宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年04月22日

大島大橋開通の裏側で


気仙沼市民と大島島民の長年の悲願だった大島大橋が開通して約2週間がたちました。 開通を待ちわびた多くの皆さんが車で大島に渡り、ものすごく賑わっている様子が報じられていますね 音符

気仙沼市などでは、案内板の変更や駐車場の誘導、島内の交通整理など、いろいろな対策をおこなっています。 ゴールデンウィークにはさらに多くの方々が大島に渡ると思われるので、対策を万全に備えなくてはなりませんね。 実は私はまだ行っていない派の一人。 近々に出かけてみたいと思います icon12

その気仙沼大島とを結んできた島民の足ともいえる大島汽船の定期航路が、大島大橋の開通に伴ってその事業が廃止となった。 最終便の出航の際は多くの皆さんが見送りましたね。 その定期航路廃止に伴う損失補償を求めて宮城県を提訴したとの報道。 先日社長さんにもお話を伺うことができました タイ

東日本大震災で大きな被害を受けた大島汽船の定期船。 船の復旧だけではなく着岸する桟橋なども自らの費用をもって再建し、一時は孤立した島民の生活に重要な役割を担ってきました。 社長さんがおっしゃるように宮城県との話し合いで決着できればよかったのでしょうけど、防潮堤などの対応を見てきたところから推察すると、提訴というところまで話がこじれてしまったのもわかるような気がします 汗

大島架橋が開通して、大島を含む気仙沼の経済効果も大きく、島民の利便性が劇的に向上した一方で、その影響を受けて事業廃止となり提訴までせざるをえなかった大島汽船さんの苦悩。 光と影っていうか、こうした裏側も皆さんには理解してほしいと思います。 定期船の乗組員などは全員解雇したという事なので、気仙沼の関係企業などで再就職等に協力していかなければならないのではないでしょうか face06
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:22

2019年04月21日

「黒船」の秋刀魚だしラーメン


4月も下旬になって、桜が見頃となっている気仙沼です。 ところによってはもう散りはじめているから、連休までは持ちそうにありませんが、今週末はお天気もよくてお花見日和の気仙沼地域でした sakura

来月になると気仙沼は生鮮かつおの水揚げシーズンを迎えます。 例年であれば、まず巻き網船が入港して、その後に一本釣り漁船が続くかたちになりますね。 23年連続日本一を目指す年なので、これまで同様に順調な水揚げで推移する事を願うばかり。 カツオ船の皆さん、がんばって下さい! 船

一方のサンマ漁船は、例年は8月下旬からの出漁でしたが、今年は5月から一部の漁船が操業することになるそうです。 大型サンマ船55隻のうち18隻を二つのグループに分けて出漁、公海漁場で操業してロシア向けに洋上販売したのち、国内にもサンマを持ち帰って水揚げする模様。 楽しみですね クラッカー

公海漁場では台湾や中国などの漁船が5月頃からサンマ漁をおこなっていて、日本での水揚げ数量減少の一方で、ライバルとなる外国船はその漁獲数量を年々増やしています。 NPFCという機関によって資源管理が行われるようになったから、これまでにも増して実績数量が重要視されてきています タイ

本州では大船渡がサンマの水揚げ数量トップを続けていて、気仙沼や女川と水揚げ数量を毎年競い合っています。 その大船渡で一番人気のラーメン屋さんが「黒船」さんで、「秋刀魚だし」が特徴。 突然でしたが、この週末に行くチャンスがあって、初めての黒船のラーメンを食べてきました 食事

注文したのは「秋刀魚だしラーメン(醤油)」の普通盛り。 あっさりとした中にもしっかりとした旨味があって、サンマの香りも上品なスープ。 自家製麺だっていうストレート細麺との相性もバツグン。 チャーシューもとっても美味しくて、すごくバランスのいいラーメンだと思いました。 とても気に入りました 花丸

先日、仙台に行った際、テレビのランキングで上位になったラーメン屋さんに行ったけど、期待に反して美味しくなかったけど、黒船さんのラーメンは、皆さんも是非いちど食べる価値ありだと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 18:22

