宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年05月06日

自家焙煎珈琲 つばさカフェ


大型連休も最終日となりましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。 私は、この休暇中も各水域でマグロ漁をおこなっている勝栄丸各船との日々の連絡などを確認したり、ゆっくりと自分の時間を過ごすことができていますね。 連休明けの仕事への準備もあらかた終わったのでランチにでかけてきました クラッカー

気仙沼市から一関に向かってちょっと車を走らせて。 初めて行ったのでなかなか場所がわかりずらい感じでしたが、室根西小学校の裏手の丘の上に昨年オープンした「自家焙煎珈琲 つばさカフェ」さんに行ってみる事に。 お墓のなかの細い道を通っていくので、初めての方はかなり戸惑うかと思います 音符

私は初めてでしたが、とても評判のお店でランチは混み合うとの話を聞いて、ちょっと早いかと思ったけれど11時頃にはお店に到着。 予想通りに駐車場は多くのお客さんの車でいっぱい。 少しだけ待って席に案内していただきました。 ナチュラルな色調、アクセントのブルーがすごく爽やかな店内です 花丸

ランチタイムは11時から14時半まで。 定休日は火曜日と最終水曜日。 朝7時から営業しているそうなので、まわりには何もない自然豊かな環境でいただくモーニングも次はいいかもしれませんね マイク



一番人気だというオムライス、キーマカレーやガパオライスなどを注文。 さすがに評判を呼ぶだけあって、どれもすごく美味しいお料理。 特にキーマカレーが気に入りました。 今までで食べたカレーの中で、個人的な感想では5本の指に入るかな。 なかなかこういうカレーにはめぐり合えません 食事

オムライスもふんわり卵とケチャップライスがすごく優しい味。 自家製のデミグラスソースも最高に美味いですね、女性客にも好まれそう。 適度なボリューム感も私にはちょうどいい感じがしました 親指

店内はそれほど広くはないけれど、お客さん同士の視線が合わないよう工夫がされています。 そして室根といえばパラグライダー。 お店の店主はパラグライダースクールの運営者の方で、店名の「つばさ」はパラグライダーやフライトにちなんで、誰もが覚えやすい名前ということでこれにしたんだとか 飛行機

食後にいただいた自家焙煎珈琲とデザートのケーキもすごく気に入りました。 気仙沼市内からだと約15~20分ほどの距離でしょうか。 日常を離れてホッと一息したいときにお勧めのお店ですね。 出張への道中に立ち寄りたいお店がまた一つ増えたような。 丘の上の「つばさカフェ」、とっても素敵なお店です face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:03

2018年05月05日

金曜日限定!潮見そば


大型連休もあっというまに終わりそうで、皆さんはどういう休暇をお過ごしでしょうか。 行楽地はどこもたくさんの人出。 気仙沼の商業施設も駐車場に入る車で大渋滞で、すごく賑わっているみたい クラッカー

連休の後半戦は昨日までは天候が不安定で、雨模様で気温が比較的低くって、先日までの暑さがうそのようでしたが、きょうからはまた天候が回復して、どこかに出かけてみたくなるような感じがします 温泉

連休中も沖の漁場では、勝栄丸各船がマグロとの格闘中。 もう少しの操業で冷凍運搬船との会合・転載を予定している大西洋操業組。 太平洋漁場では123勝栄丸が終盤戦の操業に奮闘中で、乗組員の皆さんが帰航・帰国するのもあと僅かになってきたから、元気な顔を見るのが楽しみですね 船

休暇中にもかかわらず、だれもいない事務所でのお仕事を終えて、田中前の人気店「まるき」さんに車を走らせて。 連休中だから行列を作っているかと思いきや、Goodタイミングですぐに席に案内されて 親指

金曜日限定の「潮見そば」を注文。 気仙沼の景勝地・岩井崎の塩を使い、魚介類からだしをとったスープ。 麺は細麺で、見た目もシンプルな塩ラーメンだけど、すごくコクがあってこれが美味いんです 食事

