宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年06月30日

気仙沼漁協の通常総会開催


各業界団体などの通常総会の最後を締めくくるようなタイミングで、気仙沼漁業協同組合の通常総会が開催されました。 昨年の総会で佐藤組合長から齋藤組合長にバトンタッチして初めての総会 クラッカー

私も理事として一年間運営にタッチしてきた組合運営。 この一年間を振り返りながら今後の抱負を語る組合長の挨拶を理事者席から拝聴。 気仙沼市長をはじめ多数のご来賓を迎えての総会でした タイ

気仙沼魚市場の昨年の実績は、数量で73900トン、金額で189億円となり、残念ながら前年実績を下回る結果となりました。 気仙沼主要魚種、サンマやカツオなどの水揚げ量の減少が大きな要因 汗

かつお一本釣りでいえば、数量で6500t、金額で25億円もの大幅な減少となり、まき網漁船による水揚げが16億円増加したものの上記の結果となって。 今年は、漁船誘致にさらに力を入れるなどで、数量で10万トン、金額で190億円を目指し取組んでいくとの決意ともとれる組合長の挨拶でした マイク

日本の漁船漁業は、漁獲努力量による管理(インプットコントロール)からTACでの管理(アウトプットコントロール)に移行するなか、魚種交代によるサバやイワシなどの青物の取扱いを増やしていく方針も述べられて。 まぐろ延縄漁船の代船建造に協力していくことについても言及されました 船

いま気仙沼魚市場で新たに整備している高度衛生管理型の新市場棟。 CD棟・E棟の完成・供用開始に向けて、新たな衛生管理への対応や漁港間競争激化の時代、選ばれる気仙沼港にしていかなければなりません。 水産加工業者の原魚不足や人手不足への対応も重要ですね icon12

総会で退任となる西川専務の送別会を兼ねた懇親会では、市場職員から退任される専務さんへの花束贈呈。 お別れの最後の一句が心に残って。 これまで本当にお世話になり有難うございました m(__)m

気仙沼漁協の理事としての2年目が始まります。 市場関係者の皆さんこれからも宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:28

2018年06月29日

みらい造船小鯖工場から下架に


インド洋そして南太平洋でのマグロ漁を終えて母港の気仙沼に帰港した勝倉漁業の第123勝栄丸。 次航海に向けての船体・機器類の整備のために、みらい造船小鯖工場に上架しての工事も終えて クラッカー

真夏のような気温に上昇したほんとうに暑い日の下架。 朝8時半の集合時間には乗組員の皆さんが本船に乗船。 最終的なチェックをおこなったのち、ゆっくりと海に戻る船体。 ドック工事が終わりました 花丸

普段上架している木戸浦造船の船台が新造船や修繕船でうまっていることもあって、小鯖造船さんにお世話になる事になりました。 予定よりも数日ずれたものの全体のスケジュールには影響なし タイ

工事にあたった塗装業者や機器類の整備業者の皆さん、限られた日数の中での忙しい工期だったのにも関わらず、きっちりと仕上げて頂きました。 いつもいつも頼りになる皆さん、ありがとうございました 船

みらい造船小鯖工場を下架した本船は、港町の出港岸壁に艫付け。 船と船のあいだに本船を固定する作業は、周囲の船に気を配りながら防舷材などで船体を保護しつつ進められます。 アンカーをうって、もやい綱を何本もビットに固定して、取引先業者の皆さんにもお手伝い頂いての作業でした camera

7月にはいると燃料油の積込みや漁具資材そして餌料などの積込みが開始されますが、しばらくはこの場所で待機という事になりますね。 残りの整備に関しては出港予定に間に合うように進めて頂くよう、関係業者の皆さんには改めてお願いするところ。 どうぞ宜しくお願い致します icon12

気仙沼港内の岸壁では、サンマ漁の開始に向けての艤装作業が急ピッチでおこなわれていて、横付けできる岸壁が空いていない状況。 本船の仕込み作業開始まではなんとかなるかと思うけど、タイミングを見計らって船のシフトを考えねば。 情報交換しながら譲り合って岸壁を利用してほしいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:36