2019年04月20日

日かつ漁協の地区別協議会


ようやく桜が満開の見ごろとなった気仙沼です。 今週末は気温も上がってお花見日和だけれども、残念ながら気仙沼市内にはお花見ができる所が限られるから、皆さんどこで桜を楽しんでいるのかな sakura

三陸自動車道を通って仙台市内までのアクセスもすごくよくなって、これまでとは考えられないくらい早い時間で到着する。 週末の会合に出席するために車で移動もストレスがまったくありません クラッカー

毎年この時期に日本各地で開催される日かつ漁協の地区別協議会が今年も仙台市内の法華クラブを会場に行われました。 東日本ブロックの、青森・岩手・宮城などの漁業者、そして日かつ漁協や日かつ協同(株)の幹部の皆さん、OPRTや水産庁の担当者も同席。 約3時間ほどの会合でした 花丸

事前に配布された分厚い資料に基づいての説明が約2時間。 そしてその後に意見交換が1時間。 毎年の事ですけど、意見交換の時間をもっととってもらった方がいい、全く時間が足りません icon12

遠洋かつお・まぐろ漁業界で、いま課題となっている様々な問題。 国際情勢や漁場確保、各水域での規制強化や乗組員問題など。 どれをとっても重要な問題なだけに、出席者皆さん真剣な議論でした タイ

福岡、静岡、東京、仙台と、4カ所の会場で順次開催される地区別協議会です。 この協議会での意見や指摘をもとに総会に向けての事業計画や予算案などの取りまとめをおこなう。 令和という新しい元号になっての最初の一年なので、さらに結束を深く、情報交換を密に事業に取り組んでいきたいですね 船

仙台での地区別協議会に出席された皆さん、お疲れさまでした。 新年度も宜しくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 20:13

2019年04月19日

宮登さんでシニア会を開催


4月も後半となって、気仙沼もようやく本格的な春の陽気になってきました。 先日までの雪景色がうそのようですね。 平成もあと僅かとなって、令和へのカウントダウンがすでに始まっていますね 音符

今年のゴールデンウィークは10連休と近年にない長期休暇となりますが、豊洲市場や気仙沼魚市場そして取引先の休暇状況を見ながら勝倉漁業の休業日を決めていきたい。 今年の年休日を決める時には、この10連休は想定していなかったので、どうするかまだ悩んでいるのが正直なところです 船

南太平洋と大西洋で稼働中の勝栄丸の運航サポートもあるので、状況を見ながら判断したいところ。 はっきりと決まりましたら勝栄丸ブログでもお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします タイ

連休を前にしたタイミングで、若手経営者の会から招集がかかり、宮登さんに集合しての懇親会が行われました。 若手経営者の会のメンバーも、設立から15年を過ぎて皆さんそれぞれに歳を重ね、20台・30台のメンバーとのジェネレーションギャップもあるのか、シニア会というものが昨年発足となって 花丸

50歳以上のメンバーだけに参加資格のあるシニア会。 活動計画などを話し合う会合を兼ねての懇親会でした。 昨年の東京での移動例会では、築地市場の最後をみんなで視察してきましたよね camera

今年はどのような活動になるのか、シニア会の会長と事務局に一任するかたちでまとまりましたので、いい提案をしてくれることを期待しています。 宮登さんの美味しいお料理の数々、メインはなんと鴨鍋でした。 もちろん〆は鴨汁のお蕎麦。 私の大好物なだけに、普段にもまして美味しかったです 食事

8年前に南町で被災し、田中前地区に移転しての営業を続けてきた宮登さんですが、聞けば新しいお店を計画中なのだとか。 まだはっきりとはわかりませんが、新しいお店に移転することになっても美味しいお料理と楽しい時間を提供してくれることを期待しています。 とっても楽しいシニア会の会合でした face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:05

2019年04月18日

第1勝栄丸がマグロ漁終え帰航に


大西洋の漁場にて昨年からマグロ漁をおこなってきた第1勝栄丸が、今季に予定した操業のすべてを終了し漁場を切り上げ、寄港地のカーボベルデ共和国ミンデロ港に向けて帰航となりました クラッカー