食べながらふと後ろを見れば外まで続く行列になっていて、入店したタイミングが良かっただけ、すごくラッキーでした。 金曜日にだけ楽しめる曜日限定メニュー。 この日だけは煮干そばの提供なし noodle

つけ麺にしようか、辛つけにしようか、はたまた中華そばもいいかなどと、ひさびさに金曜日限定潮見そばを食べたけど、やっぱ正解でしたね。 あっさりした中にもうま味が出ててすごく美味しい一杯でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:07

2018年05月04日

防潮堤施工ミス問題の説明会


勝倉漁業がかつて本社屋を構えていた内湾地区の魚町地区。 そこへの整備工事が進められている防潮堤の施工にミスがあり、高さを間違えて造ってしまった問題についての説明会が開催されました タイ

当初は防潮堤なんかいらないという意見が大勢を占めていたものの、長い期間をかけて何度も話し合いを重ねて、ある一つの結論に達して、住民側と行政側の合意をもとに進められてきた事業です ブック

防潮堤は整備することになるけれども、できるだけ海が見える景観を維持したいと、上部1mについてはフラップゲートを採用し実際の防潮堤高を下げ、さらには震災後に自然隆起した22cmを差引く設計に変更。 合意通りに工事が進められていると思っていたら、隆起分を設計に反映していなかったという大失態 汗

宮城県地方振興事務所の所長さんからの謝罪のあとに、担当者からどのように間違ったのかの説明と3つの対策案が示されました。 ①防潮堤の上部を作り直す案。 ②陸側の道路と宅地の嵩上げ案。 そして③施工ミスそのままに施工する案。 そもそも、今回の施工ミスがどこに責任があるのか説明がはっきりしない。 県側のミスで生じたものであれば、その費用負担は県が持つのは当然だけれども、業者のミスであれば業者が負担するのが当たり前。 県からは、過失割合を精査中であるとの答弁でした icon12

いずれにせよ、ただでさえ遅れている内湾地区の復旧・復興が、こうした影響でさらに遅れが生じるのは頭の痛いところ。 防潮堤を計画高通りに造りなおしても、陸側の土地区画整理事業のスケジュールに影響がないとの説明もあり、県としては当初の計画通りに造りなおすことが当然の唯一の対策案だと考えます。 説明会の中で発言の機会を頂けたので、率直に意見を述べさせていただきました マイク

いつまでも結論を先延ばしすることはできないので、まちづくり協議会では5月中旬以降の早い段階で会合をもって結論を出していく予定だとか。 地権者等の意見を聞く会合も予定するそうなので、今までの議論が無にならないような判断と結論を望みます。 最終的にどういう決定が行われるのか引き続き注視していきたいと思いますが、防潮堤の件はやはり当事者以外には他人ごとなんだなあと改めて感じました face06
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:59

2018年05月03日

気仙沼「〇安」での情報交換


大型連休後半に入り、きょうは雨模様の肌寒い気仙沼です。 県外ナンバーの車もたくさん見られるようになってきて、市内の道路も混雑気味ですかね。 市内の商業施設も賑わっているみたい クラッカー

年に何度か、情報交換をかねて不定期でおこなっている集いがあって、ゴールデンウィークのタイミングでみんな都合がいいっていうから急きょ集まることになりました。 会場はもちろん我らが〇安さんです 音符

70年以上にもわたって、気仙沼の庶民の味を守り続けてくれている焼き鳥の〇安さん。 かつては南町の横丁にあって、東日本大震災での被災を契機に仮設商店街での営業を経て、今のところにお店を構えたのが昨年の7月。 以来、何度となくお店に通っては楽しい時間を過ごさせて頂いています 親指

連休という事もあってか、テーブル席とカウンターの店内は大勢のお客さんでほぼ満席。 気仙沼に帰省した方々なども、昔から親しんだ〇安さんの味を求めて大勢いらしているんだとか。 その中で私たちは一番奥のいつもの席を確保してもらって、まずは生ビールで乾杯です。 いつもお世話様です beer

