宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年10月02日

123勝栄丸が静岡県清水港に到着!


10月となって今年も残すところあと3か月となりました。 秋の行楽シーズン、年末から年始の荷動きも含め、まぐろ類の流通が一年で最も多くなる時期になってきたので、今後に期待したいですね 花丸

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大が終息する見通しがなかなか立たない中で、海外基地を利用しながら運航をおこなう遠洋まぐろ漁船の活動にも大きな影響が出ていて、太平洋・インド洋・大西洋とそれぞれの活動する地域・海域において、さまざまな課題に対処しながらの半年間でした 汗

大西洋で操業する二隻の勝栄丸は約一か月半の航行をへて日本に帰港し、南アフリカ・ケープタウン沖でのミナミマグロ漁を終えた第7勝栄丸も1ヶ月をかけて日本に帰港。 休暇・ドックが終わって、3隻については順次漁場へと出航し、それぞれの漁業活動を再開させるそんなタイミングとなっています タイ

そして昨年からのマグロ漁を、当初の航海計画を延長してミナミマグロ漁をおこなって頂いた第123勝栄丸が、今航海のすべての操業を終えて水揚基地の清水港に到着し関係者とともに出迎えました 船

水揚基地・清水港の冷蔵庫の空き状況などから、水揚げは週明けの10月5日(月)になり数日間は清水港で待機することになりますが、最大限にご協力することで乗組員の皆さんにもお願いして。 昨年から続いた長期航海に対応して下さった船頭さんそして乗組員の皆さん、ほんとうにご苦労様でした 親指

本船の入港に合わせ、営業部長と漁労部長が清水入りしての入港時対応。 帰航時にはすごく凪もよくて、追い風にも恵まれ船速も思った以上に出て、逆に入港時間の調整が大変だったやに聞きますが、こうして無事到着し乗組員の元気な様子を確認できて、まずはホッとしました。 お疲れさまでした icon12

今回も私も含めみな公共交通機関を利用せず、気仙沼から会社の車にて清水に移動。 船頭さんらとの打ち合わせをおこなったのち、漁獲物の値決め交渉に臨むことになります。 コロナ禍での取引きとなりますからとても難しい環境ですが、精一杯頑張ってきたいと思います。 今回もよろしくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:50

2020年10月01日

「10月10日まぐろの日」記念イベント開催!


9月もあとわずかとなって、秋が深まってきた気仙沼です。 先日までの暑さがうそのように、朝晩などはほんと涼しいを通り越して寒いくらいになって、そろそろ暖房も必要な感じになってきましたね もみじ

例年ならばこの9月10月は、カツオやサンマのイベントが続き、多くの市民や観光客でにぎわうはずの気仙沼ですが、今年はコロナの影響でやっぱ人の動きも少ない感じがしますが、先日の4連休には内湾の観光施設や海の市などは多くのお客さんで賑わっていました。 やっぱ活気があるっていいですね クラッカー

気仙沼市内で2店舗の営業をおこなっている北かつまぐろ屋で、店内に飾る商品写真の撮影があって、北かつ職員に依頼されて田中前店に行ってきました。 照明とレフ版も準備されていたけれど、北かつの備品の一眼レフでの撮影なので、慣れていない機材でちょっと苦戦しましたがなんとか撮影終了 camera

北かつまぐろ屋海の市店、田中前店のどちらにも、スタッフが楽しみながら作成したパネルが展示されていますので、まぐろ丼などを楽しむ機会にでもご覧になって頂けたら嬉しいです。 そして10月10日まぐろの日にあわせて企画している二つのイベントをご紹介。 三陸新報にも広告を掲載しました 花丸

ひとつ目は、水産振興センターのクッキングスタジオでおこなう「親子まぐろ料理教室」。 市内の小学生の親子10組を招待して、まぐろ丼やまぐろのつみれ汁を一緒に作って食べるイベント。 まぐろ漁業への理解を深める時間や、利きまぐろ大会やまぐろのかぶと焼きの試食もご用意。 無料ですからぜひ 音符

そしてもうひとつは、「天然ミナミマグロが当たる抽選会」。 10月1日から10月11日のあいだに、まぐろ屋でお食事をしていただいた方々へスクラッチカードをお配りし、抽選でミナミマグロなどをプレゼントする企画。 けっこうな確率で当たるような感じなので、お食事とともに楽しみにして頂ければと思います ハッピ

