メニューはたくさんあるけれど、きょうの私たちは今人気となっている平日限定のランチセット。 A:まかない丼とミニめかぶ蕎麦、B:ミニまかない丼とめかぶ蕎麦、C:ミニ三色丼とミニめかぶ蕎麦の3種類。 私はCセットにしました ハッピ

三色丼とめかぶ蕎麦のどちらも「ミニ」ですが、これでも両方たべると結構ちょうどいい感じ。 こういう暑い日には、酢飯のまぐろ丼と、冷たいめかぶ蕎麦のセット、最高ですね。 とっても美味かったです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:18

2020年09月09日

大型の遠洋かつお船が気仙沼に寄港


例年ならばもうそろそろ秋の気配が感じられるような時期ですが、今年はなかなか気温が下がらずに暑い日が続いている気仙沼です。 この三陸沖の水温も例年より1~2℃も高めで推移しています 晴れ

気仙沼を基地に操業するカツオ一本釣り船団は、ほとんどが100トンから150トンのFRP製の漁船。 清水と海水の混合水を冷凍機で冷やしてカツオを保冷するのですが、冷凍するわけではなく生の状態での保管。 なので、前日に漁獲した「新口」が最も鮮度がよく、次いで二番手、三番手と続きます icon12

中型のカツオ船の航海日数は、数日から1週間程度。 一方で、鋼製で大型の遠洋カツオ漁船はといえば499トン型が主流で、長期間の航海も可能な仕様となっていて、航海日数は約1ヶ月間となります 船

いまのこの三陸沖でのカツオシーズンは、中型船とほぼ同じ海域で遠洋かつお船も操業していて、お世話になっている大型遠洋かつお一本釣り漁船が寄港したので、船頭さんらにご挨拶に行ってきました タイ

中型とおなじような海域で、そしてさらに沖合で操業している遠洋かつお船も今回はけっこう大変な航海だったみたいですが、漁艙に満載までいかないまでもそこそこ数量をまとめての入港でした クラッカー

いまは東経150~160度、北緯36~39度の海域で操業をおこなう遠洋カツオ漁船。 久しぶりに船頭さんにお会いして、いろいろとお話をすることができてよかったです。 あと一航海で今季の漁を切り上げるとの事なので、くれぐれも事故や怪我などのないように、十分に気を付けて頑張ってください 花丸

今年を締めくくる最終航海での航海安全と大漁をお祈りいたします。 今後ともよろしくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:25

2020年09月08日

「COVID-19」の抗体検査キット


例年より早く今年は5月からカツオ船によるびんちょうが豊漁となって、好相場での推移ともあいまって、気仙沼を基地に操業するカツオ一本釣り各船はそれぞれに大きく水揚げ高をのばした前半戦でした 花丸

びんちょう漁がひと段落して、漁獲対象がかつおに切り替わってのここ数か月。 今年はシーズン当初からかつおの来遊量が少ないのではと心配されましたが、勝栄丸ブログでもなんどもお伝えしてきたように、例年とは全く異なるサイズ組成がいまでも続いていて、今年はこのまま推移しそうな感じです 船

これから秋に向かって水温も下がって、戻りガツオのシーズンになってくるので、各かつお船の漁模様にも期待したいところ。 公海上での魚群探索に奮闘中の大型さんま漁船にも頑張ってほしいです ハッピ

気仙沼港にはこのかつお船らのほか北海道から九州までのたくさんの漁船が入港し、その乗組員も日本中から乗船しているので、今のコロナ禍では漁船乗組員の安全対策が重要となっています 親指

そこで各船がおこないつつあるのは、気仙沼港から乗船する船員への抗体検査。 インターネット通販でも購入できる検査キットで、誰でも簡単に検査できる優れものなんです。 インターネットで検索すると、そのお値段は1回数千円程度で購入できるみたいなので、PCR検査に比べて半値以下ですね camera

指先を消毒して付属の針で刺して血液を採取。 小さなスポイトで血液を検査液に混ぜ合わせて検査キットに一滴たらして。 ものの数分間で結果が出るんだから簡単でいいですね。 はじめて見ました 音符

どれほど信頼できる検査結果なのかはわかりませんが、乗組員ひとりひとりの感染リスクへの備え、危機意識の向上、安全な漁船活動にも大きく寄与するのは確か。 すごくいい対応だと思います タイ

勝栄丸各船では、日本に呼び寄せるインドネシア船員には渡航前にジャカルタでPCR検査、成田空港でもPCRもしくは抗原検査をし陰性をしたあと公共交通機関を使わずに気仙沼入り。 出港直前の日本人船員にも全員PCR検査をおこなって安全確認することにしていて、乗組員にも高評価を受けています !

