宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年08月07日

インドネシア共和国の駐日大使閣下と


毎年、気仙沼みなとまつりに合わせた日程でインドネシア共和国の駐日大使が気仙沼にお越しになっていているのはご存知でしょうか。 今年も駐日インドネシア共和国大使館特命全権大使アリフィンタスリフ閣下と大使館の皆さんをお迎えすることができ、ご一行様を囲んでの懇談会を行うことが出来ました クラッカー

内湾の高台にある気仙沼プラザホテルを会場にして、大使ご一行様と気仙沼の経済団体関係者の会合が開かれ、私も北かつ組合の副組合長理事として出席させて頂きました。 とっても光栄な時間です 花丸

インドネシアと気仙沼はとても関係が深く、遠洋・近海まぐろ漁船や気仙沼に入港する漁船の多くにはインドネシア船員が乗船していて、その数も相当数に達しています。 気仙沼の水産加工場にはインドネシアからの研修生がおり、高度な水産加工技術の習得に日々研鑽してるんです 親指

そして最近では医療関係・介護福祉の勉強・資格取得のために、市内の施設にもインドネシア人が働くようになって、建設現場にも採用されてきているんだとか。 どうりで市内で見かける事も多いはず 船

インドネシアの観光都市バリ島デンパサール市と気仙沼市は友好都市の関係にあって、インドネシア船員や遠洋まぐろ漁船による繋がり非常に強い関係。 これほどインドネシアとの交流・協力をしている街っていうのは日本全国探してもそうないんじゃないでしょうかねえ。 そういう強い絆で結ばれた関係もあって、インドネシア大使ご一行様が毎年気仙沼を訪れてくださっているんだと思います 音符

震災直後にはインドネシア大統領からの手厚い支援を頂いた気仙沼市。 今回お越しになった方々に対しても市長からの御礼のご挨拶も。 インドネシアと気仙沼の経済界がこういう機会を通じて益々関係が強化され、交流が盛んになって、お互いのビジネスが良好に発展していく事を期待しています タイ

懇談会のあとには全権大使閣下を囲んでの歓迎の夕食会。 私もインドネシアの皆さんと同じように、正装のバティックを着ていった方がよかったかな。 夕食会の中では、日本の伝統舞踊やインドネシアの伝統的舞踊の披露などもあって、大使館の皆さんも楽しんでいただけたのではないかと思います。 そして気仙沼の新鮮なお魚を味わって頂いて、地酒の「蒼天伝」で乾杯。 すごく貴重な体験でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:28

2017年08月06日

第66回 気仙沼みなとまつり開幕!


東北の夏祭りのシーズン到来です! 毎年気仙沼で行われている「みなとまつり」も今回が66回目。 8月5日(土)と6日(日)の二日間の日程でおこなわれ、市内はお祭りムード一色となっています ハッピ

きのうの初日は、田中前大通りを舞台に「はまらんや踊り」が行われ、学校やサークル、自治会や企業など67団体・3000人を超す参加者が威勢のいい「はまらんや踊り」を披露。 思い思いのコスチュームや衣装に身を包んだ踊り手たちが、一年に一度の気仙沼の夏まつりを盛り上げました クラッカー

きょう6日は、会場を港町に移して、まずはお昼の時間帯の街頭パレードから。 午後5時からは27団体約800人による「太鼓うちばやし大競演」、そして気仙沼青年会議所による「海上うんづら」、大型サンマ漁船第81豊清丸によるサンマ集魚灯のライトアップ。 そしてフィナーレの海上打ち上げ花火へと続きます 船

震災から6年が経って、徐々に復旧復興をみせる気仙沼ですが、まだまだ道半ば。 第66回となった気仙沼みなとまつりの盛り上がりが、復興に向かう市民の気持ちを後押ししてくれるといいですね 花丸

昨日は仕事がいろいろ入って、ゆっくり夏祭りを楽しむ時間もありませんでしたが、きょうは日頃の仕事を一瞬だけ忘れ、気仙沼のまつりの一日を楽しみたいと思います。 あとは天気だけが心配かな。 今週も曇りの日が多くって今にも雨が降りそうな空模様ですが、祭りの勢いで雲を吹き飛ばしちゃいましょう icon14

