宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年03月13日

まぐろ漁業のカイゼン検討会


昨年から気仙沼でおこなっている新たなプロジェクトの「まぐろ延縄漁業生産性向上カイゼン検討会」も今回が6回目の開催となって、一年間の事業を総括する年間活動報告会が行われました クラッカー

トヨタ自動車東日本の全面的なご協力を受けてのプロジェクトで、トヨタの「カイゼン」の手法を、まぐろ延縄漁業の作業現場や船の構造・設備などにも取り入れて、生産性を高めようとするもの 花丸

これまでの作業部会では、現場での作業ラインの流れや人員の配置、船内の時間割なのど確認とともに、乗組員やOBの方々からのヒアリングにて、さまざまな課題や困りごとなどをまとめてきました 船

まぐろ延縄漁で日々行われている投縄から揚縄までの作業や、超低温区画内でのまぐろの凍結作業など、カイゼンする課題はとても多いけれども、すべてを機械化していくのは難しいこと face06

それでも、省人省力化や乗組員の労力軽減、そして作業時間短縮や労働環境改善など、このカイゼン検討会を通じて、新しい考えで一歩づつでもまぐろ漁船を改革していけるように取組みたいと思います icon14

10年後のまぐろ漁業の将来像とはなにか。 気仙沼の関係者それぞれが想う理想像をまとめ一つの方向性として示す。 そこに向かってどのようなロードマップを描いていくのか。 これからみんなで何度も話し合い結論を出していくことになるだろうと思います。 これからもどうぞ宜しくお願いします 親指

昨年から始まった「まぐろ延縄漁業カイゼン検討会」。 2年目は目に見える成果を期待したいですね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:45

削除
まぐろ漁業のカイゼン検討会