例年であれば、海の市の特設会場で「10月10日まぐろの日」を記念してのイベントを開催するのですが、今年のコロナ禍ではちょっと難しいので、北かつのスタッフたちが知恵を絞って考えてくれた企画です。 親子まぐろ料理教室そして天然ミナミマグロの抽選会、ブログをご覧の皆さんもぜひご参加ください face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:47

2020年09月30日

鶴亀食堂で「よくばり定食」のお昼ごはん


秋が深まるとともに三陸沖の水温もだんだん低くなってきて、水揚げされる生鮮かつおにも脂のりが見られるようになってきました。 魚市場でサンプルを見てもあきらかに夏場のかつおとは違います 花丸

先日までたくさん水揚げされていた特特大などの大きなカツオは、水温の低下に伴って南方の漁場へと移動してしまったのかほとんど見られなくなり、いまの漁獲の中心サイズは2㎏未満のサイズ icon12

台風12号からの温帯低気圧明け後に出港した安市丸さんが今週なかばに入港となって、二日間で漁獲したカツオ約15.5トンを水揚げ。 ちょうどタイミングよく入港船も少なく高値での販売となりました 船

漁場が遠いこともあって入港時間は朝8時半。 いつもよりゆっくりめにスタンバイして、安市丸さんの入港・着岸と同時に水揚げを開始。 ちょううど干潮時だったこともあって舷側からの水揚げが大変そうでしたが、そこは乗組員の皆さんにとってはまったく問題なし。 新口、二番手と順番に入札でした 音符

水揚げの最中に鶴亀食堂さんが安市丸さんにご挨拶にきて、なじみの船員さん達と談笑しながらの情報交換。 鶴亀食堂のきょうのメインは安市丸さんのカツオだよっていう事で、さっそく行ってきました 親指

Facebookでもコメントしていましたが、小ぶりなかつおでも身質はとてもよく、ちょっと脂のりも見えて、新鮮な新口かつおは次々とお客さんを呼び込んで、私が行った時にはぎりぎり最後の一人前でした 食事

せっかくだからとメカジキのカマ煮もセットになった「よくばり定食」を注文。 安市丸さんが前日に釣って朝に水揚げしたばかりのカツオ、今回は宮崎のちょっと甘めのお醤油で頂いて、メカジキのカマ煮も甘じょっぱくてすごく美味しかった、まさにご飯がススムひとしなですね。 お昼ごはんごちそうさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:33

2020年09月29日

温帯低気圧後にカツオ船の操業再開


台風12号からの温帯低気圧も過ぎ去って、さらに秋が深まってきた週明けの気仙沼です。 日中はそこそこ気温が上がるものの湿度が低いから暑さは感じられず、朝晩は冷え込むようになってきて 雪

台風を警戒して出漁を見合わせた一本釣り各船は先週末に気仙沼をいっせいに出港し、三陸沖合いの漁場でのカツオ漁を再開。 東経145度から150度までの潮目を見ながらの操業となっています クラッカー

これまで多く水揚げされてきた5㎏前後の特大や7~8㎏の特特大サイズのかつおが少なくなって、各船漁獲してきているのは1.8㎏未満の「小」が中心。 それでも1.8~2.5㎏の「中小」も1~2割程かな 親指




「小」サイズもその目廻りがだんだん大きくなってきていて、もう少しすると中小サイズになってくるのではと思うくらい、1~2か月までのカツオのサイズ感とはかなり違ってきていて、今後に期待が持てそう icon14

昨日は83佐賀明神丸と88佐賀明神丸の二隻の入港となって、88佐賀明神丸は台風通過を沖合の漁場でかわしたこともあって、約1週間ぶりの帰港となりました。 乗組員の皆さんお疲れさまです 花丸

小さめのカツオにもだんだんと脂ののりも見られるようになってきて、やはり時期的なものなんですね。 水温も先日までの27℃前後から22℃程になって、これからの戻りガツオが楽しみになってきました icon12

今週は秋晴れの爽やかな天気が続くとの事なので、カツオ漁が順調におこなわれ、たくさんの生鮮かつおが気仙沼港に水揚げされることを期待しています。 各船ともに安全な航海でありますように! face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:07

2020年09月28日

「気仙沼みなとでマルシェ」が大盛況!