船頭さんをはじめ乗組員の皆さんにおかれましては、長期間にわたる航海となり本当にお疲れさまでした。 今航海の奮闘に心から感謝を申し上げます。 取引先関係者の皆さまにも、さまざまな形でサポートをしていただきましてありがとうございました。 漁を終えて船頭さんもホッとした事でしょう 花丸

カーボベルデ共和国は大西洋に浮かぶ島国。 先日には国名の表記で「カーボヴェルデ」からカーボベルデにかわった事でもちょっとだけ知られるようになりましたよね。 ここのミンデロ港が漁業基地なんです。 北大西洋ではスペイン・カナリア諸島のラスパルマス港と並んでとっても重要な港です icon12

昨年にはカーボベルデ共和国の水産局長ご一行様が気仙沼にお越しになった際、気仙沼の復旧・復興状況から水産関係の施設そしてサメ皮製品の視察まで、アテンドしたことを思い出します camera

そのミンデロ港に冷凍マグロを専門に輸送する運搬船が待機。 ミンデロ港に到着した本船は、漁艙に保管してある冷凍マグロなどの漁獲物を運搬船に転載し、日本までの輸送を依頼することになります 船

冷凍運搬船が日本に戻ってくるのは約2か月後くらいになるのかな。 乗組員は空路にて帰国し約2か月間ほどの休暇に入る。 マグロ漁の疲れを癒し、ご家族との時間を楽しんでいただきたいです いかり

日本からは会社のスタッフとエンジニアが派遣され、整備・修理箇所やドックの打ち合わせなどの引継ぎをおこなう予定です。 乗組員との再会もまもなく、元気な笑顔で帰国するのを楽しみにしています face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:46

2019年04月17日

連続水産セミナー第4回講座


仙台市内で桜が満開となって、県北の気仙沼でも桜の開花が報じられ、だんだんと春めいた陽気となってきました。 春一番じゃないとは思うけど、結構風が強いので三陸沖は時化ているのかも sakura

気仙沼の近海まぐろ船が協業化による計画操業を行っており、新造船の導入も含めて新しい漁業経営の姿を模索しているところ。 最近ではモウカザメの水揚げが多くなっていて、新市場棟の低温売場にずらりと陳列されて販売されています。 数量も金額も5割ほど増加しているっていうから大漁ですね キラキラ

各海域の漁業管理機関ではサメ類やカジキ類などに規制が加えられる方向にあって、日本を含む海域のWCPFCでも太平洋クロマグロの資源悪化による漁獲規制が実施され、マカジキについての議論もはじまって模様。 メカジキやサメ類が主要水揚げ魚種の気仙沼にとって大きな問題です マイク

そのような中、気仙沼市と東京海洋大学の連携事業である「”海と生きる”連続水産セミナー」の第4回講座が気仙沼魚市場の会議室で開催されて、会社のスタッフとともに聴講してきました。 水産に関するさまざまなテーマについて、講師をお招きして講演をいただく。 とても素晴らしい取り組みだと思います camera

今回の講義は「水産業の成長産業化と新しい資源評価・管理」について。 国立研究開発法人水産研究・教育機構の理事である田中健吾さんが講師でした。 水産庁では約30年にもわたり国際漁業関係をはじめとする水産行政に従事した方。 このテーマについての最も詳しい方の一人といえると思います タイ

世界的な水産資源の動向は、適正又は未利用状態の資源の割合が年々減少し、過剰利用又は枯渇状態の資源の割合が増えてきている。 漁獲量を管理し資源を増やしながら漁業活動をおこなう事が大切。 水産業を成長産業へと改革するのは簡単じゃないけれど共に取り組んでいきたいと思います 親指

マグロ類の管理の世界ではすでにスタンダードな管理手法となっている目標管理基準値の設定。 資源回復の目標をどういうスケジュールで達成していくかによって漁獲できる数量が違ってくる。 初めて聞く方々にとっては至極難解な講義だと思いますが、私たちにとっては十分に理解できるものでした 花丸

現在の資源評価対象魚種50種を5年後に200種まで拡大する方針が決まり、それに対応していかなければならない機構側。 大変なお仕事だと思いますが、将来の水産業発展に向けて引き続き頑張ってほしいと思います。 講師の先生そして水産セミナーに参加された皆さん、長時間お疲れさまでした face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:12

