宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年10月25日

水揚研究所(MIZUAGE INSTITUTE)


10月も下旬となって、ますます秋が深まってきた気仙沼港です。 河北新報の朝刊には鳴子峡の紅葉が見頃となったとの記事が掲載されていたけれど、紅葉狩りにいく時間を見つけられないのが残念 もみじ

今週末には気仙沼の産業まつりと「市場で朝めし。」のイベントが開催予定なので、朝めしの前売り券を購入して楽しみにしたいと思います。 みなさんも是非ご家族やお仲間と一緒にでお出かけください クラッカー

勝倉漁業の魚問屋部門は生鮮カツオ船の水揚げ対応で早朝からの出勤。 123佐賀明神丸さんが久しぶりに入港していただきました。 乗組員の皆さんも皆元気いっぱいでの水揚げ作業です 花丸


隻数的には14隻もの入港があったけど、全体の水揚量は30トン弱にとどまっていて、前日漁獲の「新口」はその半分の量。 一隻ごとの水揚量が少ないから、朝7時くらいにはほぼ水揚げが済んで 船

太陽が顔を出す時間帯が遅くなったから、朝5時ではまだ真っ暗な中での作業となっていて、カツオ船の照らすライトのあかりがすごく眩しく感じる。 真っ黒な湾内のカツオ船の灯が幻想的な雰囲気です camera

本船が水揚げする順番がやってきて、スタンバイ完了でコンベアー稼働。 船から水揚げされるカツオをチェックしていると、乗組員のヘルメットになにか書いてあるのを発見。 「晩まで寝太郎」「寝る子は育つ」の文字が (笑) そして合羽には「水揚研究所(MIZUAGE INSTITUTE)」だって。 素敵です 音符

乗組員の皆さんも寝るまもなく頑張ってきたことへの現れなのでしょうねキラキラ 今年1月の出港以来、順調に航海を重ねてきた123佐賀明神丸です。 水揚げ高ランキングは今年ダントツの日本一。 残された今年のかつおシーズンを、事故や怪我なく元気いっぱいな笑顔で終えるように頑張ってください! face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:18

2018年10月24日

海外視察研修の打合せ会


10月も下旬となって、秋も深まってきましたね。 これからの時期は、CCSBTやICCATそしてWCPFCなどのマグロ類を管理する地域漁業管理機関の年次会合がある業界にとって大事な3か月間です タイ

気仙沼の遠洋かつお・まぐろ漁業者で組織する北かつ組合の経営研究委員会では定期的に海外視察をおこなっていて、皆さんのスケジュールを確認しながら日程調整をすすめてきました クラッカー

今回はその海外視察の打合せ会。 アンカーコーヒー・マザーポート店に集合してのミーティング。 まずはお飲物を注文ということでロイヤルミルクティーをチョイス。 それぞれ食べたいものもオーダー cup


一昨年の視察では、遠洋まぐろ延縄漁船の操業に使用するムロアジを見てきましょうという事で、中部ベトナムのダナンから沿岸沿いに南へ下っては、各浜での水揚げ状況や工場などを視察しました 船

百聞は一見に如かずではないけれど、現地に行って見聞きして、自分の仕事の中でのイメージとしても把握できているっていう事はすごく大事なこと。 それ以降の取引にもつながっていますからね 花丸

そして今回計画しているのは台湾・高雄でおこなわれる国際漁業展をメインに、日本にはない斬新なアイデアで機器類を開発している企業や、日頃お世話になっている高雄港の取引先の訪問などを予定 音符

短期間の滞在ではあるけれど、有意義な海外視察になる事はまちがいない。 もちろん、絶品の台湾グルメを味わってくるのも忘れてはいけませんよね。 勝栄丸ブログでお伝えしますのでお楽しみに 親指

急な呼びかけでしたが、タイミングよくみんなのスケジュールが合ってよかったです。 お世話頂く方々にはなにかとお手数おかけすることになると思うけど、いい視察研修となるように宜しくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:48

