宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年09月18日

海外出張から一週間ぶりの気仙沼港


パプアニューギニアでの二国間漁協交渉から気仙沼に戻ってきました。 出張前よりもさらに秋の雰囲気が進んできたような感じがしますね。 巷では連休のきのうは気仙沼魚市場は開場での対応。 一週間の出張から帰ったばかりですが、早朝から市場に出向いては入港船の皆さん方にご挨拶です 音符

先週までは、カツオ船もサンマ船も漁模様が薄くって各船ともに苦戦していましたが、帰国してみるとその様相は様変わり。 とくにサンマ船は各船漁模様が回復して、一隻100トン規模の漁獲での入港 クラッカー

そのサンマの組成も、先日までの100gほどの小型魚主体から130g以上の中型~大型魚の組成となって、ようやく本格的なサンマ漁の開始といったところ。 脂のりも上々で久々に食べるのが楽しみ 食事



そしてカツオ船は、沖の北寄りの漁場から近海へとまた漁場が移り、気仙沼から1~2時間ほどのところでもまた漁が見えはじめ、各船ともにカツオをピストン輸送するかのような操業になってきて 船

沖の北寄りではビンチョウ主体の漁模様。 例年7月頃にはビンチョウの漁が終了するのですが、今年はなぜか今の時期にまでビンチョウが釣れている。 それも3~4kgほどの小トンボが中心。 サイズも揃っていて価格も高値安定なので、ビンチョウを多めにに漁獲した船は水揚げ金額もそこそこある。 生鮮かつおの22年連続水揚げ日本一と合わせ今年は生鮮ビンチョウも水揚げ日本一になるかもしれません 親指

近場の漁場でカツオを釣っては毎日のように入港・水揚げを繰り返す船もまたでてきたので、サンマ漁と合わせカツオ船の操業にも期待しています。 近海まぐろ延縄漁船によるメカジキとヨシキリザメ、大目流し網漁船のモウカザメ、定置網の漁獲物、そしてカツオとサンマなどで大忙しの魚市場職員です キラキラ

一週間の海外出張から気仙沼に戻って、休む間もなく早朝からの魚市場対応でした。 今年のカツオもサンマもものすごく美味い。 気仙沼の海の幸を皆さんにも堪能してもらいたい。 ぜひ気仙沼にどうぞ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:56

2018年09月17日

PNGとの二国間協議を終えて


南太平洋に浮かぶ島国のパプアニューギニア。 ここは日本の遠洋まぐろ延縄漁船や大巻き網船などが数多く操業し、周年を通してカツオやマグロなどを漁獲しているとても重要な水域です 花丸

パプアニューギニア水域における日本漁船の来年の操業を確保するために、首都のポートモレスビーに出向いて行われた二国間協議。 両国の代表団が一堂に会しての数日間の会合でしたタイ

ICCATやCCSBTなどの多国間会合には出席したことがあるけれど、こういう二国間会合への出席は私は初めての経験。 水産庁や関係団体などで構成される日本代表団の一員としての参加でした 若葉

これまでいろいろと情報には接していましたが、会議に出席して島嶼国が目指す方向性を改めて認識させられたような気がします。 海に囲まれて、大きな産業がないパプアニューギニアなどの島嶼国にとって、海洋資源は大きな財産。 カツオやマグロに代表される海洋資源の価値の最大化を目指す彼ら ドル袋

これまでの年間を通じての漁業ライセンスから、一日単位のライセンスとする隻日数制度(VD)。 巻き網漁業にこのVDが導入されて7年が経つ中で、1日あたりのVD価格が二倍以上に高騰。 日本の巻き網船が購入するVDはパプアニューギニア水域だけでも年間総額で20億円以上にもなってきて 汗

陸上の工場施設やインフラ等への投資に加え、現地人の雇用拡大も要求の一つ。 漁船に関してはパプアニューギニアの港の利用促進が強く求められ、公海操業から島嶼国水域への誘導そして漁船囲い込みの方向性が見てとれるようになってきました。 今後も非常に難しい交渉になりますね いかり

遠洋まぐろ延縄漁船にとってもとても重要な漁場であることは確かだけれど、限度を超えた入漁料やVD価格では入漁不可能。 ましてやこれ以上の操業禁止水域拡大などを導入されたら話にならない。 会議の中で相手方の代表者には強く伝えたけれど、どこまで理解してくれたのかわかりません camera