2018年06月28日

斎民商店での漁具・資材打合せ


インド洋そして南太平洋でのマグロ漁から今月10日に気仙沼に帰港した勝倉漁業の第123勝栄丸。 現在本船は、みらい造船小鯖工場に上架して船体整備中。 ようやくドック最終段階まできました 花丸

本船の整備や修理は取引先業者に全面的にお任せしているので、乗組員の皆さんはそれぞれのプライベートな時間を過ごしている真っ最中ですが、時間を調整して頂いての打合せです camera

気仙沼魚市場前、海の市の対面にお店を構える斎民商店さんに幹部船員が集合。 次の航海に使用する漁具や資材などのカタログやサンプルを確認しながら、あらかじめチェックしていた本船の在庫品不足を埋めていく作業。 本当に細かな品物ひとつひとつにまで斎民商店の皆さんに対応して頂きました タイ

陸上でのお仕事では必要なものをその都度購入すればよいのですが、そう簡単に港に寄る事のできない環境の遠洋まぐろ船では、必要と思われるものはあらかじめ積込んで出漁しなければなりません。 過去の仕込品データをチェックしながら、新たに積込む資についての品定めと発注の作業です icon12

約2時間ほどの打合せでも全部が決まったわけではなく、出漁準備をする中でも追加のオーダーがでてくるのはいつもの事。 斎民商店さんをはじめ取引先の皆さんには、対応のほど宜しくお願いします icon14

普段の出漁時には、漁具・資材の積込む量がトラック数台分にもなる。 このオーダーを取りまとめて本船に納入する準備をするのも大変な作業かと思います。 店内には他社のマグロ船などに納入する品々が、船名や船員名の記載入りできっちりと整理されていて、商売繁盛なによりですね 親指

いつも本当にお世話になっている斎民商店さんでの漁具・資材等の発注打合せ。 来月の積込みに向けて、これからさまざまな手配が進められますが、乗組員の皆さんにも対応のほど宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:59

2018年06月27日

第18昭福丸が気仙沼を出港!


真夏のような晴天に恵まれた気仙沼港です。 朝から気温がぐんぐんとあがって、半袖でも汗ばむほどの陽気。 無風快晴の絶好の出港日和の大安吉日、第18昭福丸さんの出船送りに行ってきました クラッカー

気仙沼の臼福本店が所有する18昭福丸さんは、2014年に竣工したまだ新しい遠洋まぐろ延縄漁船。 それでも新船建造からはやくも5年目の航海となるのですね。 時間の経つのは早いものです 船

出港時間に合わせコの字岸壁に到着するともうすでにたくさんの見送り人が。 会長さんや社長さんそして本船の指揮を執る船頭さん、そして普段お世話になっている取引先の方々などにご挨拶 タイ


船首と船尾に社旗と大漁旗が掲揚され、出港気分が盛り上がりますね。 甲板上への関係者集合で出港前の乾杯の儀式の開始。 関係者と乗組員が勢揃いで、紙コップに入ったお神酒が配られて beer

社長さんから船頭さんと乗組員の皆さんへの激励の挨拶に続き杯を高らかに乾杯。 勝栄丸各船も日頃お世話になっている船頭さんに改めて御礼と激励の言葉を交わして出港スタンバイとなりました 花丸

吉田造船さんの作業艇のサポートを受けてゆっくりと離岸する本船。 出船送りの皆さんは手に大漁旗の小旗を振って、彩とりどりの紙テープを引いて、本船の航海安全と大漁を祈りながらのお見送りです 親指

気仙沼港を出港してこれから一路補給地のバリ島ベノア港をめざし、南インド洋でのミナミマグロ操業を行う18昭福丸さん。 長期航海となりますが、船頭さんや乗組員の皆さんにはお体には十分気を付けられ、怪我や事故等のないように、また笑顔で帰港する日を楽しみにお待ちしています icon14

新造船から5年目の航海へと船出した臼福本店の第18昭福丸。 気を付けて行ってきてください face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:51

2018年06月26日

手打ち蕎麦「俚楽」で鴨ざるランチ


東京でおこなわれた業界団体の通常総会に二日続けての出席となって、日頃お世話になっている全国の漁業者の皆さんや日かつ漁協をはじめとする漁業関係団体の皆さん、そして水産庁の幹部の方々やマスコミ関係者など。 たくさんの皆さまに一度にご挨拶ができたそんな先週末の数日間でした 花丸