一年でいちばん気仙沼が盛り上がる「みなとまつり」です。 皆さん、みなとまつりを楽しんでください! face02

気仙沼みなとまつりの情報はこちら → http://www.kesennuma.or.jp/minatomatsuri/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:15

2017年08月05日

日かつ漁協ホームページがリニューアル


日本国内の遠洋かつお・まぐろ漁船が加盟する「日本かつお・まぐろ漁業協同組合(にっかつ漁協)」のホームページが今年6月にリニューアルされていたっていうのを知らない方も多いはず icon12

かつお・まぐろ漁業界の顔となるメインのホームページだけに、その製作にあたっては相当工夫する部分も出てくるんだと思います。 まだ未完成の日かつ漁協のホームページですが、その製作にあたってのアドバイスが欲しいという事で、日かつ漁協の担当者の訪問を受けての打合せとなりました 花丸

いま用意してあるコンテンツを示されながら、新しいホームページの全体像についての説明を受けて。 遠洋かつお・まぐろ漁業っていうのはどんな漁業なのか、誤解され伝わっている部分も多々あるかと思いますので、まずはその部分を払拭するような内容であってほしいと思いますね。 そして、毎日の仕事のルーティンの中で、皆さんから必要とされるホームページにしていってほしいとお話しさせて頂きました icon14


遠洋漁業や超低温冷凍まぐろ、船凍のかつお一本釣りなど、実際の漁業を知ってもらう事も大切でしょうし、その美味しさを伝えるべく様々なお料理の提案なんかも大事なんじゃないかなあと思います。 知る、食べる、働くというコンテンツ。 中でも私たちの漁業に携わる船員を増やしていく事も重要なテーマ 船

日かつ漁協においては、漁船員をあっせんすることはできないまでも、気仙沼をはじめ各地で行われている将来の幹部船員の確保・育成事業に役立つような情報発信メディアに成長してほしいですね タイ

実は日かつ漁協のホームページには表の顔と裏の顔があって、表の顔は一般向けの情報、裏の顔は組合員向けの情報提供となっています。 多くの会員がアクセスするので、セキュリティ対策も万全にしなければなりませんし、常に最新情報が提供される事でないと、逆に誤解や問題が起きかねません pc1

ホームページを作っただけで終わるわけではなく、日々の更新作業や様々な情報発信なども大切になってきます。 これから力を入れて取り組んでいくという新ホームページ作成プロジェクトに携わる方々には、大変な作業でしょうけど情報発信への意識と責任感をもって進めていただきたいなあと思います face02

日かつ漁協のホームページはこちら → https://www.japantuna.net/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:43

2017年08月04日

気仙沼「浜の家」でのお食事会


このところ連日、気仙沼魚市場では生鮮かつおの水揚げが行われ、21年連続水揚げ日本一に向けてようやく動き出した感がありますね。 お盆休みそして台風シーズンと、油断なくいきたいと思います クラッカー

市内東新城地区の飲食店「浜の家」さんでお食事会のご案内があってでかけてきました。 震災前は鹿折地区にあって被災し、その後いったん郊外の仮営業を経て現在の場所にお店を構えた浜の家さん 花丸

海鮮ものメニューだけじゃなく、山形牛やお蕎麦など、バラエティー豊富な海と山の幸を提供してくれるすごく人気のお店なんです。 お昼のランチメニューもボリューム満点ですごくリーズナブルです 食事

夜6時に席を予約してのお食事会では、お刺身の盛り合わせや山形牛のすき焼きがメイン。 お刺身も美味しいけれど、夏に食べるすき焼きっていうのも、夏バテ防止には最高かもしれません 音符

今が旬のカツオ、そしてマグロのお刺身や地魚。 ホヤ酢にホタテをつまみながら地酒で一杯。 さすがに海鮮丼まで私は食べれなかったけど、若い人たちの食欲はすごいですね。 食べっぷりは見事です 親指

こんどはお昼のランチにおじゃましてみようかな。 ソースかつ丼や冷たい肉そばなど、浜の家さん自慢のランチも揃っていて、気仙沼市民だけじゃなく観光客にも人気なのがわかるような気がしますね 若葉

