宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年10月22日

みらい造船から123勝栄丸が下架に


南インド洋での今季のミナミマグロ漁を終えて気仙沼に帰港した123勝栄丸は、入港してまもなくの10月9日にみらい造船に上架して、ここまでの期間にて船体や機器類の整備をおこなってきました icon12

週末には雨模様の天気となったこともあり、タッチアップや塗装作業の進捗が心配されましたが、土日返上で塗装工事をおこなっていただいたおかげで、なんとか週明けには下架できるところとなって 花丸

下架前日にはみらい造船に行って、塗装の仕上がりや船体防触の為のアルミ板装着などを確認して、予定通りの日程での下架にGOサインを出して。 翌朝の朝一番に乗組員がドックに集合です 船

朝8時前にみらい造船に行くとすでに船体はシップリフトの上まで移動してあって、造船所の作業員やエンジン整備業者、乗組員が高所作業車を使って船首から船上に乗り移って下架作業が開始 親指

ゆっくりとシップリフトが下がって、船体がだんだんと海面に浮かんでいくのを会社のスタッフとともに見守りました。 船底弁や舵まわりの状態も万全で、港町の出港岸壁まで作業艇の曳航にて移動でした 音符

8月まではかなり混み合っていた港町岸壁ですが、長期間係留していた大型さんま船は現在出漁中のため、出港間近の数隻の遠洋まぐろ船が係船しているだけで、岸壁スペースはかなり余裕があって、123勝栄丸の係船作業も周囲の船をあまり気にすることなく比較的気楽におこなえたからよかったです camera

港町岸壁に本船を係船してすぐのタイミングで、みらい造船の担当者との工事進捗状況の確認と追加工事のオーダー。 出港は12月になりますが、あまり油断することなく粛々と残工事をおこなっていただくことと、漁具・資材やさまざまな仕込み品をこれから打合せして発注していくのでよろしくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:51

2020年10月21日

福建楼の台湾ラーメンが週一500円に


日中の最高気温がほぼ20℃を下回るようになってきて、早朝の生鮮かつおの水揚げ時には10℃を下回る気温で、けっこうな厚着をしないと寒くて風邪をひきそうな感じの気候となってきた気仙沼です 雪

今週になって三陸沿岸各港ともにサンマの水揚げ数量が大幅に増加してきて、漁場から至近の道東・花咲港に入港する船はもちろん多いですが、単価高の相場を求めて気仙沼などに分散入港するサンマ船。 ここから約一ヶ月くらいが勝負どころなので、どこまで水揚げ高をのばせるか期待ですね 花丸

気仙沼から沖合いで操業する生鮮かつお一本釣りの船頭さんにお話を聞くと、近場の漁場はこれまでに見たこともないほどにカツオの群れがいるけれど、シラスみたいな餌を食べながら回遊しているため、活イワシを撒いてもまったく見向きもされず釣針に食いつかないとの事で、苦戦の近海漁となっています 汗

そして東経149度150度付近にまで遠出してのかつお漁では、特特大サイズのカツオのまとまった漁模様も見え、昨日は三重県の安市丸さんが二番手のカツオを23トンとまだまだ頑張りを見せています 船

そんな午前中のお仕事を終えて、こうした寒い日にはなにか温まるものが食べたいなと、最近はまっている福建楼の台湾ラーメンを食べに行ってきました。 ちょうど北かつ組合の菊田職員と一緒になって、最近の出来事や今後の予定などを話し合いながらのランチ。 ご一緒できてちょうどよかったですね タイ

週に一度、この台湾ラーメンが500円で食べれるっていうのが初めて知りました。 何回きてるかわからないけど見過ごしていましたね。 でも何回食べても美味しいものは美味しい台湾ラーメンです noodle

もう少しすると早朝の気仙沼湾には「けあらし」が見られるようになります。 「けあらし」を目当てに写真撮影旅行をする人もたくさんいるそうで、今年はチャンスがあればカメラを準備してねらってみようかと。 日に日に冬に向かっていくような秋が深まる気仙沼で、福建楼の辛い台湾ラーメンがお勧めです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:06

