宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2013年02月26日

じっくりと新船見学


三保造船で建造し、先日竣工引き渡しとなった気仙沼の「第八十八福徳丸」398トン
最新鋭の遠洋まぐろ延縄漁船です 船

1週間前の新船披露・内覧会の時はゆっくりと落ち着いて見ることができなかったので、福徳漁業さんにお願いして今日改めて新船の内部をじっくりと見せていただきました m(__)m



船体の外回りや作業甲板からはじまって、マグロを急速凍結して保管する凍結室や魚艙、ブリッジや船頭室そして船員室や衛生区画、サロンや厨房などなど。

そして、船の心臓部の機関室。 主機関や発電機関、そして冷凍機。いろいろな配管やポンプ類、ゲージなどが計算された配置で規則正しく並んでいます camera

見るところがたくさんありすぎて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
船のいたる所にこだわりのアイデアがいっぱい。。。 ん~、なるほどねえ 親指


第八十八福徳丸さんでの新しい取組みの「海水スラリーアイス」 ちょうど海水スラリーアイスの製造テストをおこなっていたようで、業界注目の海水スラリーアイスを初めて見ることができて、ラッキーでした。 白いシャーベットのような。。。海水から造る氷なので、真水の氷よりも温度を下げることができるそうです キラキラ

3月4日に処女航海に出港予定の第八十八福徳丸さん。
今日見せて頂いたいろいろなアイデアを、いいとこ取りで、いま新潟造船で建造中の勝倉漁業の新造船にプラスしようかなってちょっと考えています face01
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:30

削除
じっくりと新船見学