宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年05月26日

勝栄丸の新人船員研修会


大西洋での操業を終えてスペインのラスパルマス港に係船し、ドックマスターへの引継ぎを終えて帰国した第7勝栄丸の乗組員。 今週末には第1勝栄丸の船員達も空路にて帰国する予定です 船

中部大西洋でのマグロ漁の閑散期となるこの時期を、各船ともに休暇にあてたり漁場移動したりと、各漁業会社そして関係船ともにいろいろと考えて動いている。 毎年この時期の傾向ですね icon12

高度回遊性魚種と言われるマグロ類は回遊範囲が広く、マグロを追っては漁場移動しながら操業を繰り返すまぐろ船。 帰国した乗組員の皆さんを会社に迎えての航海終了一区切りとなる精算日でした 金貨

会社でのミーティングを終えたあと、市内の船主協会の会議室でおこなわれている新人船員研修を視察。 次の航海に初めてまぐろ船に乗船する若い船員たちの基礎知識習得の一週間。 漁労長OBが講師となって、船員としての心構えや基本的なマナーやルール、そして漁労作業の初歩の初歩まで タイ

大西洋で操業する二隻の勝栄丸に乗船して、船長や機関長、その先の船頭を目指す彼らたち。 まぐろ船の漁師として、航海士や機関士など士官クラスの船員を目指して、スキルを磨いて頑張ってほしいですね。 二人の新人船員を前に、船頭さんや船長からのアドバイスに真剣に耳を傾ける彼らでした 若葉

気仙沼ではこうした若い船員の乗船や育成を組織的に行っていて、今春で震災後の乗船者が100名を超すところまでとなりました。 若い二人の船員にはこれから様々な困難や試練が待ち受けていると思いますが、当初の気持ちを忘れることなく順調に成長していってくれることを大いに期待しています 花丸

来年には新造船が投入される大西洋漁場。 彼らが中心選手で活躍する姿がはやく見たいです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:40

2018年05月25日

祝!第8昭福丸が出港に


これから盛漁期を迎えるインド洋でのマグロ漁に向けて、気仙沼港から第8昭福丸が出航となり、会社の役員とともに出船送りに行ってきました。 岸壁にはたくさんの関係者が集まっていました クラッカー

第8昭福丸の船頭さんとは以前から懇意にさせて頂いていて、勝栄丸各船も沖の漁場で大変お世話になっています。 事前に準備した出港祝いの品を持参して、社長さんや船頭さんにまずはご挨拶 音符

すでに船首と船尾のマストには、社旗や大漁旗が掲揚してあって、出港日和ともいえるすごくいい天気に恵まれて、出船送りの皆さんもみんな明るい表情。 次の航海から勝栄丸に乗船すべくいま気仙沼で研修中の新人君も、講師の先生と一緒に出船送りの輪の中にあって、関係者に紹介でした 若葉

気仙沼の女将さんの会「つばき会」の皆さんも、恒例となった大漁旗を振っての出船送りイベントを今回も盛大におこなってくれて。 漁業関係団体でつばき会さんを表彰しなくちゃならないですね 花丸


第8昭福丸は気仙沼を出港すると、一路経由地のバリ島ベノア港を目指します。 燃料油や食料などを積込んで、インドネシア船員が乗船し総員揃って漁場に向けて南下することになりますね 船

毎年8月から9月にかけておこなわれる豪州西岸沖の通称:南インド漁場でのミナミマグロ漁には、勝倉漁業の第123勝栄丸も合流する予定なので、一足先に操業を開始する各船の漁模様が気になるところ icon12

出港前の社長さんの挨拶の中で、内湾地区魚町の防潮堤工事ミス問題にも触れ、当初の計画通りに施工しなおすことによって、湾内の漁船やその作業風景、そして海の見える景観を子や孫の世代にまで繋げるために、関係者と連携して県と戦っていくという覚悟が表明されて。 乗組員も満足の表情でした 親指

第8昭福丸の今航海が、安全で事故や怪我なく大漁に恵まれますよう、心よりお祈り申し上げます。 小松船頭さん以下乗組員の皆さんには、お体に気を付けて頑張ってきて頂きたいと思います。 出港日和のすばらしい天候の下での出港、ほんとうにおめでとうございました。 今航海もお世話になります face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:32

