宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年08月20日

第20回シーフードショーが今週開催に


気仙沼ではお盆を過ぎて朝晩は秋を感じるようになってきましたが、東京や西日本ではまだまだ残暑が厳しいとの報道で、出張に出かけるのがちょっと気が重い感じがしますが、今週は水産業界の最大のイベントが行われるので、私も上京しての対応の予定。 気合意を入れてがんばりたいと思います クラッカー

東京ビックサイトを会場に毎年この時期に開催される「ジャパンインターナショナルシーフードショー」も今回で第20回となりますね。 国内外から参加の多数の企業がブースを出展。 8月22日(水)から24日(金)までの3日間の開催では数万人の来場者をお迎えする、日本最大のシーフードショーです 花丸

私達の遠洋かつお・まぐろ漁業界でも毎年出展していて、日本かつお・まぐろ漁業協同組合ブースの企画運営を、かつお・まぐろ漁業をおこなっている経営者の組織である「かつお・まぐろ促進会」が担当。 この展示会のために、何度も会合を重ねてさまざまな準備をおこなってきました 船



私たちがおこなっている遠洋かつお・まぐろ漁業は、天然のマグロ類を漁獲して、鮮度抜群の状態を維持したまま急速凍結をおこない、冷凍製品として消費者にお届けするお仕事。 お刺身やお寿司など日本の和食文化を支えるとても重要な漁業なんです。 今年のブースの特徴としては 音符

3日間を通じて、遠洋かつお・まぐろ漁業で漁獲した製品群のお寿司やお刺身の試食をおこなって、冷凍マグロ類の美味しさを多くの来場者に再認識していただくことはもちろんですが、私たちの漁業における資源動向や資源管理の重要性、遠洋まぐろ漁業の様々な取り組みなどについてもご紹介する予定 タイ

そして、大西洋でのクロマグロ漁に乗船体験をおこなったサミットクラブの静氏のトークショー、三崎のまぐろ業者によるマグロコンシェルジュトーク、そして東京海洋大学の鈴木教授による冷凍マグロの氷水解凍の講義、そしてニッポンまぐろ漁業団によるミナミマグロの断面切りの試食など ハッピ

盛りだくさんの内容で、美味しいマグロを準備して、皆さんのご来場をお待ちしていますので、ぜひ日かつ漁協・促進会のブースに立ち寄って、楽しんでいって頂ければと思います。 ブースの運営にあたる漁業者の皆さん、そして日かつ職員の皆さん、それぞれの担当ごとに協力して3日間頑張っていきましょう face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:07

削除
第20回シーフードショーが今週開催に