こういう時には本音の話ができる。 あまり大きな声では言えないような微妙なうわさ話なども、こうした喧騒のなかでは安全に話ができるからいい。 焼き鳥と湯豆腐をつまみながらの情報交換でした 食事

日頃、勝栄丸の運航を支えて頂いている業者の皆さん方に、感謝と御礼を伝えるいい機会でしたが、逆にこちらがご馳走になってしまったみたいで本当に申し訳ないですね。 ありがとうざいました 花丸

また近いうちに、こういう情報交換の場をまた設定したいもの。 〇安さんでの有意義なひと時でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:23

2018年05月02日

五十鈴神社での海上安全祈願


ゴールデンウィークの前半戦がおわりましたね。 皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。 日頃のストレスや疲れを癒すいい休暇になったのではないかと思います。 天気もよくてなによりでした 晴れ

早いものでもう5月になって、春というよりは初夏の気温につつまれた気仙沼です。 毎年この時期に行われる、気仙沼漁業協同組合主催による海上安全と大漁を祈願する神事が執り行われました タイ

気仙沼内湾の五十鈴神社には、続々と関係者が集まってきて、新聞社やテレビ局などの取材陣もたくさん入っていて。 到着すると気仙沼漁協の齋藤組合長がインタビュー取材で囲まれていました 映画


開始時間となって社殿に案内されて。 気仙沼の漁業・水産関係者、気仙沼市長さんをはじめとした市役所の方々、県の出先機関や海上保安庁、警察署、漁協の支部の方々など約40名ほどが参列 船

気仙沼の関係漁船62社88隻の社名と船名を順次読み上げて頂いて。 祝詞奏上に続いて、出漁漁業者を代表して二礼二拍手一礼の作法での玉串奉天。 心が静まって、とても厳かな時間でした 花丸

気仙沼の関係漁船、そして勝栄丸各船の航海安全と大漁を願い、五十鈴神社でおこなった神事のあとは、御座船に乗り込んでの湾内めぐり。 大島沖で竜宮丸を海上に浮かべ安全操業と大漁を願いました 親指

内湾を見渡すと、防潮堤や土地の嵩上げ工事がおこなわれていて、五十鈴神社への参道の整備もまだまだ時間がかかりそうな様子。 帰りしなに社殿からの階段を下りながら久々に湾内を見渡しました いかり

天候にも恵まれた今年の海上安全・大漁祈願祭。 関係者の皆さま、お忙しいなかお疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:04

2018年05月01日

まぐろ延縄漁業のカイゼン検討会


気仙沼の遠洋・近海まぐろ延縄漁業を「カイゼン」していこうというプロジェクトが昨年からおこなわれていて、大手自動車会社や気仙沼市の協力を頂いての検討会が発足して1年が経とうとしています タイ

長年のあいだの技術の蓄積であるまぐろ延縄漁というお仕事を改善していくのはものすごく大変な事業。 この一年間に何度も会合を重ねて話し合いを行ってきたけれど、具体的な成果はまだ見えません icon12

協力体制のお願いにも期限があることから、スケジュール的にはしりに火が付いた状態ではある。 それでも着実に検討を重ねて、将来のマグロ延縄漁業を形作っていかなければなりませんからね 船

二年目の活動を前に、カイゼン検討会のメンバーが集まっての会議がもたれ、今後検討していくテーマとスケジュールなどについての率直な意見を述べ合いました。 テーマとして掲げたのは大きく3つ。 そのテーマごとにリーダーを決めて班分けして、今後の検討を進めていくんです icon14

どれをとっても難しい課題で、簡単に結果が導き出せるテーマはひとつもありません。 現役やOBの乗組員のお知恵を借りる場面も出てくるでしょう。 私たちが主体となって真剣に取り組んでこそ道は開かれると信じ、これから一年間のカイゼン検討会の活動を行っていこうと思います ブック

まずは5月に予定されているキックオフ・ミーティングから。 それまでにグループごとの検討テーマや年間スケジュールを作成しなければならないから、皆さんも本当に真剣な表情での議論でした camera