2018年05月24日

気仙沼魚市場の水揚げを視察


新潟から東京への出張から気仙沼に戻って、久しぶりに朝の魚市場を視察。 近海まぐろ船の第7勝漁丸さんが、三陸沖で漁獲したヨシキリザメやメカジキなどを水揚げしたのち、早くも次の航海に向けての餌料の積込みをおこなっていて。 大きなサイズのサバを次々と積込んでいました 船

取引先のスガノ興産のスタッフも早朝から仕込みのお手伝い。 近海まぐろ船は夏場に操業を切り上げてドック入りする船が多いので、次の航海で今シーズンは終わりなのかも。 お疲れ様です 音符

そして今日は、巻き網運搬船の第35清勝丸さんが朝5時に入港しては、生鮮カツオなど約130tの予定で水揚げ中でした。 短時間に水揚げを済ませる配慮として、選別ラインを二カ所設置での対応 camera

氷水の入ったブルータンクに次々と投入されるカツオなど。 魚市場の職員がフォークリフトで計量し運んで陳列の繰り返し。 それぞれの担当ごとに、慌ただしく作業していて。 もうすぐ盛漁期ですね 親指



前日漁獲の新口のうちメバチマグロなどの赤物が約1割と聞いていたけれど、蓋を開けてみればカツオやびんちょう、メバチマグロに黄肌など、さまざまな魚種が一度に水揚げされて選別も忙しそう ちからこぶ

朝7時の入札開始時間にはたくさんの買受人の皆さんが続々と集まってきて、サイズごとに捌いたサンプルを見ながら値付けしては入札。 比較的入荷量もすくないことからしっかりとした相場でした 金貨

かつお船の水揚げ拠点はまだこの時期は千葉県勝浦港が主体。 一本釣り漁船は各船ともにビンチョウ狙いに切り替わっての操業。 123佐賀明神丸はきょう90トンの水揚げと、ほぼ満船での入港だそうで、大漁ほんとうにおめでとうございます。 気仙沼での水揚げを楽しみに待ってますから クラッカー

いま気仙沼でおこなっている新人船員研修に参加する勝栄丸の船員も朝の魚市場見学に来ていたので、様々な魚種を見せながらちょっとしたレクチャーをして。 乗船する前の基礎知識の習得や初歩的なスキルを身につけるための研修なので、講師の先生もどうぞ宜しくお願い致します タイ

あさ早く起きては魚市場で一通りの水揚げ状況を視察する。 これからのかつおの盛漁期には毎日のルーティーンになりますね。 日中とは違ってまだ涼しい朝の空気がすごく気持ちのいい時間でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:41

2018年05月23日

浅草雷門から移動例会スタート


新潟でのお仕事を終えて次に向かったのは東京。 上越新幹線で東京まで、閑散期という事もあって新幹線は結構空席が目立ちます。 おかげでゆったりと移動することができてラッキーでした train_a03

地元の金融機関の若手経営者の会、そのシニア会が発足しての初めての例会が東京で開催されて参加。 皆さんとの待ち合わせは浅草雷門まえ。 時間通りに到着するとすでに皆さんの姿がありました 音符

ちょうどこの日は浅草の三社祭の日だったので、警察車両も警備にくりだすくらいの大勢の人出。 やはり外国人が多く目立つけれど、三社祭を目当てにした日本人観光客で大賑わいの浅草です ハッピ

昼食会は雷門近くの仲見世通り商店街にある老舗のすき焼き店「今半本店」。 めったに行くことができないお店、それも離れの個室を事務局が予約していてくれて。 歴史が感じられる趣のあるお座敷 食事

気仙沼の経営者の皆さん、日頃はそれぞれのお仕事で忙しく飛び回っている方々ばかり。 こうして年に何度か集まっては、いろんな話題で盛り上がっては情報交換する、すごくリラックスする会合ですね 花丸

気仙沼から直接こられた方だけではなく、それぞれの出張先から直接の現地集合。 美味しいお食事とお酒、そして和気あいあいとしたゆっくり過ごす時間。 東京での例会を皆さん楽しんだ様子です 親指