2019年04月16日

大島大橋開通記念の「亀山丼」


4月7日開通となった気仙沼大島大橋。 開通直後という事もあって、平日でも相当な数の車が大島に乗り入れているという事で、気仙沼市内から続く道路も渋滞が見られるとかでまだ大島に行けてません 船

これまで陸続きではなかったから道路標識も「鶴ヶ浦」のままになっていたところ、ようやくここにきて「大島」方面の表示もなされてきたそうです。 地元民でも迷うから他から来たら尚更でしょうね 汗

ゴールデンウィークにはさらに多くの皆さんが大島大橋を渡る事を考えると、駐車場の案内や交通整理など、事前に十分な対策をとっておかなければなりませんね。 関係者の皆さん宜しくお願いします タイ

とは言っても、私たちにとって長年の悲願であった大島大橋の開通。 船で渡るのが当たり前だった大島に車で行けるようになったんですね、感無量です。 フェリーでのカモメの餌付けや亀山リフトなんか思い出としてすごく残っていて、小学校などの遠足や海水浴などでも何度も行った記憶があります 音符

その大島大橋の開通を記念して、北かつまぐろ屋で提供し始まったのがその名もズバリ「亀山丼」。 大島にそびえる亀山と、輝く気仙沼の海をイメージした北かつまぐろ屋特製のスペシャルな丼です 食事

北かつ組合所属船が漁獲した旬のミナミマグロの大トロ・中トロ・赤身に加えて、プチプチ弾けるイクラをこれでもかと使用。 通常価格3,240円ですが、期間中は毎日各店限定3食をお祝価格の1,500円で提供との事。 限定食数以降は通常価格での提供となるそうなので注文の際はご確認を 花丸

ゴールデンウィーク最終日の5月6日まで提供するそうなので、皆さん是非いちど北かつまぐろ屋の「亀山丼」を食べてみてはいかがでしょうか。 間違いなく味もコスパも最高なマグロ丼だと思いますから! face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:45

2019年04月15日

桜満開の仙台での会合へ


ここにきてようやく春らしい陽気になってきた気仙沼です。 この感じだと気仙沼の桜並木が見頃になるのもそう先の事ではないかなあと思います。 先週末は仙台で満開の桜を見ることができました sakura

仙台市内の桜の名所はたくさんありますけど、仙台駅に近い榴ヶ岡公園はお花見のメッカ。 先週末はたくさんのお花見客でにぎわったことでしょう。 ようやく宮城県にも桜前線が来ましたね 音符

榴ヶ岡公園にほど近い合同庁舎で月に一度開催される会合があって、一年間の会合予定が決まっているから私のスケジュールにも組み込んでいます。 東北運輸局でおこなわれる東北地方交通審議会船員部会の委員に昨年後半から任ぜられて、雇用者側の代表として出席させて頂いています タイ

東北地方の船員の雇用情勢、求人数や求職数、有効求人倍率の推移など、商船と漁船のそれぞれのデータが取りまとめられて報告を受ける。 船員の雇用環境について、最低賃金などについても審議される重要な会合なんです。 毎回の会合では委員からいろいろな情報提供がなされるのも興味深い 船

月に一度の会合ですが、これからもまじめに出席して、さまざまな議論をしていきたいと思います。 船員部会の委員の皆さま、今後とも引き続きどうぞ宜しくお願い致します。 毎回の出席お疲れ様です 若葉

気仙沼から仙台市内まではこれまで金成インターから東北自動車道を通るルートがほとんどでしたが、三陸道が開通してからはすごくアクセスが良くなって、これまでよりも大幅に移動時間が短縮になったのが嬉しい事。 気仙沼から北の釜石や宮古へのルートも相当にアクセスが良くなった模様です 親指

勝栄丸ブログを海外でご覧になっている方も多いと聞いています。 きょうはそうした方々へお花見のプレゼントとこの写真を掲載してみました。 花を撮るのは上手じゃないのでその点はご勘弁を。 気仙沼の桜が開花し満開になったら、またお伝えしたいと思います。 桜が満開だと気分まで明るくなりますね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:07