浜の家さんでの楽しいお食事会。 豪華なお刺身に山形牛のすき焼きなど、ごちそうさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:14

2017年08月03日

梅雨明けの気仙沼港にて


8月に入ってようやく梅雨明け宣言がなされた気仙沼ですが、夏とは思えないような天候が続いています。 梅雨明けは平年と比べて8日ほど遅く、8月に入っての梅雨明けは4年ぶりだそう 晴れ

7月は暑い日が続いていたものの、このところは気温も上がらず、朝晩などは一枚羽織ってちょうどいいくらいの気温。 入港船を待つ勝倉漁業のスタッフも薄手のジャンパーを着こんで待機でした icon02

きょうの気仙沼港には、かつお一本釣り漁船が11隻と巻き網漁船が5隻の合計16隻で350トンほどの生鮮かつおの搬入。 あさ市場に顔を出すと、水揚げしたブルータンクが所狭しと並べられ、フォークリフトを操作する漁協のスタッフたちが忙しそうに作業を行っていて。 皆さん朝早くからご苦労様です タイ


朝7時、三重県の安市丸さんが気仙沼港に入港し、魚市場南側岸壁に到着しました。 会社のスタッフや燃油供給業者さんがもやい綱をとる作業。 船頭さんや乗組員の皆さんお疲れさまでした camera

船頭さんにお話を伺うと、沿岸に近い海域の水温はまだ低いものの沖合は25度以上の水温になっていて、生き餌の持ちが悪くて大変なんだとか。 生き餌がなければ竿釣り漁業は難しいから、こうした餌の管理に神経質になるのもわかりますね。 水揚げ岸壁が空くまで、しばし待機の本船です 船

お盆も近づいてきて、カツオ船の中には夏季休暇を取る船もちらほらと出てきて、安市丸さんもそろそろ帰郷の手配などの話題も出てきています。 もう一航海頑張ってきてもらって、気分よく夏季休暇に入ってほしいものですね。 水揚げを終えた本船は漁場に向け出港となりました いかり

西日本では本格的な熱さとの報道だけど、気仙沼は避暑地といっていいほど過ごしやすい気候です。 美味しいグルメ、そして涼を求めて、ぜひ気仙沼にお越しください。 体がすごく楽になると思いますよ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:07

2017年08月02日

北かつまぐろ屋で「親方おまかせ丼」


午前中の会議を終えて、コの字岸壁で出漁準備中の第38漁福丸さんにお客様をご案内。 気仙沼が初めてで、実際のマグロ船を見たことがないっていうから、それでは見せてあげましょうっていう事で 音符

ちょうど漁福丸の新社長さんが船で打合せ中だったのでご挨拶してから乗船。 マグロ船の構造や作業の流れ、航海計器や無線機器など操舵室から作業甲板、機関室やサロンまで。 まぐろ船全体をぐるっと一周しながら、できるだけわかりやすくと意識してのまぐろ船見学会でした 船

出港を間近に控えている漁福丸さん。 久しぶりにお会いした船頭さんもお元気そうで何より。 太平洋の西経漁場ではトップクラスの成績をほこる本船なので、これから始まる航海でもいい成績を残すことでしょう。 勝倉漁業の123勝栄丸とは同じ新潟造船で同じタイミングで竣工したいわば兄弟船。 漁福丸さんを案内しながらも、123勝栄丸の中にいるような錯覚を覚えました 花丸


遠洋まぐろ漁船をご案内したあとに、お客さんとともに北かつまぐろ屋海の市店へ。 お昼時の遅めの時間帯だったからちょうど席に空きがあってすぐに案内されて。 一番人気の親方おまかせ丼を注文です camera

メバチマグロにトロビンチョウ、ネギトロにイクラに海老、そして朝水揚げされたばかりの旬の生鮮かつおまで盛り付けられたこのボリュームでなんと1580円。 なにから頂くかちょっと迷うくらいです 食事

気仙沼が初めてだっていうお客さまにも、気仙沼の旬のお魚、そして私たちが世界の海で獲ってくるマグロ類を味わってもらいたい。 その気持ちが込められたような親方おまかせ丼を気に入ってくれたみたい キラキラ

いま北かつまぐろ屋では気仙沼で展開中の「クルーシップカード」っていうポイントカードを持参した方に特典があるとの情報。 私もまだクルーシップカードを入手していないから、さっそく手続きしなくちゃ 花丸

北かつまぐろ屋で美味しいマグロ丼を味わいながらのひと時。 すごく楽しいランチタイムでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:46

2017年08月01日

二隻揃って佐賀明神丸出港!