数日間の会議を終えて、遠洋まぐろ延縄漁船、海外巻き網漁船、生鮮まぐろ漁船の入漁条件が合意となり、各団体の代表が議事録への署名をおこなって。 それぞれの笑顔の裏には複雑な心境が隠れている。 来年以降の交渉がものすごくたいへんになりそうです。 精神的にとても疲れた海外出張でした face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:19

2018年09月16日

PNGとの二国間協議が合意に


来年の操業条件を協議する二国間会合のためパプアニューギニアのポートモレスビーにきて数日が経ちました。 滞在しているホテルはCrownePlazaホテル。 今年APECが開催されるここポートモレスビーで、安倍総理が滞在する予定のホテルなんだとか。 街中にもAPECの看板があちこちに 花丸

事前に治安が悪いって聞いていたその通りに、ホテルから一歩も出ずの数日間。 ホテルのまわりには何もないところなので、出歩いてもリスクばかり増えるから、会議場と部屋の往復だけ。 さすがにちょっと息が詰まってきます。 安全を保障する価格も含まれるのか、ホテル内の物価は高いです icon12

現地の人に聞くと、やはりけっこう強盗に襲われる率が高いそうで、飲食店などはなんども被害に遭っていて、その現地の方は20年の滞在で12回も被害に遭ったのだとか。 街の様子を見ると、それほど危険という感じはしませんが、その開放感がやばい。 最後まで気を抜かないでいこうと思います 汗



天気がよくても毎日スゴイ強風がふきつける所。 日本でいえば台風の時のような風。 この強風の中で操業する各船の皆さんの苦労が、身近に感じられる。 気を付けて操業してほしいですね 船

日本とPNGの二国間協議は、いろいろな議論の応酬もありましたがなんとか合意にこぎつけて。 初めての二国間協議の参加、そして国際会議で私も意見を述べる機会を頂いて、代表団の皆さんとともに私なりに精一杯がんばった結果、ほぼ合格点の合意内容ではないかなあと思います。 ご苦労様でした タイ

あとは議事録の作成とその確認作業が残っています。 来年以降に向けて課題は山積しているこのPNG水域。 日本漁船にとってとても重要な漁場を抱えている国なので、日本とPNGの良好な関係をこれからも維持しながら、お互いにとって望ましい方向での入漁を模索していかなければなりませんね 親指

会議に出席された水産庁の方々、各漁業団体の皆さま、大使館や財団の皆さん、そして通訳さん。 最大のご理解を頂いたPNG政府の皆さまにも御礼を伝えたいと思います。 数日間にわたる二国間協議、皆さんほんとうにお疲れさまでした。 おかげさまで来年のPNG操業がなんとか確保できました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:07

2018年09月15日

ポートモレスビーの和食店「大黒」さんへ


すごく治安の悪いと言われているパプアニューギニア。 その滞在も数日が経って、そろそろホテル内での缶詰め状態にも飽きてきた頃、勇気を振り絞って外に食事行きましょうということになって 音符

どこに食事する場所があるのかわからないポートモレスビー初心者の私。 この二国間協議が始まって何年間もここにかよっている常連の交渉担当者のご案内で日本食レストランに行くことに 親指

ポートモレスビーにも日本食レストランなんてあるんですねえ。 ホテルから車で10分ほどのショッピングセンターの隣にある日本料理「大黒」さんへ。 ホテルの玄関から直行で車で移動です icon12




ポートモレスビー唯一の日本料理店の大黒さん。 日本人のオーナーが経営するお店なんです。 スーパーマーケット横の階段を上がって二階がお店のフロアー。 予想してたより広い店内でした 花丸

メインは鉄板焼き、ステーキのお店なのでしょうか。 各テーブルごとに立派な鉄板焼きのテーブルが備えつけてあって、私たちはといえば、居酒屋気分で店内奥のお座敷席に団体で陣取って camera

まずはPNGといえば黄肌マグロのお刺身ですよね。 店主曰く、時期的にいいお刺身が用意できなくてすみませんといってたけれど、これはこれで私は大満足、 焼き鳥や鶏のから揚げ、シーフードサラダ、そして〆にはかつ丼や親子丼など、これぞ和食っていうメニューがPNGで食べれるってすごく有難い 食事

日本代表団の皆さんとのポートモレスビーでのささやかな懇親会。 二国間協議の成功を願っての団結式のよう食事会でした。 PNGのポートモレスビー唯一の日本食レストラン、大黒さんでのお食事会。 またこういう機会があるあどうかわからないけれど、缶詰状態から解放されての楽しい時間でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:41