新型コロナの終息の目途がまだまだ先で、世界そして日本全国がコロナとの長い闘いを余儀なくされている今、漁船乗組員への安全対策もこれまで以上にしっかりと対応していかなければと感じています face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:07

2020年09月07日

マンニング担当者と「チンジャオロース丼」


台風10号が猛烈な勢力を維持したまま九州沿岸を通過する予測となっていて、100年に一度といわれるような特別警戒警報がでるような状況で、テレビやインターネットのニュースにくぎ付けの数日間 雪

過去に経験したことがないほどの豪雨によって河川が氾濫したり、強風による建物などへの被害があったりと、早め早めの避難がほんとうに重要かと思います。 命を大切にした行動をとってください !

日本中が台風警戒の週末、先月上旬に気仙沼を出港して大西洋への玄関口パナマに向けていた第1勝栄丸が、予定より一日早く運河を通過してカリブ海へと入ったとの連絡がありました。 すでに大西洋で操業を開始している127勝栄丸と連絡を取りあい、順調に今後の運航を進めてほしいと思います 花丸

一方、南インド洋で操業中の123勝栄丸は、ミナミマグロ漁場が大しけの為ここ数日間は操業をおこなわずに安全を確保。 気象図をみると台風10号も大きいけれど、南インド洋の台風も相当なものだとわかります。 一緒に操業中の20隻を超す日本漁船もすべてしけ休み。 十分に警戒してください 船

そんな週末に、情報交換と打ち合わせを兼ねて、イシカワライヴキッチンにお昼ご飯に行ってきました。 今回は東京から出張してきた日かつ協同(株)のマンニング担当者と一緒。 気仙沼に来る前には念のためPCR検査をおこなって、公共交通機関を使わずにレンタカーでの気仙沼入り。 お疲れ様です 親指

日替わりランチは私の大好きな「チンジャオロース丼」だったので、3人分を即注文。 オイスターソースで炒めたご飯もすごく美味しくて、初めてたべたマンニング担当者も大満足の様子でよかったです 食事

いま帰港中の関係船、そしてこれから帰港するまぐろ船、いま漁場で活動中の船など、世界各港の状況をいろいろと情報交換しながらのランチタイムでした。 これからも運航サポート方宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:16

2020年09月06日

濃霧に包まれた気仙沼港にて


立て続けに発生している大型台風が沖縄や九州地方に直撃するコースをたどる今週末。 東北地方はまだ影響が少ないけれど、気仙沼湾が一面の霧に包まれたのも台風による影響かもしれません 曇り

8月20日に解禁となった大型船によるサンマ漁は、すでに二週間以上が経過しましたが大きな魚群をキャッチしたという情報はまだ入らず、各船ともに魚群探索に苦戦している模様で、今後の漁の回復が期待されるところ。 北海道の基地・花咲港から東に1400㎞も沖合での操業になっているとの情報です 汗

8月はいずれにせよ、さすがに9月には気仙沼へのサンマの水揚げがあるんだろうと思っていましたが、今の状況ではそれも不透明。 例年通りに揚がるものがないと、気仙沼の水産業界にとっても影響はすごく大きいところなので、一日も早く気仙沼にサンマがたくさん水揚げされることを願うばかりです icon12

そして一方の生鮮かつお漁は、沖合の水温が徐々に下がってきて、これからが戻りガツオの時期となる。 今年はここまでカツオ漁に関しては厳しい状況が続いているけれど、千葉県勝浦港に2倍の数量の差をつけていることから、生鮮かつおの24年連続水揚げ日本一はほぼ確定との報道もありました !

そんななか、夏季休暇を終えて出漁した83佐賀明神丸が今週気仙沼に帰港しての水揚げでした。 船頭さんにお話を伺うと、東経151度の海域にまで探索範囲を広げての操業だったけれど、なかなかいい魚群が見つからず苦戦したとの事。 水温が低下してきた三陸沖でのカツオ漁に期待したいですね タイ

今年は9月のサンマ祭りも中止となり、10月の気仙沼産業まつりや「市場で朝めし。」などのイベントも軒並み中止決定。 せめて魚市場での水揚げだけでも活況を呈す秋季の漁模様になってほしいです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:09