2019年04月14日

久しぶりに「まるき」の味玉中華そば


先日までは季節外れの雪が降り続いた気仙沼ですが、今週末から急に陽気が春めいてきて、この分だと市内の桜並木が見頃となるのもそう遠くないのではと思います。 ようやく春の到来ですかね sakura

先日、インド洋での補給基地バリ島ベノア港を出港した第7勝栄丸は、豪州西岸フリーマントル沖のマグロ漁場に向けて南下航行中。 88勝栄丸から乗り移っての最初の航海で、乗組員の皆さんにもいろいろとご苦労おかけする場面がありましたが、さまざまな問題も解消されて順調に漁場向け中です 花丸

そして大西洋の漁場では、第1勝栄丸があと数回の操業で今航海のマグロ漁を終え、補給基地のカーボベルデ共和国ミンデロ港に待機する冷凍運搬船と会合し漁獲物を転載する予定となっています。 そして本船は大西洋での母港ラスパルマスへ向かい、日本から派遣の技師たちに引き継ぐ計画 船

スペインからの帰国便の手配では、日本の10連休の影響もあってかいずれの航空会社も空席がタイトな状態。 航空券の料金も通常よりは高めの見積もりなので、現地での作業スケジュールと合わせて、無駄のない予定を組んでいかないとなりません。 情報収集しながら進めていきたいと思います 飛行機

そんな今週のお仕事のあいまに、久しぶりに気仙沼の人気店「まるき」さんにお昼ご飯を食べに行ってきました。 最近は煮干しそばや辛煮干を食べる事が多かったから、今回は久しぶりに味玉中華そばを注文。 あっさりとした旨味のあるスープと小麦の香りが感じられる細麺との相性抜群の一品ですね noodle

今年のゴールデンウィークにはたくさんのお客さまで賑わうであろう「まるき」さん。 その為なのか、4月22日(月)から27日(土)までの6日間を休業日とするみたい。 お店のカレンダーに書いてありました camera

観光や帰省などで気仙沼にお越しになる皆さんも、休みをチェックしてぜひ出かけてみてください face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:31

2019年04月13日

新造船の海上公試運転を前にして


4月に入っても季節外れの雪が降ったりと、なかなか春めいた陽気にならなかった気仙沼ですが、ようやく今週末くらいから気温も上がってきて、桜の開花のニュースも聞かれるようになってきました sakura

現在南太平洋のパプアニューギニア水域で操業中の第123勝栄丸は、あと残すところ一か月ちょっとでマグロ漁を切り上げて帰航するところとなって、大西洋で奮闘中の第1勝栄丸も、今月下旬には漁業基地のスペイン・ラスパルマス港に帰港する予定となっています。 乗組員の皆さんご苦労様です 親指

10日間の大型連休を控えているので、日本から派遣する技師や帰国する船員のフライト便を確保するのもけっこう大変。 空席がない上に航空券も割高という事もあり、早目の手配をしたいところですね。 入港予定と合わせて、現地の作業スケジュールを勘案しながら前広に手配をかけていきたいと思います 汗

一方の日本国内では、現在新潟造船で建造中の新船・第127勝栄丸のファイナルドックが終了し、週明けの海上予行・公試運転に向けて、船内の艤装工事が急ピッチでおこなわれている状況です 船

今月初めの建造状況の視察の時は、洋上での試運転を行なうまでに仕上がるのはまだまだ時間がかかるのではと思ったけれど、工程表通りに作業を進めてくるあたりは、さすがの新潟造船さんです 花丸

週明けに船頭さんをはじめ幹部船員の皆さんが新潟入りし、無線設備の検査や予備品類のチェック、海上での試運転などに立ち会うことになっているので、お世話になりますが宜しくお願い致します タイ

乗組員の皆さんと一緒に、私も新潟に行きたいところだけれど、スケジュール調整がつくかどうか。
要望工事や指摘事項に関しても、竣工・引渡しまでには現地で確認したいと思います。 新造船の竣工・引渡しまであと一ヶ月半ほどとなってきましたので、竣工披露の計画も立てなければなりませんね face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:11