2018年10月23日

秋の深まり感じる気仙沼港から


北大西洋のアイルランド沖でおこなわれているクロマグロ漁には日本漁船30隻以上が出漁して、この10月は盛漁期の真っただ中。 二隻の勝栄丸も僚船とともにクロマグロ漁に奮闘中です クラッカー

気象図や海況予測などをみると、今年は大時化が続くと思われるアイルランド沖の海域なので、その中で操業する日本漁船団そして勝栄丸の各船には、くれぐれも怪我や事故などのないように、十分注意して操業してほしいと思いますね。 大西洋クロマグロ漁での好結果を期待しています 船

10月初めからの北東大西洋アイルランド沖でクロマグロ漁は、各船ごとに割振られる漁獲枠の上限に達した船から漁場を離脱する。 早くも南下中の漁業放送をだす船も見られるようになってきました 花丸


一方、ここ気仙沼港では三陸沖でのカツオ漁が終盤戦となってきて、昨日は週明けという事もあって22隻もの入港船と隻数はまとまったものの、合計で68トンで新口は48トンと、ひところに比べて明らかに少ない数量になってきました。 各船の乗組員そして魚市場職員には本当にご苦労さまです タイ

先週お伝えした記事の中で、数隻のカツオ船が漁場を切り上げて南下していったとお知らせしましたが、きのう入港・水揚げしたカツオ船の中でも漁を終わりにして切り上げる船も出てきたとの情報。 まだまとまった漁獲ができる可能性は残っていると思うので、残る船には頑張ってほしいですね キラキラ

気仙沼の早朝はすごく寒くなってきて、防寒着を着込むほどの気温。 放射冷却の影響もあるのか温度計の気温は8℃でした。 海面にはそろそろ「けあらし」も見られるようになってきて、秋を通り越して冬になってしまうんじゃないかと思うくらい。 残されたカツオ漁期はあとどれくらいなのでしょう もみじ

インド洋と北大西洋でおこなっている勝栄丸のマグロ漁を見守りつつ、気仙沼港での入港船対応。 夏場から続いている勝倉漁業スタッフにとっての繁忙期がもう少し続いてくれることを願っています face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:17

2018年10月22日

「気仙沼漁師カレンダー2019」発売開始!


今年ももうそんな時期になってきたんですね。 そう、気仙沼漁師カレンダーが発売開始になって、出張から気仙沼に戻ると、会社で注文していた部数が事務所に届いていたのでさっそく拝見です クラッカー

気仙沼の女将さんの会「つばき会」が毎年発行している気仙沼漁師カレンダー。 気仙沼湾の漁船の風景や漁師さんの日常のお仕事の一瞬を切り取った、素敵な写真にしていを毎回楽しみにしています 音符

今年の2018年版を担当した写真家は、私が大好きな竹沢うるまさんでした。 これまでの竹沢うるまさんの写真集はすべて持っていて、その魅力に取りつかれている私だから、気仙沼に撮影にこられた時に一緒にご飯を食べてはサインをもらったりしたことを思い出し、もちろんカレンダーもコレクション入り 花丸

そして気仙沼漁師カレンダーの第5弾、今回の2019年版の写真撮影を担当したのは奥山由之さん。 2011年『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞受賞。 2016年には 『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞受賞。 著作は他に『As the Call, So the Echo』『君の住む街』など多数、最新刊に『POCARI SWEAT』があり、近年では、TVCM・MV・映画など監督業も精力的に行っている方 キラキラ

『実際のところ、漁師さんって、どんな人たちなのでしょう? 千差万別。百花繚乱。個性あふれる漁師さんを探して、気仙沼を旅してみました。』っていうコメント通りに、ユニークで個性あふれる漁師さんがたくさん写真におさめらていて、これまでの写真家さんとはまた違った魅力のある作品となっています camera