2018年09月14日

PNGでの二国間協議に出席


成田空港からオーストラリアのブリスベンを経由して約15時間の空の旅。 日本からはるか南の島、パプアニューギニアのポートモレスビーに到着です。 初めてのPNGは二国間の漁業協議の舞台 クラッカー

パプアニューギニア(PNG)は、遠洋まぐろ延縄漁船や海外巻き網漁船などが数多く入漁している最重要漁場の一つ。 南太平洋の中でもかつお・まぐろ資源が豊富なことで知られていますね 花丸

1978年から日本とPNGの二国間協定で入漁が始まったここPNGでの漁業協定は、二度の中断を経ながらも友好関係を維持しつつ、現在は数年前から延縄漁船も操業している漁場です。 今年の前半では勝倉漁業の123勝栄丸もPNG水域に入漁して、キハダやビンチョウなどを対象とした操業を行いました 船

毎年更新されるPNGとの協定。 来年度の漁期を前にして、水産庁の担当官をはじめ遠洋かつお・まぐろ、近海まぐろ、そして海外巻き網などの業界団体からの出席者とともに、漁業者代表として日かつ漁協のアドバイザーとしてのステータスで私も同行させて頂きました。 初めての二国間協議への出席です 若葉

ICCATやCCSBTなどの漁業管理機関における多国間会合には出席したことはあるけれど、こうした二国間での協議はまた違った雰囲気がありますね。 パプアニューギニアはとても治安が悪いとのことで、ホテル前のゲートでは一人での外出を止められるほど。 数日間はホテル内に缶詰状態での会議です 汗

初日の会合では、PNGそして日本代表それぞれからのオープニングステートメントの演説。 この二国間協定における両国の考え方や現在の状況、新協定に向けての方向性などが盛り込まれたものでした。 議事は海外巻き網の協議が最初で、次に延縄漁業と続き、3日間の会合を予定しています タイ

初めてのパプアニューギニアは、湿気がなくってすごく気持ちのいい天候。 空港で現地通貨Kinaに両替したけど、この分だと一銭も使わない滞在になっちゃうかもしれません。 まあ、それもいいかな face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:58

2018年09月13日

成田空港から豪州便に搭乗


9月も中旬となって、すっかり秋めいてきた気仙沼です。 朝晩の涼しさが心地い感じがします。 私にとってはやはり夏の暑さよりも春や秋の気候のほうが体に合っている。 ほんと過ごしやすいですね もみじ

毎日のように朝早くからのカツオの水揚げで、勝倉漁業の問屋部門スタッフも夏バテ気味だったものが、このところの涼しい気温と漁場の沖合化で、体力的にも少し余裕が出てくるのかと。 それにしても連日の魚市場対応では、魚市場職員や関係業者の皆さん、ほんとうにご苦労様です 船

連日の水揚げで賑わいを見せる気仙沼を離れて成田空港に移動。 これから豪州・ブリスベン行きのフライトに登場すべく、カンタス航空のQF62便にチェックイン。 久しぶりに搭乗する豪州便です camera

最終目的地は豪州ではなくて、ブリスベンで乗り換えてパプアニューギニアのポートモレスビーまで。 成田空港からポートモレスビーまで、乗り継ぎを含めて15時間ほどの長旅です。 いろんなところに出張しているけれど、パプアニューギニアへの出張は初めてのこと。 あらかじめビザを取得しての渡航 若葉

海域的には中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)で管理されているこのエリアは、かつお・まぐろ漁業における最重要な水域の一つ。 遠洋まぐろ延縄漁船だけではなく、海外巻き網漁船なども多く活動する海域なんです。 勝倉漁業の123勝栄丸もパプアニューギニア水域で今年操業しましたね 親指

パプアニューギニア水域で日本の漁船が操業するためには、あらかじめ操業ライセンスを取得しなければならない。 来年の漁期を目前にして、両国の代表者による二国間協議が行われるにあたり、出漁漁業者として会議に出席することを求められ同行することになりました。 だんだん緊張してきました タイ

これから数日間のパプアニューギニア滞在では、二国間協議での議論をしっかりと把握したうえで、出漁漁業者としての意見を述べてきたいと思います。 明日からは現地からのレポートです。 初めてのパプアニューギニアなので、治安が悪いっていうことをしっかりと肝に銘じ、気を付けて行ってきます face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:03

2018年09月12日

新造船起工式の写真が届いて


昨年の早い段階から計画を進めてきて、今年ようやく契約調印となった勝栄丸の新造船。 最新鋭の遠洋まぐろ延縄漁船の建造がいま新潟造船ですすめられていて、まだその初期段階にあります クラッカー