所属船が漁獲した豪華なまぐろのお刺身をいただきながら各地の地酒を賞味して。 立食形式のパーティーって、いろんな人と次々にお話しできるのがいい。 いま勝栄丸の新船建造をお願いしている新潟造船の社長さんもお越しになっていて。 また新潟ではいろいろとお世話になりますね 船

連日の総会出席と懇親会を終えて気仙沼への帰郷。 週末だったので新幹線は結構混んでいて、東京駅なんかもものすごい人の数。 いまは観光シーズンなんでしょうかね。 東北新幹線の残り僅かの指定席をなんとかゲットしての移動。 一ノ関に到着すると気温がぐっと下がって体が楽になります train_a03


そして気仙沼への帰り道。 ちょうどお昼時だったのでちょっと寄り道をと千厩から藤沢方向に車を走らせたところにある手打ち蕎麦のお店「俚楽」さんへ。 お客さんでお店が混み合っていました 食事

俚楽さんに立ち寄るのはこれで2度目かな。 行こう行こうと思うのですが、時間がある時にでないとなかなか難しい。 そういう意味では今回は絶好のチャンスだったかも。 メニューをみて悩んだ末に、二八蕎麦の鴨ざるを注文。 十割蕎麦も選べるっていうので、次回はチャレンジしてみたいと思います 音符

お二人で切り盛りされているので、こう混み合ってくるとなかなかお店が回らない。 ちょっとだけ待たされて待望の鴨ざるが。 お昼時それもかなり遅い時間帯だったからお腹が空いてしまっていなり寿司も注文してしまいました。 お蕎麦といいい鴨汁といい、最近私のお気に入りのお蕎麦屋さんですね 親指

お店に入る時には曇っていて比較的涼しかった天気も、お蕎麦を食べて外に出たら日差しが戻って暑いくらいになっていて。 今週は123勝栄丸の下架や気仙沼漁協の通常総会なども予定しているので、また忙しい日々が続きそう。 俚楽さんの美味しいお蕎麦をたべてちょっとリフレッシュした帰り道でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:42

2018年06月25日

123佐賀明神丸が今季初入港!


東京での連日の総会出席から気仙沼に戻った週明けのきょう。 朝からぐんぐんと気温が上がって、まるで一気に真夏になったかのような気温に包まれた気仙沼港です。 梅雨が明けてしまったのしょうかね 晴れ

その夏のような陽気に合わせるように、かつお一本釣り漁船の第123佐賀明神丸さんが今季初めて気仙沼港に入港。 生鮮かつおの水揚げとなりました。 ひさびさに朝早くから魚市場でスタンバイです 船

午前6時過ぎ、もうすでに日も高くなり、日なたにいるとじりじりと照り付ける太陽がまぶしい朝。 気仙沼港の入り口から123佐賀明神丸の船影が徐々に大きくなってきて、17番ホームに到着。 昨年秋以来ひさしぶりの入港に、勝倉漁業のスタッフたちや取引先業者の方々など勢揃いでお出迎えでした クラッカー


今季のかつお漁も順調な航海と水揚げを重ね、出漁漁船の中でトップクラスの成績をひた走る本船。 着岸する本船の船員からは、「3億円一番乗り」との声があって、皆元気で張り切っている様子 花丸

現在各船がおこなっているびんちょうの漁場も東経157度付近と相当遠い海域での操業となっているとの事で、比較的近場のカツオの漁場での漁模様推移と併せ、各船ともに熟慮の航海みたいです タイ

いまの気仙沼でのびんちょう主体での水揚げがもう少し続いてくれることを願いつつ、徐々にカツオ漁にシフトしてくる頃には気仙沼港への本格的な集中入港を期待したいと思いますね。 今季はこれまで順調に水揚げを伸ばしてきている各船のこれからの操業が安全で大漁でありますように祈ります icon14

今季初入港の123佐賀明神丸の乗組員の皆さん、今年もどうぞ宜しくお願いします。 気仙沼での水揚げを終えた本船は餌場経由で漁場に向けて出航の予定です。 カツオ船とともに夏がやってきました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:29