2020年10月20日

唐桑御殿「つなかん」でのBBQ懇親会


この時期にしてはとても暖かい気温となった日曜日。 毎年恒例となった123勝栄丸の乗組員とのBBQ懇親会を、船頭さんのご実家の唐桑御殿「つなかん」で開催ということでみんな現地に集合でした クラッカー

食材や飲み物などを事前に買い出しして当日を迎え、開始時間の2時間前には準備のために唐桑入り。 すでに船頭さん達が「つなかん」前に会場設営作業をおこなっていたのでさっそく私たちも加わって 音符

まぐろのカマ焼き用のグリルを準備して炭をおこし、アルミホイルにつつんでカマを投入。 グリルの中は300度くらいにまで温度が上がって、カマの焼ける煙がもうもうと立ち込めてきます。 そしてその傍らでは気仙沼ホルモンや焼肉用の焼き台を用意して。 みんな揃ってまずは生ビールで乾杯でした beer





「つなかん」の厨房では、山形風芋煮汁と唐桑産牡蠣を使った炊き込みご飯の準備。 唐桑の牡蠣漁師さんが朝に水揚げされたばかりの新鮮な牡蠣をBBQ用に届けて下さって。 まぐろのカマが焼き上がり、船頭さんみずからまぐろの身をほぐして皆さんに振舞って。 ちょっと甘めのお醤油がよく合います 食事

牡蠣の炭火焼きと合わせるのは南三陸ワイナリーの白ワイン。 先日開業したばかりのワイナリーの新酒は、すごくさっぱりとして、牡蠣などの魚介類だけではなく、気仙沼ホルモンにも相性抜群です 親指

乗組員の皆さんも手伝ってつくった芋煮汁や牡蠣の炊き込みご飯を食べ、日ごろお世話になっている皆さんとの楽しい時間を過ごさせていただきました。 乗組員の皆さんもさぞ喜んでくれたことでしょう ハッピ

BBQ懇親会の最後には、幹事さんたちが準備してくれたビンゴ大会でも盛り上がって。 例年ならば6月におこなうこのBBQ懇親会は、航海延長にともなって10月となってしまいましたが、また来年もこうした企画で乗組員や皆さんとの和やかな時間をもちたいと思います。 唐桑の皆さんお世話さまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:41

2020年10月19日

サンマの漁獲量がようやく本格化!


東北地方の山々も紅葉が見ごろとなってきて、ますます秋が深まってきた気仙沼です。 ニュース報道によると今年は松茸が例年の10倍くらいの出荷量になっているとかで、食欲の秋が到来ですね もみじ

8月20日の大型船による漁の解禁以来、まとまった漁獲に恵まれず苦戦が続いていたサンマ漁ですが、日本からはるか東方に1000㎞以上も遠い海域での操業からロシア海域に漁場がうつって、 船

そしてロシア水域の「バラ線」外側の公海でも先週末にまとまった漁獲があって、今日は道東の花咲港や三陸沿岸の各港を合わせて1200トンを超すサンマの水揚げとなりました! ようやくですね クラッカー


道東花咲港には大型船11隻・小型船8隻の19隻で430トンを超す水揚げがあり、おとなりの大船渡港には大型船5隻で360トンもの水揚げで、大船渡船籍の2隻の三笠丸がどちらも満船の120トンもの漁獲と、今季一番の水揚げに三陸沿岸各港は早朝からサンマ・サンマ・サンマの様相となっています 音符

気仙沼にも大型3隻・小型1隻で132トンの水揚げ。 その中の気仙沼船籍の11光洋丸さんも今季最多の72トンの漁獲に、ご挨拶を交わした船主さんも「ようやくだよ!」ってすごく喜んでいました 花丸

二晩で漁獲した72トンのサンマは、鮮度もよくサイズも上々で、入札単価も予想以上に高値での取引で、4000万円を超す水揚げになったと思われ、大漁航海となりましたね、おめでとうございます! タイ

あすも気仙沼に270トンのサンマの水揚げが予定されているとのアナウンスがあったので、今季のサンマ漁がようやく本格化してきて、気仙沼魚市場の関係者もひとまず安どの表情で、これまで買い付けに参加していなかった水産会社の皆さんもこれから参戦してくることでしょう。 今後に期待しましょう face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:44