ブログを通じてお伝えできることはまだまだ少ないですけど、関係者の皆さんにもご協力をお願いする事がたくさん出てくるかと思いますので、今後ともご指導・ご鞭撻のほどどうぞ宜しくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:09

2018年04月30日

昭栄庵の「味噌バターチャーシュー」


今年もゴールデンウィークに突入しましたね。 天候にも恵まれて、気仙沼の商業施設などは帰省客や家族連れなどでどこも繁盛しているみたいです。 気仙沼の経済にもいい影響があるといですね 音符

先日の新聞報道で、気仙沼や本吉地方の多くの宿泊施設ではまだ空き室があるんだとか。 気仙沼に遊びに行こうっていう人にとっては朗報。 まだまだ間にあうので計画してみてはいかがでしょうか 温泉

なか二日間を休みにすると最長9連休にもなるけれど、これから帰航する船のさまざまな手配があるから勝倉漁業の連休は暦通り。 4月29日と30日は休業、5月1日と2日は通常営業、そして5月3日から6日までは4連休のお休みを頂いていますので、取引先関係者の皆さんには宜しくお願いします いかり

連休中とあって、市内の飲食店はどこも多くのお客様。 なので久しぶりに昭栄庵のラーメンを食べに行ってきました。 もちろん「味噌バターチャーシュー」ですよね。 メニューにも一番人気と書いてあって 食事

となり席には復旧工事関係者の皆さんでしょうか、味噌ラーメンに大盛りライスと素晴らしい食欲。 私達は普通盛りだったけれども、なんか昔より量が多くなったような。 優しい味のスープによく合う麺、そして挽肉入りのもやし炒めとチャーシューのトッピング。 やっぱ最高に美味い気仙沼の味です 食事

大型連休前半戦は、あっという間に終わりそうだけれども、少しはゆっくりしたいなあと思います。 精神的にも体力的にも鋭気を養って、連休明けの仕事に備えようと。 ちょうどいいランチタイムでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:06

2018年04月29日

今年のカツオの来遊量予測は!


毎年この時期に気仙沼で開催される今季のかつおの漁況、三陸沖への来遊量を予想する講演会。 昨年までは私達がカツオ博士と呼んでいる茨城大学客員教授の二平先生による講演でしたが、今年は気仙沼市と東京海洋大学の連携事業である「海と生きる」連続水産セミナーの第4回として開催です クラッカー

今年のかつおセミナーの講師として招いたのは、水産庁の福田調査官、宮崎県水産試験場の東さん、そして漁業情報サービスセンターの谷津技術専門員。 22年連続生鮮かつお水揚げ日本一を目指す気仙沼の関係者にとって最大の関心事なので、勝倉漁業の社員とともに出席し聴講してきました タイ

まず水産庁の福田調査官から、かつおの資源・管理状況がどうなっているのか、中西部太平洋におけるカツオの現状や資源管理をおこなうWCPFCについて、そこでのカツオ資源評価や今後の対応などについてのプレゼン。 改めておさらいする内容でしたが、分かりやすくてすごく参考になりました 花丸

日本沿岸への来遊量減少は熱帯水域における大型巻き網漁船の増大が原因で隻数抑制が必要であり、縁辺水域への影響を考慮して管理を進めるべきだと主張する日本に対し、太平洋島嶼国はそもそもカツオは北緯20度を境に南北で別資源だとの主張を展開し、日本近海でのカツオの不漁は熱帯水域での大型巻き網船の漁獲増とは全く関係なしとする立場。 太平洋を広く回遊するカツオの資源管理は国際的な枠組みの下でおこなわれているので、日本の主張を推し進めるのはすごく大変な交渉ですね 船

そして最大の関心事である、三陸沖での今年のカツオの漁況はどうなのか。 宮崎県水産試験場の東さんとJAFICの谷津さんの見解では、両者ともに「ある程度望める年」「前年をやや上回る可能性あり」との微妙な予測。 今期のかつおシーズンを占うのはすごく難しいのは分かるけれど、もう少しはっきりした結論を聞きたかったなあと思います。 不漁年だった昨年を「大幅に上回る」ことを期待しましょう icon14