今季の気仙沼港への生鮮かつおの水揚げ開始から2か月上が経過して、ようやく漁模様が本格化してきました。 一本釣り漁船と巻き網船が競うように入港しては新鮮なカツオを連日水揚げしています 花丸

一本釣り漁船の漁場は今、東経150度と気仙沼から1昼夜以上かかる比較的遠い場所。 場合によっては更に半日くらい沖合で漁場形成されることがあって、数量はまとまるものの各船とも我慢の操業 ちからこぶ

そんな中、日曜日に大船渡で水揚げを行った123佐賀明神丸さんと、昨日気仙沼に水揚げした83佐賀明神丸さんが機器類の整備のため、餌場での活き餌積込のあとで反転、気仙沼港に戻ってきて 汗


気仙沼港は漁船の修理業者がたくさんいて、ワンストップで全ての工事・整備ができる港。 両船の整備も比較的短時間で済んでしまうところなんかはさすがは気仙沼の整備業者の皆さんですよね 親指

魚市場南側岸壁に着岸した両船には、それぞれの整備業者が工具持参で乗船しては、機関長の指示の下で作業を行いました。 他の乗組員たちは、それぞれに買い物などに出かけての自由時間かな いかり

当初の予定よりも1時間早く、それでも夕方遅い時間になってしまいましたが、二隻の佐賀明神丸が揃って漁場に向けて出港となりました。 持ち場持ち場で乗組員の動きに統率が取れていて完璧 船

これから一昼夜以上沖合の漁場に向けて航行する本船です。 この航海においても大漁での帰港を期待しています。 くれぐれも安全な航海で事故や怪我なく、また気仙沼港でお待ちしたいと思います。 頑張っていってきてください! 二隻の佐賀明神丸の出港を勝倉漁業のスタッフとともに見送りました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:01

2017年07月31日

83佐賀明神丸の生鮮かつお水揚げ


早いもので7月も末日を迎えました。 5月に始まった気仙沼での今年の生鮮かつおの水揚げも2か月以上が経って、6月は今一つでしたが7月にはだいぶ挽回し盛り上がりを見せてきているようです クラッカー

最近では近海巻き網船が前日漁獲の「新口」主体に、一本釣り漁船が沖合の2番手・3番手主体の搬入。 きょうの気仙沼魚市場にも合わせて300トン以上の水揚げがあった割には価格もまずまずですかね 金貨

昨日の夜、高知県の83佐賀明神丸さんが気仙沼に入港。 今朝5時からの水揚げ開始時間に合わせて、勝倉漁業のスタッフたちもスタンバイして、船頭さんや乗組員の皆さんと共に作業開始です 船

北緯38度東経150度付近の三陸沖の漁場。 先日までのかつおに比べるとひと回り大きなサイズに成長してきて、カツオの胃の内容物をみると、オキアミを食べているカツオも増えてきています。 その為か、サンプル用に切ったカツオはどれも色がよくって。 脂ののりも若干みられる素晴らしいカツオでした 花丸

7月の海の日に合わせ気仙沼では今年から「かつおの日」が制定され、鰹の町をアピールするための「かつお幟」がちらほらと目立つようになってきたり、市内の商業施設などでのカツオのイベントが行われたりと、これから徐々にその認知度も広がりを見せていくんだと思いますね ハッピ

8月にはお盆も控え、毎年これからの時期に予定するカツオ船の夏季休暇【盆休み】についての話題もでるようになってきました。 約一週間の夏季休暇をいつとるのか、そのタイミングも各船の駆け引きの一つ。 1月末・2月初めからカツオ漁に集中してきた皆さんにとって楽しみな事なんだと思います 音符