浅草雷門から始まって、最後は銀座へ。 飲み足りない人たちは六本木へとくりだした方々もいたけれど、私は翌日の朝いちの新幹線で帰郷しなければならなかった事もあって、皆さんにご挨拶して失礼する事に。  いろいろと準備して頂いた事務局には感謝ですね。 参加された皆さんお疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:04

2018年05月22日

新潟古町「薮蕎麦」さんへ


約5か月ぶりに訪れた新潟の帰りは、お蕎麦屋さんで〆に。 新潟造船での新造船の視察を終えて、用意して頂いた車で中心街の古町に移動。 そこは以前も行った事のあるお蕎麦屋さんでした キラキラ

新潟で食べるお蕎麦はすごく美味しくて、その中でも古町の薮蕎麦さんは私のお気に入りのお店の一つ。 薮蕎麦に行きましょうっていう提案に即答でGOサイン。 最寄りの立体駐車場を利用です 音符

人気のお蕎麦屋さんだけに店内はお客さんでほぼ満席。 メニューを見ながら何にしようか悩んで、朝から何も食べていなかった私はお蕎麦とカツ丼のセットメニューを注文。 ほんとお腹空いてましたから 食事


もうひと方は、お店の一押しだって言う「鳥辛そば」の大盛りを。 私もこれにも惹かれたけれど、定番のせいろと新潟名物のタレかつ丼のセットに、空腹のお腹のほうが惹かれてしまったみたい camera

卵でとじてあるかつ丼ではなくて、新潟のかつ丼はタレにくぐらせたもの。 藪蕎麦さんのカツは鳥肉を使っているので、すごく軽く仕上がっているのがいい。 特製だれの味が最高に美味いカツ丼ですね 親指

もちろんせいろはいう事なし。 きりっと辛めのつゆに手打ち蕎麦が最高に合う。 お腹が空いていたこともあって、あっという間に完食でした。 次回も薮蕎麦さんにおじゃましようかなと思います 花丸

機会があれば皆さんもぜひ、新潟古町の薮蕎麦さんへどうぞ。 大満足のお蕎麦屋さんだと思います face02

新潟古町「薮蕎麦」さんのHPはこちら → http://furumachi-yabusoba.com/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:40

2018年05月21日

新潟の鍋茶屋通りで一献


今年1月中旬いらいなので、約5か月ぶりに訪れた新潟。 前回の訪問時には何年かに一度というドカ雪に見舞われて、市内の幹線道路や支道にもかなりの量の雪が残っていたのを思い出します 船

前回はいま進めている新船建造プロジェクトの現地調査のための出張でしたね。 東京や気仙沼などからたくさんの委員の皆さんや関係者をお連れしてのご案内。 相当に緊張しての対応でした マイク

そして今回は、その建造計画もようやく本格的に始動するにあたり、いま建造中のマグロ船を視察させて頂く事が目的。 勝倉漁業で計画している新造船にとても参考になる有意義な一日でした camera

新潟造船さんのお誘いを受けて、新潟中心部の鍋茶屋通りにお店を構える「鮨・割烹 丸伊」さんへ。 鍋茶屋というのはすごく歴史のある料亭。 お店の創業は江戸末期で、木造三階建ての料亭は文化庁の「保存文化財」にも指定されている由緒正しき料理屋さん。 以前なんどか行った記憶があります ハッピ


丸伊さんに到着すると、二階の個室を予約していて下さっていて。 前回は食べ損ねた新潟名物の「のっぺ」をつまみに乾杯。 「のっぺ」っていうのは、里芋でとろみをつけ、小さく切ったにんじん、ごぼう、しいたけ、ぎんなん、鶏肉などを薄いしょうゆ味の出汁で煮た新潟を代表する有名な家庭料理 食事 

本来はお正月の定番ですが、お盆やお祭りのときなど一年中食べられているだけではなく、新潟市内の小料理屋や割烹、居酒屋などの飲食店でも味わえる。 私としては5年ぶりの「のっぺ」でした 音符

この「のっぺ」が大好きなんですよね。 新潟の地酒との相性もばっちり。 前回は食べることができなかったからなおさら期待してました。 優しい味付けでダシがよく聞いていてやっぱ最高に美味いですね 親指

鍋茶屋通りのこじんまりとしたお料理屋さんで、新潟の地酒で一献。 これから建造が進められる中で何度となくおじゃますると思うので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 新潟のお料理と地酒が美味しすぎてついつい飲み過ぎてしまいましたが、楽しいお食事会にお誘い頂きほんとうにごちそうさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:27