2020年10月18日

123勝栄丸の検査対応工事がすすむ


10月も半ばを過ぎて日に日に秋が深まってきて冬に向かうような気候になってきた気仙沼です。 北海道や北東北では最低気温が氷点下のところがでてきて、山沿いではそろそろ初雪もみられるかも 雪

ここにきて生鮮かつおの水揚げ量が急激に少なくなってきて、航海日数も長くなり、各船ともに漁場探索や漁獲に苦労しながらの終盤戦になっています。 せめて11月まではカツオ漁が続きますように icon12

そしてロシア海域で漁模様の回復を見せているサンマ漁船は、漁場から近い道東の花咲港への水揚げ量が多くなって、昨日の17には大型・小型船あわせて27隻で300トン越えの水揚げとなりました花丸

気仙沼にも11権栄丸と21権栄丸の二隻合せて65トンほどの水揚げを行っていただいて、ロシア海域で漁獲のサンマは1㎏あたり800円相場での取引きでしたが、帰りしなの途中で漁獲したロットについては、鮮度はいいもののちょっと小ぶりなサンマという事もあって300円台での入札となりました !

これから親潮の先端がだんだんと南下してくるにともない北からサンマが下ってくる。 気仙沼をはじめ大船渡・宮古・女川などの三陸沿岸の各港にもまとまった水揚げも期待できる状況になるかも 船

一方、みらい造船に上架しての船体や機器類の整備をおこなっている勝倉漁業の123勝栄丸は、新船から7年が経過して今回は安全法の中間検査を受けるタイミングになって、船体の整備と合わせて機関室内でも整備業者が入っての検査対応工事の真っ最中におじゃまして、状況を視察してきました 音符

5年おきの定期検査、定期と定期のあいだの中間検査。 通常のペンドックやメンテナンス工事だけでも多額の費用がかかる遠洋まぐろ延縄漁船の運航ですが、この検査対応の費用がかなりの額になる。 一回の検査工事で家が一軒建つくらいの費用がかかるから、その予算を捻出するのも大変です 金貨

いまのところ順調に検査工事が進んでいるような123勝栄丸なので、週明けに予定する下架に間に合うように、引き続き検査工事対応をお願いします。 機関長さんも現場に張り付いて頑張ってました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:00

2020年10月17日

みらい造船で工事進捗状況を確認


だんだん秋も深まってきて、本格的な寒さに備えてそろそろユニフォームの防寒着も用意しなくちゃなと、会社のスタッフたちといっしょにどれがいいかと選んだり、ロゴのデザインなどを検討した今週 花丸

いま帰港中の乗組員の皆さんにも支給しようかと、事務所に来てもらってサンプルを試着してのサイズ決め。 やはり体格の良い方や、筋肉質の方などそれぞれなので、好みのサイズを選んでもらって ハッピ

本格的な寒さとなる前に間に合うように準備しないとならないので、さっそく業者に手配することにして、プリントする社名やロゴマークなども納得のいくものができたから、納品されるのが楽しみです 音符

11月になると岸壁での工事や、さまざまな仕込み品の納入、寒いなかでの作業も多くなると思うから、今回手配した防寒着が役立つことは間違いない。 乗組員の皆さんにも喜んで頂けたら嬉しいです 若葉

先週末にみらい造船に上架となった123勝栄丸に出向いて、工事の進捗具合を確認してきました。 週の前半は天候もよくなかったこともあって、ちょうど船体のタッチアップがおこなわれているところで、土日を返上して作業にあたってくれるとの話を聞いて、ほぼ予定通りに進みそうだなと一安心です 船

先航海は当初の予定を延長して操業をおこなっていただいた関係もあって、船底塗料もほぼとけきって下地が見えている個所も多く、これまでに比べて付着物も多かったから、タッチアップする面積も広くなるので使用するペンキの量もおのずと多くなる。 そのあたりも塗装業者と打ち合わせ万全で対応中です 親指

いまのところ週明けには船体保護の保護アルミ板の装着作業までこぎつけて、下架できるところまでいけるのではないかとの事なので、塗装業者の皆さんなどには、しっかりとした工事で予定通りの日程で進めて頂ければと思います。 気仙沼に帰港した複数のまぐろ船も同時に上架中のみらい造船でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:09