2018年06月24日

「ニホンバシ」での懇親パーティー


今週末は東京での業界団体の総会に出席が続き、日頃お世話になっている全国からの漁業者の皆さんや、日かつ漁協や各業界団体、そして水産庁の方々などにご挨拶する大事な数日間を過ごして 花丸

昨日の勝栄丸ブログでも書いたように、喫緊の課題である新人乗組員の育成に向けてのさまざまな取組が行われていて、ようやくその成果が芽吹いてきたと総会の事業報告でもありましたが、まだまだスタートラインに立ったばかりのところと認識し、さらに力を入れて取り組んでいかなければなりません マイク

新人船員の確保・育成というのはそう簡単にいくものではなく、気仙沼の船主が経験してきたように、乗船した新人船員が継続して乗船し続け、海技免状を取得して幹部船員として成長し、一生涯ほこりをもって携わる仕事として選択してもらう。 そこまで行って初めて完結するんだと思いますね タイ

気仙沼から声をあげて始まった新人船員の育成事業が、いまでは全国規模で同じ意識を共有し取組むようになったのは素晴らしい事。 今年一年間でまた新たな可能性を見つけていきたいと思います 船

日かつ漁協の通常総会が終わって、場所を茅場町の証券会館ビルの7階「ニホンバシ」に移しての懇親会。 ホテルオークラレストランのお料理に加えて、日かつ漁協所属漁船が漁獲したカツオやマグロのお刺身がドーンと登場。 豪華なお刺身の登場に出席者の皆さんがスマホでの写真撮影でした camera

きょうの写真は岩手県宮古の清福丸さんが南インド洋で漁獲した素晴らしいミナミマグロ。 その他にも御前崎の遠洋かつお船・日光丸さんのトロかつおや、三重県の長久丸さんが大西洋で漁獲したメバチマグロなど。 美味しいお刺身の前には手にお皿と箸を持ったお客さんが行列を作っていました 食事

日かつ漁協組合長の挨拶で始まった懇親会。 日頃お世話になっている取引先の方々も大勢ご招待してのパーティーです。 名刺交換しながらさまざまな情報交換やお話しで盛り上がって気が付けばあっという間の2時間でした。 今年も出漁各船が安航そして大漁で、各社ともに商売繁盛でありますように face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:32

2018年06月23日

日かつ漁協の通常総会に出席


日本の遠洋かつお・まぐろ漁船が加盟する日かつ漁協の通常総会が開催され出席してきました。 江東区永代の日かつ漁協の大会議室には全国からの組合員が大勢集まってきていました クラッカー

受付をすませて指定された席について。 ご来賓として出席された水産庁の幹部の皆さんや金融機関の部長さんなどにご挨拶して。 マスコミ関係者や関係団体からの出席も見られ、会場がいっぱいに 音符

毎年この時期に行われれる日かつ漁協の通常総会。 事前に総会資料が郵送されてきて、それにあらかじめ目を通しての出席。 H29年度の事業報告や決算資料、剰余金処分案などの議案や、H30年度の事業計画や収支計画、賦課金の徴収に関する議案など。 議案すべて承認となりました タイ

いま日かつ漁協で力を入れている取組としては、なんといっても日本人船員の育成ですね。 日本全国の水産高校で順次おこなっている漁業ガイダンスなどを通じて、かつお・まぐろ漁船の仕事についてしっかりと情報を伝えるなど、着実な若手船員の確保につなげていく重要な取組みを行っています 親指

その効果もあってか、徐々に私たちの漁船に乗船する新卒者も増えてきてる状況も報告されて。 それと、老朽化してきている漁船の更新・代船建造も並行して行っていかなければなりませんね。 乗組員の労働環境を改善した新しい船、これからの船員確保には欠かせない重要なプロジェクトです マイク

そして漁場の確保に向けての対策も重要。 中西部太平洋(WCPFC)、東部太平洋(IATTC)、インド洋(IOTC)、ミナミマグロ(CCSBT)、大西洋(ICCAT)で管理されるマグロ類の資源と漁業活動。 各海域でのさまざまな課題に対し、国際会議等の場でしっかりと対応していきたいと思います icon14

原油価格(WTI)の高騰による漁船の燃料油の価格も大きな問題で、その対応策にも取り組まなければなりません。 大西洋クロマグロやミナミマグロが今年から増枠になるという好環境の一方で、さまざまな課題が確認された通常総会。 これからの一年間、関係者の皆さん引続きどうぞ宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:18