2018年05月20日

竣工直前の第38正進丸を視察


気仙沼から約5時間半。 一ノ関駅から東北新幹線で大宮、上越新幹線に乗り換えて新潟へ。 これから建造をおこなう新船の打合せなどのため、数ヶ月ぶりに新潟への出張となりました クラッカー

いま新潟造船では八戸船籍の第38正進丸さんの建造が最終段階。 今月末の引き渡しを前に、完成前の新船をゆっくりと視察できるのはこのタイミングを逃すともうないとのお話を受けてのもの 花丸

造船工場に到着すると、社長さんをはじめ、担当の設計部や工作部の方々が勢揃いでのお出迎え。 営業担当者も東京から出張での対応を頂きまして、本当にありがたいですね。 恐縮してしまいます タイ

作業服に着替えて、ヘルメットと安全靴を装着し、さっそく艤装岸壁の本船に。 38正進丸さんの特徴的な設備といえば、漁船同士で転載できるようにと設置されたブーム、船の見た目からして違います camera

艤装担当者の説明を受けながら外回りから各所を視察。 基本的には勝倉漁業の123勝栄丸の仕様を引き継いでいるとはいえ、船主さんや乗組員の要望工事が各所に見受けられてすごく参考になる icon14

今回視察させて頂いたことについて会社内や乗組員とも情報を共有・確認しながらこれからの詳細な仕様打ち合わせに活かし、より良い遠洋まぐろ船の新船建造に繋げていきたいと思います ブック

第38正進丸さんは5月末の引き渡し、6月4日に新潟を出港し八戸港へ廻航。 そして7日には新造船のお披露目式も予定されているとの事です。 新造船の完成、本当におめでとうございます。 正進丸さんの次には勝栄丸が建造開始される新潟造船での視察、造船所の皆さん今回もお世話様でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 15:19

2018年05月19日

88勝栄丸がケープタウンに寄港


今年の2月に気仙沼を出港し、バリ島のベノア港に寄港し燃料や食料などの補給を行ったのちインド洋を横断、マダガスカルの南から南アフリカ沖へと漁場を移動してはマグロ漁をおこなっている勝倉漁業の88勝栄丸が、燃料補給などのためケープタウンに入港となりました。 皆さんご苦労様です クラッカー

以前はここケープタウンを基地にマグロ漁をおこなっていたけれど、その後の漁場移動によりケープタウン港を利用する事がなかったので、勝栄丸が入港するのは5年ぶりくらいのことになりますか マイク

操業途中での補給入港でもあり、現地当局からの入港許可を得るのにさまざまな手続きが必要で、入港を決定してから1週間から10日ほどお待たせしてしまいましたが、総員元気に入港の様子でした 花丸

久しぶりのケープ入港という事もあり、会社から営業部長が現地に渡航しての入港アテンド。 予定通りに入港した本船を岸壁でにこやかに出迎えます。 船頭さんや乗組員の皆さんお疲れさまです 音符


現地代理店のスタッフたちや取引先の業者さん方がもやい綱をとって岸壁に着岸。 乗組員の皆さんとの挨拶もそこそこに、あらかじめ手配していた燃料油の積込みや漁獲物の陸揚げ作業が開始 camera

現地ではパイプラインからの燃料油の供給ではなく、燃料輸送用の車両によってのデリバリー。 予定している数量が時間のロスなく積込めるように十分な車両の台数を用意してもらっての対応です 親指

そして漁艙からは現地に輸出する漁獲物の陸揚げ作業がおこなわれて。 現地でお世話になっている業者さんのチェックのもと、魚種やサイズの仕分けや数量の確認など。 順調に作業が進みました 船

今回のケープタウン寄港は2泊3日の予定。 短い滞在となりますが、船頭さんや乗組員の皆さんには、ケープタウン寄港で少しはリフレッシュして頂ければと思います。 今航海から指揮を執る船頭さんのもと、ここまで順調な操業を行っている88勝栄丸を、皆さんこれからもどうぞ宜しくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:40