これからだんだんと新造船の形が出来上がりつつある中で、新しい船に込めたさまざまな取り組みも具現化してくる。 来年5月の完成引き渡しに向けて、すごく楽しみであると同時に緊張感でいっぱい。 新潟造船をはじめとした関係業者の皆さまには、今後ともどうぞ宜しくお願いしたいと思います タイ

今日の写真は8月8日に新潟でおこなった新造船の安全祈願祭の一コマ。 この神事をもって本格的に建造が開始される大事な儀式は勝倉漁業と新潟造船の幹部が一堂に会しての開催でしたね 花丸

入船町の新潟造船本社工場近くの湊稲荷神社でおこなわれた神事には、その様子を記録するカメラマンも同席。 その時に撮影した写真が会社に届いたので、皆さんにも少しご紹介したいと思います camera

私も写真を撮るけれど、撮影する側が被写体になるってなかなかない事。 こうして私たちのその時の様子を撮って頂けるっていうのは、これはこれですごくうれしい事ですよね。 お世話さまでした 親指

プロが撮影した写真はやはり表現力がちょっと違う。 当日の神事の記憶がまた蘇ってくる感じがします。 この写真に負けないような写真を日々お伝えすべく写真にも頑張って取り組んでいきたいですね 音符

新船建造の思い出の写真集みたいなものをまた作れるといいなと思います。 先日には新造船の船名も決まり新潟造船へ通知したところです。 新船建造の様子を勝栄丸ブログを通じてお伝えしていきますので、皆さん楽しみにお待ちください。 私自身が納得できる写真を頑張って撮っていきたいです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:36

2018年09月11日

まぐろ延縄漁業カイゼン検討会の作業部会


9月に入ってだんだんと秋らしい天候となってきた気仙沼です。 台風21号そして北海道での地震により被災された皆さんには、心からお見舞い申し上げます。 ほんとうに大変な災害ですね 汗

気仙沼はいま生鮮かつおの盛漁期。 先日までの近場の漁場から沖合の漁場へと漁船が動き、連日たくさんの入港船で賑わっていた港の中も、台風到来ごとに大きく様変わりしてきて、これからの戻りガツオのシーズン到来に期待するところ。 各船の皆さんには頑張ってほしいと思います 船

そして先日の水産経済新聞でも報じられたように、シーズンの出だしは好調で、昨年までの不漁から一変して今年は豊漁の年かと期待したサンマ漁がここにきて漁獲にブレーキがかかったみたいで、サイズ組成と合わせすごく気になるところとなっています。 気仙沼にもたくさん水揚げされるといいですが icon14



そんな気仙沼で、昨年から取り組んでいるマグロ延縄漁業の生産性向上に向けてのカイゼン検討会の作業部会が先日開催され出席してきました。 超低温区画内の作業負担軽減がテーマです タイ

大手自動車会社の協力を頂きながら、気仙沼のまぐろ漁業者そして日かつ漁協の調査船会社、まぐろ船の船頭OBの方々、気仙沼市役所の産業部産業再生戦略課と水産課の方々など、魚市場会議室に一堂に会しての会合でした。 北かつ組合が用意した資料にそって議論が進められていきます camera

会場内には実際のまぐろ船の一般配置図をもとにした凍結室の模型や、準備室からグレーズタンクまでが再現してあって、まぐろに見立てたぬいぐるみなどを使いながらの作業動線などの検討。 これまでまったく手を付けてこなかった部分を改善していくので、そう簡単にできるわけではないけれど、みんなで知恵を出し合って進めていくことで何か良いアイデアが生まれてくることを心から期待しています 若葉

10月末には今年度の中間報告会を予定しているので、改善点の検討をより加速させていかなければなりませんね。 具体的な成果を一つでも二つでも着実に積み重ねていって、最終的には大きな成果となって公開できるところまでいく。 検討会に参加されている皆さん、これからもどうぞ宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:26

2018年09月10日

居酒屋「ぴんぽん」での懇親会


気仙沼の内湾地区は東日本大震災で甚大な被害を受けたエリアです。 現在は盛土をともなう土地区画整理事業が急ピッチで進められ、防潮堤などの整備も並行しておこなわれています icon12

南町には新しい飲食店街・屋台村も来年には完成する予定で、魚町の土地区画整理事業の完成引き渡しと併せて新たな街が徐々に形づくられつつある。 どんな市街地になるのか楽しみですね 音符

