宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年03月28日

値決め前に「鮪」を食す


今年度最後の勝栄丸のマグロの水揚げを前にして、その価格を決める「値決め」交渉の日がやってきました。 今回水揚げするのは昨年秋から今年初めにかけて大西洋で漁獲したマグロ類です 花丸

その中には世界最高水準の品質って言ってもいい大西洋クロマグロも含まれているから、ついつい気合が入ってしまうのが自分でもわかります。 かつては絶滅の危機に瀕していると言われ、ワシントン条約への議論もなされた魚種ですが、日本をはじめ関係国が協力してしっかりと資源管理してきた効果があって、いまではクロマグロ資源は右肩上がりに増加しているんです icon14

安定した漁場があってこそ漁業がなりたつ。 大西洋だけではなくすべての海域に言える事。 マグロだけじゃなくって、あらゆる魚種に言えるんじゃないでしょうか。 それほど資源や漁場は大事なんです 船

そしてそのマグロの値決めを前にして打合せをおこなっていると、気を効かせて清水の有名店「末廣鮨」のちらし寿司の出前をとってくれてました。 末廣鮨さんはお寿司もお値段も高級なお店。 けどこの出前のちらし寿司だけはなんと1,000円(税込)ととてもリーズナブルなお値段。 見た目も味も最高ですね 音符

末廣鮨さんって言えば、高級ミナミマグロをだすお店としても有名。 その赤身を使ったちらし寿司です。 一つ一つ手をかけて仕込まれたネタの数々。 水曜日が定休日なので注意してくださいね キラキラ

マグロの値決めの前にはゲンをかついで必ず「鮪」を食べるジンクス。 今回のマグロも最高でした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:47

削除
値決め前に「鮪」を食す