勝栄丸ブログをご覧の皆さんにもぜひ一冊購入してほしい作品です。 注文はWEBページからか、もしくは電話での注文になるとの事なので、以下のリンクからアクセスしてみて下さい。 毎年の事ですが、気仙沼漁師カレンダーは大人気のためお早目の注文がお勧めですよ。 数に限りがありますから! face02

【気仙沼漁師カレンダー 販売サイト】 → http://ryoushi-calendar.com/
【気仙沼つばき会公式ホームページ】 → https://www.k-tsubakikai.com/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:35

2018年10月21日

マザーポート店の絶品「坦々まぜそば」!


爽やかな秋晴れに恵まれた気仙沼です。 朝晩はすごく寒くなってきて、これまでの時期はシャワーで十分だったけど、こう寒くなってきたんじゃお風呂がいい。 風邪をひかないように注意しましょうね 雪

今週もいろいろとお仕事がいっぱいあるなかで、毎日のスケジュールをこなしながら勝栄丸ブログを書く日々。 たくさんの皆さまにご覧頂いているので、今年もあと2か月ちょっと全力で執筆します 花丸

現在、新潟造船で建造中の勝栄丸の新造船に搭載される主機関と発電用補機関の公試運転の立ち会いなど、12月の進水に向けて着々と工事が進められているのを毎週のように確認しながら、来年のスケジュールまで検討するような時期となってきました。 一年が経つのがあっという間ですね タイ



そんな一週間を過ごしながら、週末はアンカーコーヒー・マザーポート店でのランチタイム。 ちょっとだけ肩の力を抜いてホッとする瞬間かな。 週替わりランチもいいけれど、きょうは担々麺にしようって 食事

夏も大好評だった「土日限定」の担々まぜそばがリニューアルしてスタートという情報を聞いて即注文。 好評だった「冷やし坦々まぜそば」が温かいバージョンとなって更にパワーアップしたんだとか 音符

全粒粉の太麺を使用しベースは辛くてしびれるゴマだれ。 新たに卵黄トッピングで食べ応え抜群。 実山椒のピリッと痺れるような辛さが食欲をそそる一品。 トッピングのパクチーとの相性も抜群でした 親指

夏場には食べるチャンスがなかったマザーポート店の担々まぜそば。 土日ランチだけの限定提供なので、週末にお寄りの際にはぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。 私はすごく気に入りました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:21

2018年10月20日

シーズン終盤戦の三陸沖かつお漁


このところ出張で気仙沼を出たり入ったりと、魚市場での水揚げに立ち会う機会が少なかったけれど、週末の入港船には早朝からの現場で対応することができて。 会社のスタッフの皆さんもご苦労様です 音符

最近のカツオの漁場は気仙沼からほんと至近距離の場所。 1時間も航行するとすぐ商売(操業)が開始されるから、各船の乗組員の皆さんも緊張感を持ち続けながら終盤戦の奮闘ですね 船

それでも先日までに比べるとだんだんと一日あたりの漁獲量が落ちてきて、魚群の数が少ないところに30隻ほどのカツオ船が操業しているから、カツオの群を早く見つけたもん勝ちの、船頭さん曰く「いす取りゲーム」みたいな感じなんだとか。 ソナーや素群の探索で、各船ともに頑張っています ちからこぶ

10月も間もなく下旬になろうとしていて、今週水揚げを行った数隻のカツオ船が南の海域に向けて三陸沖漁場での操業を切り上げました。 これから徐々にそういう船が増えていく時期なのかも 汗

操業隻数が少なくなると、まとまった漁獲を一発あてた船は水揚げ金額が多くなる。 今月いっぱいだけではなく、11月まで各船の操業が続き、気仙沼へのカツオの供給が継続されることを祈ります タイ

一方のサンマ棒受け網漁は、魚群が南下してきた事で漁場が比較的近場となって、大型漁船に加えて連日のように小型船によるサンマの水揚げもおこなわれるようになってきました。 各船ともに絶好調 クラッカー