気仙沼はまだ梅雨明けにはならず、そうこうしているうちにお盆や台風時期になります。 出張続きで久々に顔を出した気仙沼魚市場で、カツオ船の乗組員の皆さんから元気をもらったような朝でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:29

2017年07月30日

オブザーバー事業の説明会


東京や静岡への出張から気仙沼に戻って、このところ毎日会議が続いています。 気仙沼魚市場の会議室を会場にして、マグロ船に乗船して行われているオブザーバー事業の説明会が開催されました タイ

水産庁や海外漁業協力財団、そして関係会社の方々による事業説明のプレゼンテーション。 パワーポイント資料を使って、事業の概要や目的、これからの課題、そしていままでの調査でえられたデータを集計しての実績報告など。 知っている事もあったけれど、結構勉強になった説明会でした 船

かつお・まぐろ漁業を管理する各水域の漁業管理機関では、科学調査目的のオブザーバーが乗船する比率が設定されていて、各国代表の合意した数字を達成すべく国によるオブザーバーの乗船計画が策定され、これまで漁船側はそのオブザーバーの受け入れに全面的に協力してきました キラキラ

国際機関での合意に基づいた水産庁による科学オブザーバー事業ですが、実は国の予算で全てがまかなわれているわけではなく、業界負担分が存在しているんです。 場合によっては漁船側の操業を監視する立場の監視員の費用を漁船側も負担する構造になっているのは、どう考えても納得できません icon08

まぐろの科学的調査のための重要な調査っていうのは理解しますが、私たちが負担すべき費用ではないのは誰が見ても明らか。 予算確保できない分は業界に負担させればいいっていう安易な考え方がこれまでも各所で見られてきたように思います。 水産庁にはオブザーバー事業の全額国費での実施をお願いしたいと思います。 この件については会議の席上でも水産庁からの出席者に強く要望しました マイク

そしてマグロ延縄漁での海鳥などの混獲が大きな問題になっていて、その規制は各水域で強まりつつあります。 まぐろ延縄漁で偶発的に釣り針にかかる海鳥などを避けるための取組みは行われてはいるものの、革新的な実効性のある新たな混獲回避措置の開発は必須条件。 守りから攻めに転じる一手を業界全体で考え、開発していかなければならないのではないでしょうか 親指

毎年日本各地で行われているオブザーバー事業の説明会。 今回は気仙沼での開催となりましたが、また来年も気仙沼での開催を望みます。 そして今年より一歩でも進んだ研究成果を期待しています face06
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:34

2017年07月29日

会議を終えて「かもめ食堂」に


今年に入って、気仙沼のまぐろ漁業界で取り組んでいるプロジェクトがあります。 大手自動車会社の協力を頂いて、第3者のアドバイスをもらいながらまぐろ漁業を「カイゼン」していくという取り組み 花丸

前回この検討会の設立総会を経て、操業現場からの声を聞き取り調査、アンケートの意見集約などを行って。 これからどのように執り進めていくか、作業部会で検討しながら進めていく事になりました タイ

150項目以上にもわたる現場の声。 その一つ一つを分析しながら、優先順位や重要度をランク付けして、これからの議論の基礎資料としていく。 ようやく本格的な検討会になってきたように思えます icon14

小規模な作業部会とはいっても、オブザーバーを含め18名もの方々が一堂に会しての会議。 毎月行われていくカイゼン検討会で、まぐろ漁業の漁労作業などの効率的で省力・小人化に向けた検討がなされていきます。 会議に参加されたメンバーの皆さん、本当にお疲れさまでした 船

まぐろ漁業のカイゼン検討会を終えてお昼ご飯。 会場となった港町の気仙沼遠洋組合からほど近い、かもめ食堂さんに出席者とともにランチタイム。 醤油らーめんの味玉のせを全員で注文でした camera

ここ「かもめ食堂」さんも先日発表されたミシュランガイド宮城県版に掲載されたお店。 隠し味のサンマ香油、シンプルな中華そばはすごく美味しいですね。 ミシュランガイドに掲載されただけはある noodle

東京から参加された皆さんも「かもめ食堂」さんの味に満足されたことでしょう。 また次回の会合でも、前向きな意見交換ができるように期待し、まぐろ漁業のカイゼンに向けて頑張りたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:46