2018年05月18日

唐桑産春牡蠣の白湯そば


大西洋でマグロ漁をおこなう第1勝栄丸と第7勝栄丸が今季の操業を終えて、基地港のラスパルマスへの帰航や入港が続いた一週間。 船頭さんをはじめ乗組員の皆さんには長期航海お疲れさまでした 花丸

この5月は新たなシーズンへのはじまりという時期と、休暇を迎える船とがあって、気仙沼の漁業会社いずれも忙しい様子。 気仙沼魚市場も巻き網船や一本釣り船の水揚げで賑わってきました 音符

事務所でのお仕事を終えて、会社のスタッフとともに田中前のまるきさんにお昼ご飯を食べに行くと、同業の船主さんがカウンターで一足先にお食事中。 提供が開始された牡蠣白湯そばですね 食事


実は私たちのお目当ても牡蠣白湯。 リアス式海岸の唐桑半島、栄養分豊富なきれいな海の波にもまれて美味しく育った唐桑産「もまれ牡蠣」を使用し、旨味たっぷりの白湯スープが特徴のラーメン noodle

もまれ牡蠣の生産者は、以前から親交のある畠山さん。 今が旬の春牡蠣の美味しさをスープにギュッと閉じ込めた濃厚な海の香りがすごくいい。 手もみの中太麺との相性もバツグンだと思います 親指

三方を海に囲まれた唐桑半島は、宮城県の最北端。 気仙沼市内から約20分くらいの距離。 以前唐桑におじゃました時には、牡蠣剥き工場で生カキをいっぱい頂いた思い出があります。 生で食べる、牡蠣フライやなべ物などもいいけれど、牡蠣の美味しさを引き出す調理法ってそれだけではないんですね icon12

食べたいなあって思いつつもなかなかチャンスがなくって味わえなかった春牡蠣の白湯そば。 仲間の漁業者や取引先の皆さんなどのFacebookにも良く投稿されていたから尚更、初めて食べて感動しました。 白湯スープの濃厚な旨味が食べ終わってもあとを引く、すごくお気に入りの一杯になりました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:32

2018年05月17日

第26惣宝丸が生鮮かつお140トン


朝からの雨模様のため湿度がたかく梅雨に入ったかのような天気の気仙沼です。 早朝にはかなり強めの雨だったので、市内の幹線道路にも水たまりができていたけれど、もうすでに雨も上がって 雨

はやくも5月も中旬となって、今年は例年より早く生鮮かつおの水揚げが行われ、22年連続日本一に向けて幸先の良いスタートを切った気仙沼。 きょうはなんと140トンものまとまったカツオの水揚げがあり、朝から大勢の仲買さんや関係業者の皆さんで賑わいを見せる気仙沼魚市場でした クラッカー

生鮮かつおの水揚げを行ったのは青森県八戸港船籍の巻き網運搬船・第26惣宝丸さん。 あさ8時前には水揚げが開始され、セリ場にはカツオが入ったブルータンクがずらりと並びました。 本船からの選別ラインも2カ所設置での水揚げ対応。 魚市場職員の皆さんもほんとうにご苦労さまです 花丸


第26惣宝丸さんと並んで着岸しているのは、イワシの水揚げを終えた二隻の巻き網運搬船。 第28共徳丸さんと38大濵丸さん。 それぞれ150トンと100トンのイワシを水揚げして頂きました 親指

26惣宝丸さんのカツオの水揚げが順調に進み、約1時間ちょっとのところで第1回目の販売開始。 買受人の方々が希望する数量と値段を書いて入札に参加。 入札場内にて魚市場の担当者が集計。 高値の札から順番に発表していくシステム。 脂がのっていて、身の色もすばらしいカツオです camera

例年であればこれからの時期は巻き網船と一本釣り漁船が続々と気仙沼港を目指す操業となる。 情報によれば、昨日はビンチョウの漁模様がよかったそうで、明日の気仙沼港には一本釣り漁船がビンチョウを持って今季初入港するとの話もあるので、例年より早い本格的なシーズンインを期待しましょう 音符

きょう水揚げされたカツオのサイズ組成は、2㎏前半の中小サイズが主体で、3㎏近い中サイズも1割ほど入っている。 今年のカツオの水揚げは、先日の専門家の予測通りになることを期待してしまいます。 あとはカツオ漁の餌となる活イワシの確保状況しだいかな。 各船の安航と大漁をお祈り致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:31