サンマの価格はひと頃に比べるとだいぶ落ち着いてきましたが、それでも昨年の不漁により陸上在庫が少ない事から取扱業者の旺盛な買い意欲のもと活発な取引が行われていて活気のある気仙沼港です face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:32

2018年10月19日

まぐろのカマ焼きでの懇親会


群馬県太田市の新潟原動機太田工場でおこなわれた勝栄丸の新造船に搭載する発電用補機関の公試運転を予定通り終えて、夕方の上越新幹線に熊谷駅で乗車。 大宮経由で夜に帰還しました train_a03

一ノ関で新幹線を降りるとピリッとした空気で一段と寒さが増したような気がします。 そろそろ早朝の気仙沼湾ではこれからの時期によくみられる「けあらし」が発生する。 撮影欲がかきたてられますね camera

朝の気温が10℃を切るようになってきて、一枚ジャンパーをはおってもそれでもとても寒い。 毎日早朝から働いている魚市場職員の皆さん方もさすがに厚着になってきて。 本当にご苦労様です 雪


日が暮れるのも早くなって、帰社する頃にはもうまっくらな会社周辺。 北かつまぐろ屋での懇親会の予定だから、いったん自宅に車をおいて時間ぎりぎりにお店に行くと、懇親会がスタートしていて beer

目の前にはブーメランみたいな形をしたメバチマグロのカマ焼きがドーンと! 最近よく食べているかぶと焼きも美味しいけれど、カマ焼きも相当に美味い。 懇親会の皆さんにも大好評の様子でした 花丸

そして北かつ組合で年末におこなっている恒例行事「北かつ組合まぐろ直売キャンペーン」でも、来場者に振る舞われる「マグロのねぎま鍋」も登場。 寒い日にはこういうお鍋がとても有難いですね 親指

年末近くになってくると会社の同僚や仲間内でと忘年会を予定すると思いますが、とっても美味しいマグロ料理の数々を味わいながら賑やかな懇親の場っていうのもいいかもしれませんね。 こういう寒い日の「マグロのねぎま鍋」は本当に美味かった。 マグロのカマ焼きも脂がのって香ばしくて最高でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:39

2018年10月18日

勝栄丸に搭載の補機関公試運転


だんだんと秋が深まってきた気仙沼を離れて東北新幹線で移動、群馬県の太田市にやってきました。 勝栄丸の新造船に搭載される補機関のメーカーである新潟原動機の工場が太田市にあるんです 音符

太田工場に行くのは初めてかと思ったけれど、6年前にも一度来たことがあると記録に残っているそうで、工場に到着するとだんだんと当時の記憶がよみがえってきて。 管理棟の玄関には群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」が新潟原動機の社員証を付け帽子をかぶってお出迎えでした icon12

新潟造船ですすめている新船建造の、発電用機関として搭載される二台の補機関の公試運転が行われるのに合わせて、気仙沼で機関の整備を担当する新和エンジンの社長さんらとの立会いでした 船



新潟造船からは品質保証担当の課長さんが出席。 公試運転の前に工場の会議室で当日おこなわれる公試運転方案などの説明を受け、作業着に着替えてヘルメットと安全靴を着用して現場に タイ

二台搭載される補機関が並んで設置してあって、公試運転担当者の合図で運転作業員が補機関の始動試験から開始。 負荷試験では負荷率を25%、50%75%、100%と一定時間運転しながら、各数値データを計測・記録します。 試運転の現場は声が聞こえないくらいの音になるので耳栓を装着です 親指

軸受温度計測や保護装置試験、そして午後の時間帯には負荷特性試験、調速機性能試験、並列運転試験等をおこなって終了。 二台の補機関ともに計画通りの性能を示したとの講評。 工場案内では、主力商品のタグボート用のZペラや大型エンジン、エンジン部品などの製作工程の説明を受けました camera