2020年10月16日

船頭さんと冷凍餌料サンプルを検品


日本からパナマ運河を通過して大西洋へと入り、さらに漁場を北に移して北東大西洋アイルランド沖のクロマグロ漁場にて操業中の第1勝栄丸と第127勝栄丸。 ここまで順調な漁模様で推移しています 花丸

例年この10月の時期は、大西洋クロマグロの盛漁期にあたり、もっとも身質が良く脂のりもある最高級のクロマグロが漁獲されるということもあって、この10月にあわせて多くの日本船がこの漁場を目指す。 今年も最高品質のクロマグロが順調に漁獲され、早期に漁獲枠が終了し、帰港できるといいですね 船

このコロナ禍の状況でありますから、事故や怪我無く安全を第一に操業をおこなうことはもちろんの事。 関係業者や海外の代理店などのサポートを受けて操業する両船をよろしくお願いします タイ

一方で、日本に帰港中の第123勝栄丸は、みらい造船への上架もすませ、乗組員の皆さんはそれぞれにゆっくりと休暇期間に入っていますが、船頭さんや幹部船員の皆さんには、さまざまな確認事項や打ち合わせなどでご足労願う場面も多く、毎日のように顔をあわせてのお仕事となっています 親指

そんなタイミングで、次の航海に使用する餌の検品作業をおこなって、私なりに考えて選んだ餌を最終的には船頭さんにも見てもらって決定する、そんな流れでの冷凍餌料の手配となっていますね icon12

アルゼンチン水域の松イカ、中国やベトナム産のムロアジ、日本各地で生産されるイワシなど。 その漁場で漁獲対象となるマグロの特性、サイズなどにあわせ、数種類の冷凍餌料を手配していくんですが、かなり前広なタイミングで手配をかけていくのが常のルーティン。 今回も2か月前の手配です !

納入業者が取り寄せたサンプル、大量に搬入されたロットごとの検品など、いろいろなケースがあって、その品質も納得できるものから首をかしげるものまで様々。 早め早めに手配をかけて正解でした 音符

123勝栄丸への気仙沼での餌料積み込みは、いまのところ12月初めから上旬頃の予定。 はっきりと決まったら業者の方々へ直接お知らせしますので、もう少々おまちください。 今回もよろしくです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:27

2020年10月15日

第27回CCSBT年次会合にリモート参加


毎年この時期は、マグロ類の資源や漁獲などを管理する地域漁業管理機関の年次会合が続きますが、今年は新型コロナウィルスの世界的な感染拡大によって、リモートでの国際会議となっています 汗

大西洋のクロマグロやメバチマグロなど、広大な管轄水域をもつICCAT。 いま2隻の勝栄丸が操業をおこなう北東大西洋アイルランド沖のクロマグロ漁もICCATの決まりの中でおこなわれています 船

インド洋でのマグロ漁の管理はIOTCという国際機関、太平洋は西と東で管理が分かれていて西側はWCPFC、東側はIATTCと、世界中すべての海域がこれらの漁業管理機関の管轄水域となります タイ

そして管轄水域はもたないものの、ミナミマグロの資源と漁業活動の管理を主たる目的に組織されているのがCCSBT(みなみまぐろ保存委員会)で、日本をはじめ豪州やNZ、インドネシアや南ア、韓国・台湾など、ミナミマグロ漁業にかかわるメンバー国が参加し毎年10月に年次会合が行われます 花丸

例年であれば加盟国の持ち回りで、昨年の南ア・ケープタウン、一昨年のニューカレドニア・ヌーメア、その前年はインドネシア・ジョグジャカルタなどで、各国の代表団が一堂に会して会合がもたれ、今年は日本そして札幌での開催予定でしたが、このコロナ禍ではリモート開催もしかたがないですね 親指

今週月曜日から始まった第27回CCSBT会合。 リモートで参加する各国の時差を考慮して、開始は午後2時30分から終了が午後7時と、いつもの年次会合に比べると大幅に時短の措置がとられていて、議場で配布してプレゼンする各国の提案や報告なども事前にオンラインでの共有がおこなわれて pc1

