宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年08月26日

「藁焼き鰹たたき明神丸」竹橋店へ


今週はビックサイトで開催された「第19回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」に参加のためもあって、週初めから東京に出張でした。 気仙沼とは違って東京はものすごく暑いですね 晴れ

シーフードショーの会期中、別な仕事が重なって、ブースの皆さんには申し訳ありませんでしたが会場を抜け出しての打合せ。 いま進めているプロジェクトのコンセプトをまとめる会議です タイ

午後の時間帯をびっちり使って、関係者が顔をそろえてひとつひとつ丁寧に協議していきます。 たくさんのアドバイスやご指摘を頂けて、お蔭さまで来週に向けての資料修正めどが立ちました。 気が付けばもう夕方遅い時間になっていて。 そうだいい機会だから明神丸さんの新しいお店に行こうとなって 船



「藁焼き鰹たたき明神丸」さんは、いつもお世話になっている高知県の明神水産グループで展開している、土佐のいごっそう、本物のカツオのたたきが食べれるお店なんです。 昨年は東京初出店し西新宿店がオープン、そして今年には東京2号店となる竹橋パレスサイドビル店がオープンとなって クラッカー

地下鉄東西線の竹橋駅に直結した地下飲食店街にあって、すごく開放感のある明るいお店でした。 もちろん目の前でカツオを焼き上げる豪快なパフォーマンスも健在。 やっぱ迫力あります。 メニューには明神丸の船頭さん3人のお顔、そしてページをめくると船の写真やかつおのうんちくなどが ブック

お店のスタッフがメニューを丁寧に説明してくれて、こういう気配りは素晴らしいと思いますね。 お客の気持ちをぐっとつかむ感じ。 まずは一押しのかつおのたたきをタレと塩の両方注文。 じゃこ天や四万十ののりの天ぷら、気仙沼のめかぶを使ったメニューもありました。 もちろん蒼天伝もね camera

ポン酢で食べるカツオのたたきはもちろんうまいけれど、塩たたきを柚子のしぼり汁につけて食べるたたき、これは最高ですね! 美味すぎて追加で注文したりして、高知の地酒ともよく合います。 突然おじゃましたので専務さんにはお会いできませんでしたが、これからも利用させて頂きたいと思います face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:38

削除
「藁焼き鰹たたき明神丸」竹橋店へ