宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年01月28日

88勝栄丸のドックも最終段階に


東京への出張から気仙沼に戻って真っ先に向かったのは、いま88勝栄丸が上架しての船体整備工事を行っている木戸浦造船さん。 駐車場が手狭なので、会社スタッフの運転で向かいます いかり

今週降った雪も市内の道路はほぼ解けているけれど、日陰などはまだまだ雪が残っている箇所もあるので、慎重に運転しなければなりませんね。 幸運にも空いた駐車スペースに潜りこんで 音符

今週はじめに上架してもうすぐ一週間。 船体の船上から塗装面のタッチアップ、そして防錆処理を施して、前面に防汚船底塗料を塗布。 スプレーガンで一気に塗装していくプロの仕事です 花丸

最低気温が-8℃まで下がった週末なので、塗装作業などにあたる作業員の方々も寒さとの闘い。 それでも予定通りの工期で仕上げてくれる辺りは、気仙沼の業者の方の意気込みが感じられます 親指

船体の周囲に設置されたアルミ製の足場を使っての塗装作業など。 塗装が終われば防蝕のための亜鉛板を船底に取り付ける作業。 週明けの下架に向けてあと一歩のところまできました 船

新たな航海への船出まであと2週間ほどしか時間がない。 機関場の配管修理や無線・航海計器などの整備も含め、業者の皆さんには忙しい思いをおかけすると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します タイ

木戸浦造船への上架の時には大雪に見舞われた今回のドック工事でしたが、比較的穏やかな天候にも恵まれてここまでは至極順調に進んでいるように見えます。 もうひと踏ん張りがんばって下さい face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:37

削除
88勝栄丸のドックも最終段階に