台風12号から温帯低気圧に変わっても大荒れの天気を避けて週のなかばから避難係船していたカツオ一本釣り各船は、週末には餌場や漁場に向けて続々と出港となりました。 お疲れ様です 船

例年ならばこの時期は、大規模にサンマまつりが行われたり、気仙沼産業まつりや市場で朝めしなどのイベントが開催され、多くの市民や観光客でにぎわうのですが、今年はコロナ禍ですべて中止に 汗

秋の行楽シーズンに入って、GoToキャンペーンも始まったので、感染防止対策をしっかりとおこないつつも、経済活動を徐々に活発化させていかないと地方の経済は非常に厳しいことになる。 そうした声を反映してか、定期的に開催されている「みなとでマルシェ」が通常通りにおこなわれました! クラッカー




コロナ禍前は商業施設の海の市特設会場でおこなわれていた「みなとでマルシェ」ですが、いまは「みしおね横丁」の駐車場に特設会場を設営しての開催。 今回は10店舗以上の出展となりました 花丸

実行本部で今回用意したのは、ホヤの炊き込みご飯、鰹のハラス焼き、鰹のあら汁のセットで700円。 朝ご飯に食べましたが、炊き込みご飯はホヤの風味が絶妙で、炭火で焼き上げたハラスも最高! 鰹のうまみがすごく濃いあら汁も絶品で、最高の朝ご飯になりました。 まさに市場で朝めしですかね 音符

気仙沼ホルモンを焼いたり、ガパオライスやグリーンカレーなどのタイ料理があったり、ボルシチやシャシュリックっていったベラルーシ料理が初出展し、タコ焼き店やマッサージ、いろんな物販の出展など 食事

朝8時にはお客さんもまばらでしたが、だんだんと駐車場も満車となって、お昼にはほとんどのお店で食べ物が売り切れるといった大盛況でした。 皆さんこうしたイベントを楽しみにしていたんですね。 次回は今年最後のマルシェになるかと思いますので、またぜひ会場を訪れて楽しくお食事したいですね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:07

2020年09月27日

ジャンジャンの「カルビうどん」が美味い


9月もあと数日となって、早いものでまもなく10月になります。 台風12号が過ぎ去って、一気に秋の気配となってきましたね。 とても涼しくてこれくらいの気温がちょうどいい、体力的にもすごく楽です もみじ

新型コロナによる影響を考慮して、当初の航海計画を変更してのミナミマグロ漁をおこなって頂いた123勝栄丸が帰途について10日ほどになります。 現在はフィリピンの東沖の海上を清水港に向けて順調に航行していて、入港予定を調整してもらって10月3日(土)に清水に到着する段取りとなりました 船

勝栄丸各船の運航状況は、本船からの日報や船位モニタリングシステム(VMS)にて、オフィスのパソコン上でもリアルタイムに航跡を確認することができ、ひと昔前とはこの辺りも含め大きく変わりました pc02

一方のインド洋漁場に到着した第7勝栄丸は先週末に初縄操業を開始し、北大西洋でのクロマグロ漁を予定する第1勝栄丸と第127勝栄丸は、基地のラスパルマス港をすでに出港済みで、北へ北へとアイルランド沖漁場を目指して続航中。 勝栄丸各船が安全航海で大漁でありますようにと見守る日々です icon12

週末の事務所では、これまでたまったお仕事を片付けて、来週の出張に備えての頭の整理など、久しぶりに落ち着いてじっくりと考える時間を持てました。 ここ数週間、バタバタの忙しさでしたからね タイ

そしてお昼ご飯は、最近はまっているジャンジャンのカルビうどんがまた食べたくなってこっそりとおじゃましてきました。 こういう涼しい時には特におすすめのメニュー。 うどんって言っても普通のうどんとは全く違って、冷麺を太くしたような透明感のあるもちもち食感の麺。 食べてみなくちゃわかりませんよね 食事

牛肉やタケノコ、お野菜たっぷりのピリッと辛くてちょっとだけ酸味も感じられるスープの相性も抜群で、このところ何度か食べに行っているけれど、栄養を補給したい時などには最適のお料理だと思います 花丸

