宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年03月21日

「まぐろ延縄漁業カイゼン検討会」の結果報告会


一昨年6月に気仙沼でプロジェクトを立ち上げて、まぐろ延縄漁船における作業負担軽減や省人化などを目指して取り組んできた「まぐろ延縄漁業カイゼン検討会」の活動も二年目の節目を迎えました クラッカー

これまで一年間を通じて私たちが取り組んできた内容についての結果報告会が開催されて、気仙沼市長やトヨタ自動車東日本、水産庁やシステム協会などたくさんの関係者が集まっての会合でした タイ

まぐろ延縄漁業における作業負担の軽減などをめざし、テーマを3つに絞ってそれぞれのチームで頑張ってきた内容を資料として配布し、各リーダーからのプレゼンテーションでの成果発表です マイク

私たちが担当する超低温区画内における作業負担軽減では、生のマグロを凍結室に入れる時に使う横スライダーや、グレーズタンクについての検討状況を報告し、すでに5隻の遠洋まぐろ延縄漁船への導入が決まった気仙沼スロープを披露。 これまでの開発秘話も皆さんと共有する事ができました 船

そして投縄作業の改善チームによる報告では、近海各船の投縄作業の現状を比較・分析するとともに、理想の投縄作業モデルを抽出し、これから各船の船員に対し浸透を図る計画。 投縄自動化への一歩、中間報告で披露された模型をもとに試作機を製作しようというところまで検討が進んできました 親指

そして機関部品や漁具、食料や餌料などの船内における管理についての改善をおこなっている「5S」チームでは、今年度のテーマとして食料品の在庫管理をターゲットに検討が進められてきて、その一つの方向性が示されて、現在は近海船でのテスト運用が行われていることが報告されました icon12

これまでお世話になったトヨタ自動車東日本の担当者が4月に異動となるとお聞きし、これから一緒にお仕事ができないのはすごく残念ではありますが、このプロジェクトへの熱意を私たちが引き継いで、さらに成果があがるよう精一杯頑張っていきたいと思います。 この「二年間本当に有難うございました face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:26

削除
「まぐろ延縄漁業カイゼン検討会」の結果報告会