今年のCCSBTの大きな議題は、2021年から2023年までの3年間の総漁獲可能量とその国別配分を決める事。 その他にもたくさんの議題が提出されているので、4日間もしくは5日間の会議日程中には、メンバー国間での熱い議論が交わされることになる。 しっかりと各国の議論を見守りたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:33

2020年10月14日

みらい造船で発注工事の打合せ


南太平洋そして南インド洋でのマグロ漁から気仙沼に帰ってきた123勝栄丸は、今航海に予定するすべての作業を終えて乗組員の皆さんは休暇期間に入っています。 航海期間を延長してミナミマグロ漁に臨んでいただいた日本人船員そしてインドネシア船員のご尽力・ご協力に本当に感謝ですね 花丸

日本人船員の皆さんに会社の会議室に集まってもらって、今航海の締めくくりとなる精算金の支給もおこない、全員分の精算金などが入った箱を持つと、ずっしりと重量を感じるくらいの精算金。 乗組員の努力と苦労には十分ではないかもしれませんが、会社としての気持ちを受け取って頂けたと思います ドル袋

乗組員への精算金の支給も予定通り終わり、みらい造船への上架がすんでいる本船上に幹部船員が集まっての発注工事の現場確認をおこないました。 私も必ず立ち会って工事個所を確認します タイ

船頭さんや船長さんそしてチーム123号に新たに加わる機関長さんからもいろいろと工事オーダーがあって、ひとつひとつ確認しマーカーでチェックしながら、どのように工事していくのかその仕様を決めていく。 みらい造船の現場担当者からもいろいろとアイデアが出され、その場その場で決定していきます いかり

新船からまだ7年しか経過していない本船ですが、場所によっては経年劣化で腐食しているものなども出てきていて、船舶の維持管理にはすごくお金がかかるっていうのを改めて感じました。 それでも乗組員の皆さんの常日頃のメンテナンスのおかげで、最小限の発注工事になりそうでありがたいです 船

今回の打合せで確認した事項を、みらい造船側でリストアップして勝倉漁業に報告する流れ。 造船所に発注する工事以外にも、他の業者へ直接発注する工事もあるので、しばらくはそうした事に対応することになりそう。 幹部船員の皆さんにもご足労かける部分も出てくるかと思いますが宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:46

2020年10月13日

ゆう寿司バイパス店を貸切りで食事会


昨年の南インドからジャワ沖での操業、今年の南太平洋ミクロネシア水域でのマグロ漁、そして今季のミナミマグロ漁を終え、日本で3度の水揚げをおこなった今航海、123勝栄丸の皆さんご苦労様でした 花丸

清水港での水揚げから1昼夜をかけて気仙沼へと回航、漁艙内に残っている冷凍餌料や食料品などの冷蔵庫への陸揚げをおこなって、上架の準備として残油の抜き取り保管をしてもらってみらい造船へ 船

台風後の雨予報もあった中ではありますが、なんとか雨にもあたらずに上架完了で、今航海の作業がすべて終了すると同時に、次の航海に向けての船体や機器類の整備がはじまる今週となりました 親指

長期航海を指揮し、今航海もよい成績で終えることができた船頭さんにとっても、ホッとしたところかと思います。 帰港してすぐのタイミングではありましたが、入港祝いという事で、船頭さんご夫妻を招待しての食事会となりました。 普段お世話になっている取引先業者さん方も同席しての会合でした 食事

会場に選んだのはいつも美味しいお料理を提供してくれる「ゆう寿司バイパス店」さん。 コロナ対策への配慮なのでしょう、貸切りの対応をとって頂きましてありがとうございます。 いつもお世話様です 音符

気仙沼の旬の食材を使ったお料理の数々。 まずは生ビールで、そして日本酒好きの船頭さんにと、ゆう寿司さんが特別に準備しててくれた地酒などを酌み交わしながらの和やかなお食事会となって 食事

約2か月ほどの休暇期間中には、GoToキャンペーンを利用しての奥様との温泉旅やプロ野球観戦なども予定されているそうで、沖での仕事の疲れを癒してゆっくりとリフレッシュしてほしいなあと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:54