夏バテ気味からもだんだんと回復してきて、ジャンジャンのカルビうどんを食べて栄養補給し、清水港への出張に向けての準備を加速させようと思います。 皆さんもぜひ一度ご賞味ください、美味いですよ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:45

2020年09月26日

船員部会でもサンマ不漁が話題に


台風12号が温帯低気圧にかわり、大きな被害もなくてほっとした週末の気仙沼。 台風の予想進路がだんだんと東にずれていって、三陸沿岸から少し離れたから、それもかなり大きかったと思います 雨

月にいちど仙台の合同庁舎で開催される東北地方交通審議会の船員部会に臨時委員として選任されてここ数年間出席してきました。 東北地方の船員の雇用情勢、求人や求職数の推移、最低賃金、船員に関するさまざまな情報交換をおこないながら、雇用環境を改善することを目的としているんです タイ

昨日の船員部会でもサンマの不漁について、委員そして事務局からも話題提供があって、漁業種ごとの求人・求職数の変化にも目を光らせておかなければならない、そんなシーズンオフになりそうとの事 ブック

サンマ漁に関してはまだ漁期が始まったばかりで、これから漁模様が回復してくるかもしれない中で、こんな会話が交わされるのですから、このサンマの不漁・凶漁による船員の雇用環境への影響を各委員が心配するのもわかる。 委員そして事務局の皆さん、来月の船員部会も宜しくお願いします 船

例年ならばとっくに初さんまの水揚げがおこなわれているはずの気仙沼ですが、今年はいまだに水揚げがゼロで、いったいいつになればサンマが水揚げされるのかまったく予想がつかない状況。 北海道の道東・花咲港にも、多くて1日に100トンほどの水揚げしかなく、今日などはたったの8.5トンだけ 汗

ロシア水域にサンマが来遊していので、各船ともに遠く東の公海上での操業となっていて、毎日の情報をチェックしているけれどまとまった漁獲がほとんど見られずに各船ともにかなり苦戦しているのが分かります。 漁期前の予想で、厳しい漁模様が伝えられていましたが、ここまでサンマがいないとは。。。 いかり

気仙沼市内の観光施設でも、いまの時期はカツオと並んでサンマがばんばん売れているはずなのに、今年は昨年水揚げされた冷凍さんまを解凍したものの販売が中心で、来年はこの冷凍さんまもなくなってしまうのではないかとちょっと心配。 解凍さんまが200g、今季のサンマは100g、なんか複雑です face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:36

2020年09月25日

台風警戒し出漁見合せのかつお船団


台風12号の三陸沿岸への接近にともなって、きのうの午後からだんだんと風が強くなってきた気仙沼。 きょうは朝から一日中雨の予報となっていて、台風通過をじっと待つそんな週末となっています 雨

今週半ば以降に水揚げをおこなったカツオ一本釣り各船は、台風を警戒してほとんどが出漁せずに気仙沼港で係船態勢をとっていて、勝倉漁業の問屋船でも83佐賀明神丸と安市丸が在港中 いかり

港町の出港岸壁やプラザ下の横付け専用岸壁にもたくさんの船がぎっしりと付けられていて、まさに台風ならではの湾内の光景となっています。 それでも台風が東にそれたから陸上への被害は避けられた感じがしますが、沖合いで台風をかわしている漁船には引き続き十分に注意してもらいたいですね 船

湾内にこんなに多くの船がいると、その乗組員の皆さんは入港金を持って街に繰り出すことになる。 それぞれのなじみのお店でゆっくりとお食事をしたりお酒を飲んだりと、乗組員の皆さんにはこの台風明けまでの貴重なお休みに少しでもリフレッシュしてくれたらなあと。 あまり飲みすぎないようにね beer

魚市場前の「みしおね横丁」にお昼ご飯を食べに行くと、店内からテラス席までほとんど満席状態で、いつもお世話になっている船員さん達が空いたビール瓶を並べて楽しそうに談笑する姿がありました 食事

普段は水揚船のために確保している魚市場の岸壁を、きょうの魚市場への入港船・水揚げがないということで台風警戒のために係船する船に開放してくれての対応。 魚市場のご配慮に感謝します 親指

湾内にぎっしりと係船する台風警戒中の各船も、台風12号が三陸沖を通過してしまえば順次出漁体制となってきますね。 台風明けの生鮮かつおの水揚げはこのぶんでいくと週明けから週中になるのでは。 沖合いで台風をかわしたカツオ船の動向が気になるところなので、週明けの情報を待ちましょう face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:23