2018年06月22日

まぐろ延縄漁業カイゼン検討会セミナー


大手自動車会社の協力を頂いて、昨年から気仙沼でおこなっている「まぐろ延縄漁業カイゼン検討会」の活動も2年目となり、ぜひとも着実な成果をと先日キックオフミーティングが行われたばかり。 昨年の活動を振り返るとともに、今年のテーマをいくつかし絞ってのチーム分けをおこなっての活動開始 クラッカー

そのひとつのテーマについての全体での認識を深めるため、気仙沼市のワンテン庁舎の大会議室を会場にして、講師によるセミナーが開催されました。 気仙沼の漁業会社の担当が一堂に会して camera

以前から何度も目してきたキーワードについて、その意味をひとつひとつレクチャー。 漁業者だけではなく、気仙沼市や北かつの職員も真剣に耳を傾けます。 改めてこうして説明されるとなるほどねと納得する部分が多々あって、こういう共通理解がこれからの活動を進めていく上で重要なんですよね 花丸

PowerPointをつかった約1時間半にわたるプレゼンもあっという間。 時には動画を使ってのわかりやすい比較に、私たちの認識度も格段に向上したのは確か。 皆さん十分に理解したと思います 親指

昨年から一緒に活動する仲間なので、講師から時には名指しで質問する場面もあって、真剣な話しの中にも和気あいあいとした雰囲気の会場内。 参加された皆さん、長時間本当にお疲れさまでした 船

まぐろ延縄漁業カイゼン検討会の活動も、これから本格的な核心部分に入っていきますね。 近海そして遠洋のまぐろ延縄漁業が、この活動を通じてより良いものになる、そして乗組員の皆さんが働きやすい環境をいかに構築していくか、私たちに課せられた課題は本当に重要なんだと思います icon14

セミナーの最後には少人数のグループに分かれての意見交換が行われ、予定時間を大幅に超過するほどの熱い議論が繰り広げられ、出席者からの意見を取りまとめて散会となりました。 お忙しいところセミナーを開催して頂いた講師の先生に感謝ですね。 これからもご指導のほど宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:47

2018年06月21日

北かつまぐろ屋で「まぐろ三昧」


台風5号が三陸の沖合を通過して一週間が過ぎ、それまではビンチョウが連日ように水揚げされていた気仙沼港も入港船が断続的になってきて。 近海カツオ船団の今後の漁模様が気になります 船

今年の5月は例年とは違って、一気に盛漁期の様相を見せた気仙沼。 これからカツオのシーズンに突入していく、22年連続日本一を目指す重要な年。 各かつお船の活躍に大いに期待しています 音符

大西洋そして南太平洋でのマグロ漁から帰国休暇中の3隻の勝栄丸。 その報酬清算などもすべて終わってひと段落ついて。 乗組員そして取引先業者の皆さんと北かつまぐろ屋で一献という事に 花丸

幹事の手配で、まぐろづくしのお料を手配してもらって。 北かつまぐろ屋の新メニュー「まぐろのかぶと焼き」がドーンと。 そしてお刺身盛合せやマグロの尾の身の煮物、マグロとごぼうのサラダなど 食事

気仙沼の地酒と一緒に味わうまぐろづくしの数々は、わいわい言いながら味わうには最高のお料理ですね。 時間を忘れて、皆さんとゆっくりと過ごすことができました。 こういうひと時はホッとします いかり

次の航海の開始までそれぞれのプライベートな時間を過ごす乗組員の皆さん。 その一方では、気仙沼そしてラスパルマスでと船体や機器類の整備、ドックが進められていますね。 工事や整備にあたる関係業者の皆さんには、工期通りにしっかりとした整備をお願いしたいと思います タイ

北かつまぐろ屋田中前店では、きょうご紹介したような「まぐろ三昧」というまぐろづくしのコースを提供開始。 仲間内での会合や、会社の飲み会など、事前に予約してから出かけてみてはいかがでしょうか。 気仙沼でまぐろのかぶと焼きを食べられるのはここだけなので、何かの機会に皆さんもぜひどうぞ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:23