そんな南町の一角にあるのが気仙沼市民がこよなく愛す居酒屋「ぴんぽん」さん。 仕事帰りの会社員や、港に入港した漁船の乗組員、そして気仙沼にこられた観光客や出張者などで、いつ行っても多くのお客さんで賑わっているお店です。 私も何十年にもわたりとてもお世話になっています 花丸



東日本大震災で大きな被害を受けながらも、早期に復旧・再開を果たした居酒屋「ぴんぽん」さん。 これからも頑張ってほしいですね。 取引先のご案内を受けて急に懇親会をという事になって、予約して出かけてきました。 ぴんぽんの親父さんにご挨拶すると、いつもの満面の笑顔で出迎えて下さって クラッカー

お通しの豪華なお刺身の盛り合わせは「ぴんぽん」ならではのもの。 まずは生ビールの乾杯で懇親会がスタート。 ふと見れば、離れた席には入港中のカツオ船の乗組員の方々や、同業者と取引先の面々もいるじゃありませんか。 やっぱみんな一次会はぴんぽんからスタートなんですね 船

早い時間には席に余裕があった店内も、7時を過ぎる頃にはもう満席状態。 さすがは気仙沼一番の人気店です。 いつも思うのですが、ぴんぽんのトイレに飾ってある「一瞬にして幸せになる方法」と「つまずいたおかげで」の色紙にはすごく心に響くものがある。 みなさんも是非ご覧になってみてください タイ

思いがけずにお声をかけて頂いた気仙沼の居酒屋「ぴんぽん」さんでの懇親会で、これからのそれぞれの奮闘を誓い合った時間。 また近いうちに「ぴんぽん」の親父さんから元気をもらいに出かけてみたいと思います。 お会計のあとの記念撮影にも快く応じて頂いて、楽しい懇親会ありがとうございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:49

2018年09月09日

太平洋クロマグロの日本提案合意ならず


9月に入ってだんだんと秋めいてくると同時に、気仙沼を基地にして操業しているカツオ船の漁模様も少なくなってきて、水揚げ量が100トンを切る日が多くなってきました。 夏場の漁から様変わりです 船

カツオの群れを求めて沖合へ。 北海道沖の遠い海域で小ぶりなビンチョウが釣れているので、航続距離の長い中型船はビンチョウ狙いにシフト。 近海は群れは見えるものの餌付きが悪く苦戦とのこと 汗

サンマ船はロシア海域での漁が低調のため公海へと漁場を移したとの情報で、そこそこの漁があったようで週明けの水揚げとなりそうですが、気仙沼港への入港予定はまだなく、カツオにサンマにとこれからの漁模様に期待と不安の週末。 夜明け前からのカツオの水揚中、朝焼けがすごくきれいでした camera

今週、福岡でおこなわれた中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会。 業界注目のこの会合での最大の議題は日本近海などに回遊する太平洋クロマグロの漁獲枠について。 資源悪化によって厳しい漁獲規制と管理措置が取られているクロマグロの漁獲上限を決める重要な会議です タイ

繁殖能力のある親魚資源量が最低水準だった2010年の12,000トンから2016年には21,000トンになったとの資源評価により、日本は漁獲枠の15%UPなどを提案。 初期資源量が2.6%から3.3%になって資源が回復傾向にある事から、漁獲量の増枠を求めて会合に臨んだ日本代表団でしたが・・・ !

WCPFCでの合意は全会一致が条件。 コンセンサスでの決定という事で、1カ国でも反対に回ると決まらないルール。 資源回復傾向にあるとは言っても、いまだ資源量が低水準であるという事には変わりはなく、十分に回復していないとする米国などの反対によって日本提案は合意とならなかった模様 新聞

現在の日本の漁獲枠は30㎏未満の小型クロマグロが4007トン、大型魚が4882トン。 日本各地で混乱が生じているクロマグロ漁をめぐる問題。 巻き網漁船や定置網、釣りや延縄など、漁業種や隻数も多く管理するのがすごく難しいと思うけど、国内漁業の調整をより良い方向に進めてほしいと思います いかり

クロマグロの資源回復には、未成熟の小型魚と産卵期の大型魚の漁獲を抑制する(獲らない)ことが望ましく、これは大西洋クロマグロでの資源量V字回復の成功例を見ても明らか。 資源回復に向けての漁獲規制と漁業活動の維持・継続の両立、すごく難しい命題に取組んでいかなければなりませんね face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:41