2020年09月24日

アンカー内湾店で「森のカレードリア」


新型コロナ禍での自粛が長く続いた反動でしょうか、この9月の4連休はここ気仙沼にもたくさんの観光客や帰省の方々などがあふれ、県外ナンバーの車も多く、観光施設はどこもいっぱいのお客さん 花丸

連休って言っても、このタイミングでバリ島に寄港となった第7勝栄丸の入港アテンドをリモートでおこなって、朝から夜遅くまで現地代理店の担当者や船頭さんらと連絡を取り合っていたので、事務所が休みというだけで普段以上に緊張感のある数日間でした。 関係者の皆さん本当にお世話さまでした タイ

おかげさまで、バリ島ベノア港でのさまざまな対応や修繕、燃料油や食料品などの積込みもスムーズにいって、日本からDHLにて空輸した資材などもジャストインタイムで受け取ることができて、ほとんどロスなく出港体制となって、もうすぐ初縄操業開始となる第7勝栄丸です。 安全航海で頑張ってください 船


そんな連休中の関係者との打合せや情報交換に、観光客でにぎわう内湾の新しくできた商業施設「迎」ムカエルの二階にあるアンカーコーヒー内湾店に行ってきました。 店内はほぼ満席のお客様です 親指

なので、内湾が一望できるテラス席を確保してもらって、ちょっと海風が冷たいけれどとても気持ちのいい秋空の下で、リゾート気分も味わいながらのランチミーティングになりました。 おススメは、内湾店でも人気のカレードリア。 ご飯は普通盛りの玄米ブレンド。 そしてカレーは森のカレーをチョイス 食事

グラタン皿であつあつに香ばしく焼き上げられたカレードリアを、ふうふう言いながら一気に食べて。 なんとか問題も解決したし、すごく気分もスッキリとアンカーコーヒー内湾店でのお食事を楽しめました icon12

内湾の市営駐車場もたくさんのお客さんでほぼ満車となっていて、GoToキャンペーンの効果なのでしょうか久しぶりにこんなに多くの来場者を見た感じが。 気仙沼の内湾にも賑わいが戻ってきました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:50

2020年09月23日

台風12号を警戒しつつのカツオ漁


台風12号が日本列島に近づきつつあるのが影響してか、どんよりと曇って時折雨模様となっている連休明けの気仙沼です。 きのうの秋分の日は気仙沼魚市場は開市での入港船の水揚げ対応でした 音符

連休明けだったこともあって、一本釣り船と旋網船の合計で生鮮かつおが450トン以上と、今季最もまとまった数量となり、通常は水揚げラインを5隻体制で同時に水揚げを行うところ、特別に6隻体制での水揚げとし、魚市場の荷捌き場にはカツオの入った500㎏タンクがずらりと並ぶ活気ある光景でした クラッカー

沖合いの大きなカツオの割合が少なくなってきて、1.8㎏以下の「小」中心の小ぶりなカツオの割合が依然多く、それでも少しづつ脂ののりも見え始めて、戻りガツオへの期待も持たせてくれているかのよう 親指



そして今週は台風12号が接近し、東北地方の三陸沿岸を25日頃に通過していく進路予想になってきたから、きょう入港したほとんどのカツオ船は出港を見合わせて湾内にての警戒態勢をとっています 汗

先に活餌を補充しての係船でもいいのですが、いま供給されている活餌があまり強くなくって、死んでいく割合も多いとかで、台風通過までの活餌の歩留まりやその損害などを考えると、台風通過後に供給受けたほうがいいとの判断で、各船ともに水揚げが終わると速やかに内湾へと移動しての係船です。 船

普段は「揚げ出し」で陸でゆっくり過ごす時間の少ないカツオ船の乗組員にとって、台風で出漁できないこうした時はほんとに貴重なリフレッシュの時間ですね。 早くとも25日の昼以降、餌場の事情によっては26日朝の出港となる見込みの各船なので、台風への備えもしっかりとゆっくり過ごしてください いかり

まだ沖で操業中の各船も、おそらくは明日には気仙沼に入港してくるのでは。 そして遠い沖合いで台風をかわす船もあるやに聞きますので、台風の進路などには十分注意して運航してほしいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:04