来週には新造船に搭載すべく新潟造船に向け出荷される予定の補機関。 船体だけではなく、こうした一つ一つの機器類についても順次搭載されて漁船が出来上がってくる。 次週にはメインエンジンの公試運転が行われる予定です。 新潟原動機太田工場の皆さん、本当にいろいろとお世話さまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:46

2018年10月17日

小型さんま漁船の水揚げ始まる


だんだんと秋が深まってきて、朝晩はかなり冷え込みがきつくなってきた気仙沼です。 早朝の魚市場は本当に寒い。 もうそろそろ防寒着が必要になってくるかもしれませんね。 皆さんご苦労様です 雪

近海かつお一本釣り漁船団は、比較的近場の漁場形成での奮闘中。 船間差はあるものの一日に10トンほどの漁獲をする船もあって、休み明けの気仙沼では150トンほどの水揚げとなりました 花丸

一方のサンマ棒受け網漁は、漁場が北海道沖から徐々に南下し、現在は三陸沖から公海漁場までと、大型船・小型船ともに好漁に恵まれているようで、気仙沼も連日たくさんの水揚げで賑わっています 親指



シーズン初めから先日までは199トン型の大型さんま漁船が水揚げの中心でしたが、サンマの魚群が南下して気仙沼に近い場所でも漁獲されるようになってきて、小型船の入港も見られるようになり camera

サイズ組成は中型サイズが4~5割、100gほどの小型サイズが5~6割でしょうか。 漁獲する群れで多少の違いはあるものの、だいたいこのようなサイズ感。 価格も依然として維持されていますね 船

大型船では100トン台に数量をまとめてくる船も多く、一航海で2000万円ほどの水揚げにもなる。 歴史的な大不漁だった昨年から一転、漁獲量も水揚げ高もV字回復の今シーズンのサンマ漁です icon14

昨年はあまり食べる機会がなかったサンマですが、今年はけっこう食べていて、脂ののりも良くってすごく美味い。 10月28日には「市場で朝めし。」も予定されているので楽しみにしたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:59

2018年10月16日

超低温区画内の作業改善に向けて


勝栄丸の新船建造をおこなっている新潟造船への出張から気仙沼に戻った週明け。 昨年から気仙沼でおこなっている「まぐろ延縄漁業カイゼン検討会」の作業部会が開催され出席してきました タイ

近海・遠洋でおこなわれるマグロ延縄漁の船上でのさまざまな漁撈作業を効率化し、乗組員の作業負担を軽減し、これまでに比べより楽に生産活動ができることを目的におこなっているプロジェクト 音符

いくつかの作業部会に分かれての活動で、私たちのグループは超低温区画内での作業負担軽減がテーマ。 第8回目となる今回の作業部会の会場は小野寺鐵工所をお借りして開催されました 船


東京から日かつ漁協、日本鰹鮪漁業開発、開発調査センターの各担当も参加。 気仙沼市やまぐろ漁業者、北かつ組合、そしてトヨタ自動車東日本の方々など、20名程での検討会となりました マイク

超低温区画内で冷凍マグロの棚卸しの際に使用するグレーズタンク。 参加漁業者から提供いただいたグレーズタンクに水を張って準備。 ボンベをまぐろに見立ててグレーズ処理のデモンストレーション キラキラ

既存のグレーズタンクに改良を加えていく検討をしている中で、グループリーダー自らスマートスーツを装着しての作業体験。 参加メンバーからさまざまなアイデアが出されて、だんだんと方向性が見えてきたような感じがします。 船頭さんOBの方々からも、これまでの経験からのお話しを頂きました camera

今月末には、トヨタ自動車東日本の社長さんや気仙沼市長、そしてマスコミ関係者などを前にしての中間発表会が行われる予定。 ここまで検討してきた内容を取りまとめ報告したいと思います。 カイゼン検討会作業部会に出席された皆さん、今回も活発な議論を有難うございました。 お疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:36