宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年11月04日

リアスアーク美術館で写真展を鑑賞


すごく気持ちのいい秋晴れとなった文化の日の気仙沼。 春のような気温となって、昨日までの肌寒さから一変。 暖かい陽気に誘われるかのように、リアスアーク美術館にでかけてきました 花丸

気仙沼の小高い丘の上にあるリアスアーク美術館は文化の日は入館無料。 常設展示と合わせておこなわてれいるのが「新!方舟祭2018」っていう文化祭で、特に二つの写真展の鑑賞を楽しみにやってきました。 駐車場は車でいっぱいで、第二駐車場にとめて、ワクワクしながら会場へ 音符

気仙沼の写真家集団「鼎」。 ほとんどプロレベルと言ってもいいアマチュア写真家の皆さんの作品がズラリ。 気仙沼の徳仙丈山のつつじの風景や、アワビの開口での一コマ、そしてすごく綺麗なポートレート写真がガツンと来ましたね。 撮影された方ともいろいろと写真談義をさせて頂きました camera



使用機材はもちろんフルサイズの一眼レフ。 レンズも24-105や70-200や、超広角ズームレンズなどを使い分けながら、その時々のイメージを切り取る。 写真へのこだわりが感じられる作品ですね 親指

そしてもう一つの写真展「凪nagi」は、昨年からこうして一緒に活動している若手のメンバー。 その作品は自由奔放で、ひとりひとりの作風がまったく違っていて、すごく楽しい作品の数々。 写真展の正面には私が写真の師匠と慕う伊藤代表が撮影したポートレート。 じっくりと作品を鑑賞させて頂きました クラッカー

常日頃から私も趣味で写真を撮っているけれど、こういう写真展を鑑賞すると創作意欲がわいてくるっていうか、すごくいい影響を受けるのは確か。 これからも皆さんにお届けできるような写真を撮っていきたいなあと思います。 あとは自分の感性を磨く事ですかね。 すごくいい刺激をうけました 若葉

リアスアーク美術館での二つの写真展「鼎」と「凪nagi」は11月4日(日)の今日まで開催しているので、興味のある方は是非でかけてご覧になてみて下さい。 精神的にもすごく癒された写真展でした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:27

削除
リアスアーク美術館で写真展を鑑賞