いずれにせよ、本格的なカツオの水揚げが始まればわかること。 気仙沼市の魚である「カツオ」の水揚げに大きな期待を寄せる私たちにとっては、今年は大漁に恵まれるシーズンにしたいですね。 講師の先生方そしてセミナーを開催して頂いた関係者の皆さん、たくさんの出席者の皆さん、お疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:58

2018年04月28日

夜の部の「Kamitanaka Base Diner」


大型連休直前の週末。 月末の決済などで事務所内でのお仕事もひと段落した午後。 予定をしていなかったお客様が会社にお越しになって、会社の応接室で急遽いろいろと情報交換となりました タイ

いま勝倉漁業が来年の竣工を目指して新船建造をすすめている、その造船所の営業部隊の皆さん。 今月には予定通りに建造契約まですすんで、毎週のようにお会いしているような気がしますね 船

漁船建造を巡る世の中の動きや、勝栄丸の建造に向けてのスケジュール、そして帰国する船員にあわせての仕様の最終打ち合わせのお話しなど。 これからも頻繁にお会いすることになりそうです 音符



約1時間程の打合せを終え、気仙沼にお泊まりとの事なので、それならば一緒に食事にでも行きましょうという事になり、上田中地区の話題のお店「Kamitanaka Base Diner」さんにお連れしました クラッカー

私の自宅からも至近距離なので、いったん車を自宅において歩いていける距離。 近所にこういうお店があるととっても便利ですよね。 お昼は行った事があるけれど、夜におじゃまするのは初めて。 いろいろと話しだけは聞いていたけれど、どんなお料理なのか期待値MAXでの会食でした 花丸

お勧めだっていう、ステーキや牛タン焼き、手羽先の甘辛、サラダにピザ、絶品の豆腐料理など。 気仙沼には魚介類を期待してきたのかもしれないけれど、こういう肩ひじ張らないディナーもすごく楽しんで頂けたのではないかと思いますね。 夜の部の「Kamitanaka Base Diner」もすごく気に入りました 食事

またお客さんがきた時や何かの会合などで使わせて頂きたいと思います。 ほんとごちそうさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:57

2018年04月27日

勝栄丸向け餌料の打合せ


大西洋でマグロ漁をおこなっている勝倉漁業の第1勝栄丸と第7勝栄丸の今シーズンの操業もあと僅かとなって、近々の日程で冷凍運搬船との会合、漁獲物の転載も予定するタイミングとなりました 花丸

社内から昇格し今航海から第1勝栄丸の指揮を執る船頭さんのもと、順調な操業を続けて間もなく航海が終了するところまできましたね。 そして第7勝栄丸の船頭さんはその兄貴分として活躍中 船

航海が終了する前。 そのタイミングで私たち陸上スタッフがおこなう事は、次の航海に向けての準備や手配など。 外地ドックへの技師の派遣や部品などの手配。 次の航海で使用する延縄漁の餌料や漁具・資材。 帰国する船員たちの航空チケットや移動の段取りなど。 様々なお仕事があるんです タイ

なかでも延縄漁に使用する餌の手配は、前広に手配をかけなければなりません。 玉がなければ戦ができませんからね。 数年前から世界中でイカ類の不漁が続いていて、その影響で価格が高騰している。 主力のアルゼンチン海域の松イカをあてにしては、取引先業者と打合せを兼ねてのランチでした 食事

各産地から冷凍コンテナでスペインのLasPalmas港に直送。 次航海の開始に間に合うように、乗組員が帰国する前には手配完了となるのが通常。 なんとか手配できてほっと一息です 親指

もちろん、日本近海で漁獲されるイワシなどの新鮮な餌、そして中国や台湾、ベトナムなどから日本そして世界の基地港へと輸送するまぐろ延縄用の餌料。 取引先の皆さんのご協力のおかげですね 船

5月には大西洋操業船の乗組員が空路にて帰国する予定なので、皆さんとの再会が楽しみです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:58